SeasarWhatsNew

Seasar 2.4.18-rc2 リリース

移行の注意点

  • S2Dxo において,従来は変換元と変換先が同じクラスの場合は,変換元のインスタンスをそのまま変換先として使用していましたが,新しいインスタンスを作成するようになりました.従来と同様の振る舞いが必要な場合は,dxo-builtin-converters.dicon を dxo-builtin-converters-shallow.dicon に差し替えて使用してください.(差し替えの方法).

2.4.18-rc1 からの変更点は次のとおりです.

  • Bug
    • [CONTAINER-101] - S2JDBC で,AutoSelect の where に new SimpleWhere().eq("employeeName", null) のような無効な条件しかない場合に不正な SELECT 文が生成される問題を修正しました.
    • [CONTAINER-104] - S2JDBC で,1対多の関連をフェッチする問い合わせで getSingleResult() を呼び出した場合に,関連先のエンティティが複数あると NonUniqueResultException が発生する問題を修正しました.
    • [CONTAINER-113] - ログ出力用SQLの組み立て時、バインド変数に対応する引数が足りない場合はIllegalBindArgSizeRuntimeExceptionをスローするようにしました。
    • [CONTAINER-114] - S2JTA で,RestrictedTransactionImpl が WAS6 正しく動作しない問題を修正しました.[Seasar-user:11520]
  • Improvement
    • [CONTAINER-103] - S2JDBC で,SimpleWhere に渡された String 型のパラメータが空文字列または空白のみの文字列の場合は条件に追加しないようにしました.
    • [CONTAINER-106] - S2Dxo で,変換元と変換先の型が同じ場合,変換元のオブジェクトをそのまま変換先オブジェクトとしていたが,String や Number 等の不変なオブジェクトを除いて,同値な別オブジェクトを変換先オブジェクトとするようにしました.
    • [CONTAINER-107] - S2JDBC で,SQL ファイルを指定するパスを,ピリオド区切りからスラッシュ区切りに変更しました.
    • [CONTAINER-108] - S2JDBC の更新系で,更新行数が 0 でも例外をスローしないことを指定できるようにしました.
    • [CONTAINER-109] - S2JDBC の検索で getSingleResult() が呼ばれた場合に,取得行数が 0 なら例外をスローすることを指定できるようにしました.
    • [CONTAINER-111] - S2JDBC で,バッチ更新時のバッチサイズを指定できるようにしました.
  • New Feature
    • [CONTAINER-102] - S2JDBC で,AutoSelect の where() で OR を使うための ComplexWhere クラスを追加しました.
    • [CONTAINER-105] - SqlSelectとSqlFileSelectでMapをあつかえるようにしました.
    • [CONTAINER-110] - S2JDBC で,ストアド呼び出しの SQL 自動生成に対応しました.

移行の注意点はこちら.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-08 (木) 22:21:28 (3665d)