Teeda/dev

デバッグTIPS

コンポーネントツリーを見る

DumpComponentTreeInterceptorを、RenderResponsePhaseへ仕掛ける。(このフェーズでコンポーネントツリーが作成されるため)

<component name="dumpComponentTreeInterceptor" class="org.seasar.teeda.core.interceptor.DumpComponentTreeInterceptor"/>
<component name="renderResponsePhase" class="org.seasar.teeda.core.lifecycle.impl.RenderResponsePhase">
    <aspect>dumpComponentTreeInterceptor</aspect>
</component>

Request情報などを見る

org.seasar.teeda.core.filter.RequestDumpFilter を有効にする。これはサーブレットフィルタなので、web.xmlへ指定する。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-18 (月) 15:51:39 (4627d)