Seasar2.5では、Seasar Specification Request(SSR)の提案にしたがって、 仕様を検討し、意見がまとまったら、実装ということを繰り返して開発していく予定です。 仕様の検討は、https://ml.seasar.org/mailman/listinfo/seasar-devで、 行われるので、誰でも自由に参加できます。

SSRの提案は、Seasar2のコミッタなら誰でも自由に行うことができます。 基本的に提案をした人が実装することになります。

仕様を検討しているときに、意見が割れる場合もあると思いますが、割れた場合には、プロジェクトリーダー(higa)が最終判断をすることとします。

基本的に、Seasar2単独でWebの開発ができるように、S2DaoとDBFluteの仕様をベースに「S2Persistence」を新設し、Teeda without JSFの仕様をベースにS2Presentationを新設します。

SSRは、SSR-xxxxの形式で採番され、パッケージごとに採番体系が分かれます。

org.seasar.frameworkSSR-0001からSSR-0999
org.seasar.extensionSSR-1001からSSR-1999
org.seasar.persistenceSSR-2001からSSR-2999
org.seasar.presentationSSR-3001からSSR-3999

SSRは、Seasar2のコミッタなら自由に提案することができますが、基本コンセプトは守る必要があります。これは、コンセプトがばらばらだと使うユーザが混乱すると予想されるためです。

基本コンセプト

  • 80:20の法則を守る
    • 20%の努力で80%の成果を得られるようにする。
    • フレームワークが、がんばり過ぎない。
    • レアなケースはフレームワークではなく、開発者のほうで実装してもらうようにする。
  • より単純に
    • 複数の仕様が出た場合は、より仕様・実装が単純なほうを選ぶ。

リリース

  • リリース条件
    • リリースには、ソース、ドキュメント、JavaDocが全て揃って始めてリリースできる

Frameowork SSR一覧

Extension SSR一覧

Persistence SSR一覧

Presentation SSR一覧


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-29 (火) 17:24:40 (4574d)