S2i18n

元文

Seasarは、V2からDIContainer with AOP(S2Container)になりました。トランザクションの自動制御、トランザクションと連動したコネクションプーリングをPOJO(普通の Javaのクラス)から簡単に利用できます。もう重厚なアプリケーションサーバは必要ありません。TomcatやJettyのようなServletコンテナ上でS2Containerをさくっと動かせばよいのです。S2のテーマは次の2つです。

トランザクション管理やコネクションプーリングといった機能は、これまで(ほとんどの場合)アプリケーションサーバ内でしか使えませんでした。そのため、テストをするのも一苦労でした。Inコンテナアプローチのテストも結構めんどくさいものです。S2では、トランザクション管理やコネクションプーリングといった機能を通常のコンポーネントとして提供します。アプリケーションサーバなしで利用できるのです。J2EEの複雑さを取り除き、おいしいところだけを利用できるようになってます。

英文

From version 2, Seasar became a DI Container with AOP ("S2Container"). Features such as transaction auto-management and transaction-related connection pooling can now be used by POJOs (Plain Old Java Objects). You don't need a heavy application server any more, just execute S2Container on a Servlet container such as Tomcat or Jetty. The two themes of S2 are:

Previously, features like transaction management or connection pooling could not be used without an application server. For this reason, it was hard to do testing with such an in-container approach. S2 provides transaction management and connection pooling as a plain component. You can use them without an application server. S2 was created to remove the complexity of J2EE, and to use only the best features of J2EE.

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-08-12 (金) 16:48:00