[[S2Dao-CodeGen]]

''このページは古いバージョンについて記述しています。現行バージョンについてはhttp://s2dao-codegen.sandbox.seasar.orgを参照してください。''

*使用方法 [#pa1ded15]
**Excelでテーブル定義を記述する [#if187297]
テーブル定義の記述には、以下の二通りが使えます。
-Excelのシートの形式 
-[[ERwin:http://www.jsys-products.com/product/al_erwin/]]の出力するCSV形式

**diconファイルを設定する [#i24cd379]
dicon/org/seasar/codegen/impl/LoadFile.diconを、入力ファイルの形式およびRDBにあわせて修正します。
***入力ファイルの形式 [#n67dba50]
-ERwinの出力するCSVファイルを使う場合
 <component class="org.seasar.codegen.impl.ERWinCSVImportCodeData" >
 </component>
-1シート1テーブル形式のExcelシートを使う場合
 <component class="org.seasar.codegen.impl.ExcelImportCodeDataImpl">
 </component>
-1シート複数テーブル形式のExcelシートを使う場合
 <component class="org.seasar.codegen.impl.ExcelImportCodeDataImpl2">
 </component>
***RDBの形式 [#h8ea5eb1]
-DB2の場合
 <component class="org.seasar.codegen.element.util.DB2DataTypeSelectUtil" >
 </component>
-MaxDBの場合
 <component class="org.seasar.codegen.element.util.MaxDBDataTypeSelectUtilImpl">
 </component>
-Oracleの場合
 <component class="org.seasar.codegen.element.util.OracleDataTypeSelectUtil">
 </component>
-HSQLDBの場合
 <component class="org.seasar.codegen.element.util.HSQLDBDataTypeSelectUtilImpl">
 </component>
-PostgreSQLの場合
 <component class="org.seasar.codegen.element.util.PostgreSQLDataTypeSelectUtil">
 </component>
-Derbyの場合
 <component class="org.seasar.codegen.element.util.DerbyDataTypeSelectUtil">
 </component>
***テーブル名・カラム名とクラス名・プロパティ名の変換の設定(0.1.0 beta-2からの機能です。) [#j3740809]
-変換を行わない場合
 <component class="org.seasar.codegen.convert.impl.NullConverterImpl">
 </component>

-大文字→小文字の変換および「_」の削除を行う場合
 <component class="org.seasar.codegen.convert.impl.CamelConverterImpl">
 </component>

|種別|変換前|変換後(NullConverterImpl)|変換後(CamelConverterImpl)|
|Dao|EMPLOYEE_TABLE|EMPLOYEE_TABLEDao|EmployeeTableDao|
|Dto|EMPLOYEE_TABLE|EMPLOYEE_TABLEDto|EmployeeTableDto|
|getter|EMPLOYEE_ID|getEMPLOYEE_ID|getEmployeeId|
|setter|EMPLOYEE_ID|setEMPLOYEE_ID|setEmployeeId|

**antのビルドファイルを設定する [#m718aebc]
注意:build.xmlは、配布パッケージ作成のためのファイルです。コード生成のためのファイルの雛形はbuild_sample***.xmlです。

build_sample.xmlを参考にビルドファイルを記述します。
通常は、build_sample.xml内の2つのプロパティを修正すればすむはずです。
 <!-- テープル定義ファイルのパス -->
 <property name="codegen.table" value="test/codegen.csv"/>
 <!-- 出力ファイルのパッケージ名 -->
 <property name="codegen.package" value="org.seasar.codegen.sample"/>

**antタスクを実行する。 [#mfae0799]
ファイル名がbuild_sample.xmlの場合、
 ant -f build_sample.xml
でソースが生成されます。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS