DeployToMaven2RepoRemote

注意

ここに記載されているSCPを利用したデプロイ方法は、3月10日(土) 24:30以前まで有効です。3月10日(土) 24:30以降は、WebDAVを利用するDeployToMaven2RepoRemoteWithWebDAVの手順でデプロイしてください。

概要

このページには、maven.seasar.orgのMaven2レポジトリへリリース物をデプロイする方法について記述します。 (主にS2Containerプロダクトについて記述しますが、他のプロダクトでも同じ手順でOKと思います。)

対象者: seasar.orgにアカウントを持っていて、公開鍵登録を済ましている開発者

その他のMaven情報については MavenInformation を参照してください。

準備

初回のみ行うこと

1度行えば良いモノ。

  • Maven2をインストールする。
  • seasar.orgへのアカウントを取得し、秘密鍵を持っていること。
    • 秘密鍵はOpenSSH形式である必要があります。普段puttyを使っている方はputtygen等で変換しておいてください。
  • seasar.orgへのSSHログイン権限を持っていること。
    • 持っていない場合は申請してください。
  • プロダクトのartifactId・groupIdを決める。
  • プロダクトでMaven2を利用するための申請を行うこと。
    • 承認されれば、deployしたいartifactが属するプロジェクトのgroupIdに対応するディレクトリが、プロジェクト配下のディレクトリへのシンボリックリンクとして用意されます。
    • シンボリックリンクが作られていない場合はoperation MLへお問い合わせ下さい。
  • ${user.home}に".ssh"ディレクトリが無い場合は作成しておく。

毎回必要なこと

デプロイ時に毎回行うモノ。

  • pom.xmlの"version"をこれからデプロイする番号へ変更しているか確認すること。
    • (パッケージングにantを使用している場合はbuild.xmlも)

プロジェクト設定(pom.xml)

# s2containerのpom.xmlを参考にしてください。

pom.xmlにSeasarプロジェクト用のデプロイ先リポジトリを記述します。このリポジトリ設定はurl含めて全プロジェクトで共通です。

# url を /home/groups/プロジェクト名/maven/maven2 or /home/groups/sandbox/プロジェクト名/maven/maven2 にしている場合、下記のように修正してください。

 <distributionManagement>
   <repository>
     <uniqueVersion>false</uniqueVersion>
     <id>maven.seasar.org</id>
     <name>The Seasar Foundation Maven2 Repository</name>
     <url>scp://maven.seasar.org/home/groups/maven/maven/maven2</url>
   </repository>
   <snapshotRepository>
     <uniqueVersion>true</uniqueVersion>
     <id>maven.seasar.org</id>
     <name>The Seasar Foundation Maven2 Snapshot Repository</name>
     <url>scp://maven.seasar.org/home/groups/maven/maven/maven2-snapshot</url>
   </snapshotRepository>
 </distributionManagement>

環境設定(settings.xml)

${user.home}/.m2/ に settings.xml というXMLファイルを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<settings>
  <servers>
    <server>
      <id>maven.seasar.org (pom.xmlに書かれているrepositoryのidと合わせる)</id>
      <username>(ユーザ名)</username>
      <privateKey>(秘密鍵への絶対パス)</privateKey>
      <passphrase>(秘密鍵のパスフレーズ)</passphrase>
      <filePermissions>664</filePermissions>
      <directoryPermissions>775</directoryPermissions>
    </server>
  </servers>
</settings>
  • 秘密鍵への絶対パスの記述例1
    <privateKey>'C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\SSH\seasar.ppk'</privateKey>
  • 秘密鍵への絶対パスの記述例2
    <privateKey>C:\Software\PuTTY\keys\seasar_id_rsa</privateKey>

※パスフレーズを記述するため、settings.xmlの取り扱いには気をつけてください。

デプロイ実行

pom.xmlが置かれているディレクトリで次のコマンドを実行してください。

mvn clean source:jar javadoc:jar deploy -DupdateReleaseInfo=true

※s2container, s2jsf, s2dao, teedaはpom.xmlで設定してありますので、↓のコマンドでOKです。

mvn clean deploy

成功すると、リモートレポジトリへデプロイされます。 (クリーンビルド → 単体テスト実行 → jarファイル作成 → Maven2リモートレポジトリへのデプロイ、が行われます。)

配布zipアーカイブの作成にはantを使用しているので、続けて

ant dist

してzipを作成してください。

※zip等の配布アーカイブを作成する場合は、Maven2リポジトリへデプロイしたjarを配布アーカイブに含めるように気をつけてください。(再度ビルドしないように)

エラー集

[WARNING] repository metadata for: 'snapshot groupId:artifactId:version' 
could not be retrieved from repository: maven.seasar.org due to an error: 
Authentication failed: Cannot connect. Reason: Auth fail
[INFO] Error deploying artifact: Authentication failed: Cannot connect. Reason: Auth fail
  • settings.xml ファイルがない、もしくは、ファイル名が誤っている
  • パスフレーズが間違っている
  • 鍵のパスが間違っている
  • 秘密鍵の形式がOpenSSH形式になっていない
    • 正しい鍵の例1
      -----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
      MIICWQIBAAKBgQCmwMkULkJJM/aVvUZhuV+AdLGinjHzaVQ1aXvqrtQxsAienex/
      b1RAbdCLhc0OCnFftGAcNbUP4418h7pcgCBGoj0uVlAlxQ8KT5qF2iXiQAS+5bmr
      ... 9行省略 ...
      NH9tCMIrvyFg/EcCQHz6MHK5RuI5yA+xbKt7c/m7H8OE4j+JYOHg2zocKECcq8V9
      NluYAUQIb/T2GFumUUeqi9gaNyaqbqmizNhgsiU=
      -----END RSA PRIVATE KEY-----
    • 正しい鍵の例2
      -----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
      Proc-Type: 4,ENCRYPTED
      DEK-Info: DES-EDE3-CBC,6ED082245EF38132
      
      MIICWQIBAAKBgQCmwMkULkJJM/aVvUZhuV+AdLGinjHzaVQ1aXvqrtQxsAienex/
      b1RAbdCLhc0OCnFftGAcNbUP4418h7pcgCBGoj0uVlAlxQ8KT5qF2iXiQAS+5bmr
      ... 9行省略 ...
      NH9tCMIrvyFg/EcCQHz6MHK5RuI5yA+xbKt7c/m7H8OE4j+JYOHg2zocKECcq8V9
      NluYAUQIb/T2GFumUUeqi9gaNyaqbqmizNhgsiU=
      -----END RSA PRIVATE KEY-----
    • 使用できない鍵の例
      PuTTY-User-Key-File-2: ssh-rsa
      Encryption: aes256-cbc
      Comment: user @ example.org
      Private-Lines: 8
      MIICWQIBAAKBgQCmwMkULkJJM/aVvUZhuV+AdLGinjHzaVQ1aXvqrtQxsAienex/
      b1RAbdCLhc0OCnFftGAcNbUP4418h7pcgCBGoj0uVlAlxQ8KT5qF2iXiQAS+5bmr
      ... 9行省略 ...
      NH9tCMIrvyFg/EcCQHz6MHK5RuI5yA+xbKt7c/m7H8OE4j+JYOHg2zocKECcq8V9
      NluYAUQIb/T2GFumUUeqi9gaNyaqbqmizNhgsiU=
      Private-MAC: 0ea6f0710af01cbf796afdab2043b20113419944

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-03 (土) 23:06:58 (4557d)