MavenInformation

概要

このページでは、プロジェクトサイトをWebDAV経由(HTTPS通信)による mvn site-deploy で管理する方法について記述します。 その他のMaven情報については MavenInformation を参照してください。

準備

初回のみ行うこと

1度行えば良いモノ。

プロジェクト設定 (pom.xml)

この設定は該当プロジェクトでどなたか一人が設定してコミットすれば、それ以降別のコミッタが設定する必要ありません

<build/>

SCP方式から移行する際にこのように変更する必要有り

WebDAV経由でデプロイするために必要なモジュール定義を追加します。

 <build>
     ... 省略 ...
   <extensions>
     <extension>
       <groupId>org.apache.maven.wagon</groupId>
       <artifactId>wagon-webdav</artifactId>
       <version>1.0-beta-2</version>
     </extension>
   </extensions>
 </build>

<distributionManagement/>

pom.xmlにSeasarプロジェクト用のデプロイ先リポジトリを記述します。

 <distributionManagement>
   <site>
     <id>maven.seasar.org</id>
     <url>dav:https://www.seasar.org/site/s2container</url>
   </site>
 </distributionManagement>
 <distributionManagement>
   <site>
     <id>maven.seasar.org</id>
     <url>dav:https://www.seasar.org/site/sandbox/uruma</url>
   </site>
 </distributionManagement>

環境設定(settings.xml)

この設定はコミッタごとに設定する必要があります

${user.home}/.m2/ に settings.xml というXMLファイルを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<settings>
  <servers>
   <server>
     <id>maven.seasar.org</id>
     <username>コミッタアカウントのユーザ名</username>
     <password>コミッタアカウントのパスワード</password>
   </server>
  </servers>
</settings>

※ パスワードを記述するため、settings.xmlの取り扱いには気をつけてください。

デプロイ実行

pom.xmlが置かれているディレクトリで次のコマンドを実行してください。

mvn site-deploy

成功すると、プロジェクトサイトへデプロイされます。

SVNによるコンテンツ管理方式へ移行する方法

エラー集

401 Unauthorized

[INFO] Error deploying artifact: Failed to transfer file: https://www.seasar.org/maven/maven2/org/seasar/... Return code is: 401 Unauthorized

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-08 (土) 10:29:30