SeasarWhatsNew

Seasar 2.4.30

2.4.29 からの変更点は次のとおりです.

  • Bug
    • [CONTAINER-244] - XlsReader で 65535 行まである Excel ファイルを読み込むと IndexOutOfBoundsException が発生する問題を修正しました.
    • [CONTAINER-246] - S2Dxo がスレッドセーフになっていない問題を修正しました.[Seasar-user:15750]
    • [CONTAINER-261] - S2JDBC で,@Id のないエンティティを対象に AutoSelect#iterate() を使用すると NullPointerException が発生する問題を修正しました.[Seasar-user:15886]
    • [CONTAINER-266] - S2JDBC で,JVM の実装によっては引数に渡したクラスのフィールドの順番が定義順に取得できないためにストアドの呼び出しがエラーになる問題を修正しました.
    • [CONTAINER-267] - S2DBCP と PostgreSQL の組み合わせで,setAutoCommit(true) したまま close() すると,次の getConnection() で例外が発生する問題を修正しました.[Seasar-user:15907]
  • Improvement
    • [CONTAINER-229] - S2JUnit4で外部コンテキストに登録されるコンポーネントのモックをフィールドバインディング可能にする。
    • [CONTAINER-241] - S2JDBC の SQL 自動生成問い合わせ (AutoSelect) で,OrderBy 句を一つの文字列ではなく,プロパティ名と昇順・降順を個別に設定できるようにしました.
    • [CONTAINER-242] - S2JDBC の SQL 自動生成問い合わせ (AutoSelect) で,where() メソッドで複数の Where オブジェクトを指定できるようにしました.
    • [CONTAINER-245] - S2JDBC-Gen で生成するサービスクラスが join(), where(), orderBy() をタイプセーフに扱えるようにしました.
    • [CONTAINER-255] - env.txt を Jar ファイルの中から読み込めるようにしました.[Seasar-user:15840]
    • [CONTAINER-259] - S2AbstractServiceでクエリオブジェクトを返すメソッドをprotectedにしました
    • [CONTAINER-260] - S2AbstractServiceで使うSQLファイルをMETA-INFの下におくようにしました
    • [CONTAINER-268] - クラスパスに EJB3 の Jar がなくても @Resource アノテーションを使えるようにしました.

移行の注意点はこちら.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

S2JDBC-Gen 0.9.2

0.9.1 からの変更点は次のとおりです.

  • Bug
    • [CONTAINER-231] - エンティティの識別子プロパティに@Column(unique=true)があると、gen-ddlを実行した場合に主キー定義と一意キー定義の両方が生成されてしまう問題に対処しました。
    • [CONTAINER-232] - gen-entityで数値型以外のプロパティに@GeneratedValueが付与される問題に対処しました。
    • [CONTAINER-233] - migrateでアンダースコアを名前にもつテーブルのCSVファイルがロードされない問題に対処しました。
    • [CONTAINER-249] - gen-ddlで@TableGeneratorに対応するID生成用テーブルのDDLが正しく出力されない問題に対処しました。
    • [CONTAINER-253] - gen-ddlで@SequenceGeneratorに対応するシーケンスのDDLが正しく出力されない問題に対処しました。
    • [CONTAINER-262] - gen-entityで、桁数によってはOralceのNUMBER型カラムがカラムに対応するJavaクラスに納まらないことがある問題に対処しました。
    • [CONTAINER-263] - migrateの度にスキーマ情報テーブルをdrop/createすると、migrateに失敗した際に移行前のバージョン番号が失われリカバリしづらい問題に対処しました。
  • Improvement
    • [CONTAINER-227] - dump-dataでデフォルトのダンプ先をバージョン管理されたディレクトリとしました。
    • [CONTAINER-228] - gen-ddlで生成するDDLファイルをテーブルごとに別ファイルにしました。
    • [CONTAINER-230] - gen-ddlでバージョン1のcreate/dropのDDLファイルを生成する際、バージョン0のdropのDDLファイルも生成するようにしました。
    • [CONTAINER-243] - gen-ddlなどでエンティティクラスを指定する場合にエンティティ名ではなくエンティティクラス名を使用するようにしました。
    • [CONTAINER-250] - gen-ddlが生成するDDLで主キーのカラムを必ず先頭にもってくるようにしました。
    • [CONTAINER-251] - gen-ddlやdump-dataでダンプデータを主キーの昇順で出力するようにしました。
    • [CONTAINER-256] - gen-serviceで、抽象サービスクラスとサービスクラスに対し個別に上書き指定可能としました。
  • New Feature
    • [CONTAINER-216] - gen-entityでエンティティクラスに共通のスーパークラスを指定できるようにしました。
    • [CONTAINER-220] - gen-testで結合を利用したテストケースを生成するようにしました。
    • [CONTAINER-235] - gen-entityで@GeneratedValueのstrategyを選択できるようにしました。
    • [CONTAINER-236] - gen-entityで@TableGeneratorや@SequenceGeneratorのinitialValueやallocationSizeを指定できるようにしました。
    • [CONTAINER-237] - gen-ddlでdropする前のシーケンスの値をcreate sequenceの定義に反映させるようにしました。
    • [CONTAINER-238] - DDLやCSVの入出力でファイルに環境名を適用するかどうかを選択できるようにしました。
    • [CONTAINER-247] - gen-namesで、join()、where()、orderby()をタイプセーフで扱うことを可能にするクラスを生成するようにしました。
    • [CONTAINER-248] - gen-entityでエンティティクラスにアクセサを持たせられるオプションをつけました。
    • [CONTAINER-254] - 「jdbcManager」以外の名前のJdbcManagerを使用する場合、gen-serviceでそのJdbcManger用のsetterメソッドを持つサービスクラスを作成するようにしました。
    • [CONTAINER-258] - すべてのタスクでCommand呼び出し前後に任意の処理を実行できるようにしました。

ダウンロードはこちらからどうぞ.

移行の注意点はこちら.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-08 (水) 21:04:30 (3332d)