SeasarWhatsNew

Dolteng 0.37.0 リリース

0.36.0 からの変更点は次のとおりです.

  • Bug
    • [DOLTENG-65] - SAStruts + MaayaのプロジェクトにてGenerate Scafford Applicationを実行すると、HTMLがWEB-INF/view以下に出力されない問題を修正しました.
    • [DOLTENG-69] - JDK 1.4のTeeda + S2DaoプロジェクトでGenerate Scafford Applicationを実行するとTigerアノテーションを使ったソースが生成される
    • [DOLTENG-72] - BIGINT型のカラムを検索条件に含めGenerate Scafford Applicationを実行すると不正なSQLが生成される
    • [DOLTENG-74] - SAStrutsのweb.xmlに<dispatcher>ERROR</dispatcher>を追加しました
    • [DOLTENG-75] - Generate Master Detail ApplicationのダイアログでDetailテーブルを選択しない状態でOKを押すとNullPointerExceptionが発生する
    • [DOLTENG-76] - Sysdeo Tomcat プラグインを使っていてコンテキストルートを変更している場合,Eclipse を起動するたびに View on Server のコンテキストルートがプロジェクト名になってしまう問題を修正しました.[Seasar-user:17069]
    • [DOLTENG-78] - SAStruts と S2Dao または Kuina-Dao の組み合わせで,customizer.dicon の serviceCustomizer に traceInterceptor が二重に設定される問題を修正しました.
  • Improvement
    • [DOLTENG-30] - 新規プロジェクト作成ウィザードで作成した pom.xml の Servlet/JSP 等の依存ライブラリに <scope>provided</scope> が付くようにしました
    • [DOLTENG-67] - SaStruts + S2JDBC の Scaffold で、検索条件とページ移動が追加されたコードを生成できるようにしました。
    • [DOLTENG-68] - SaStruts + Mayaa + S2JDBC の Scaffold で、検索条件とページ移動が追加されたコードを生成できるようにしました。
    • [DOLTENG-73] - Teeda + S2Dao の Scaffold における SQL 文の改善
    • [DOLTENG-77] - マスタ-ディテール Scaffold に Teeda + S2Dao を追加しました。
    • [DOLTENG-79] - マスタ-ディテールScaffoldで、テキストボックスのsizeとmaxlengthが設定されるようにする
  • New Feature
    • [DOLTENG-70] - S2Flex2+S2JDBCでScafford アプリケーションを生成できるようにしました.
    • [DOLTENG-71] - S2BlazeDSのプロジェクトでScaffordアプリケーションを生成できるようにしました.
    • [DOLTENG-80] - SAStruts の Scaffold で、マスタ・ディテール形式のアプリケーションを生成できるようにしました。
  • Task
    • [DOLTENG-66] - BlazeDSのバージョンを3.0から3.2に更新しました.
    • [DOLTENG-81] - Seasar2 のバージョンを 2.4.38 に更新しました.
    • [DOLTENG-82] - Teeda のバージョンを 1.0.13-sp7 に更新しました.
    • [DOLTENG-83] - SAStruts のバージョンを 1.0.4-sp5 に更新しました.
    • [DOLTENG-84] - Kuina-Dao のバージョンを 1.0.3 に更新しました.

セットアップはこちら.

DBFlute-0.9.5

{NEW}

  • (DBFLUTE-485){Java}: Pagingの局所的なパフォーマンス向上
  • (DBFLUTE-483){Java}: OracleのFullTextSearchを支援するメソッドをConditionBeanに
  • (DBFLUTE-482){Java}: PostgreSQLのFullTextSearchを支援するメソッドをConditionBeanに
  • (DBFLUTE-481){Java}: PostgreSQLの独自の曖昧検索をLikeSearchOptionに
  • (DBFLUTE-480){Java}: MySQLのFullTextSearchを支援するメソッドをConditionBeanに
  • (DBFLUTE-478){Java}: Spring+DBCP+DBFluteでDataSourceUtils処理を自動化
  • (DBFLUTE-477){Java}: allClassCopyrightの挿入で環境依存の改行コードが使われてしまう
  • (DBFLUTE-476){Java}: 外だしSQLのカーソル検索でValueTypeを利用
  • (DBFLUTE-475){Java}: 独自のValueTypeの指定
  • (DBFLUTE-464){Java/C#}: CustomizeEntityとParameterBeanの名前を自動解決

{BUG}

  • (DBFLUTE-487){Java}: Sql2Entityで不要なParameterBeanとCursorが削除されない
  • (DBFLUTE-486){Java}: OutsideSqlでCustomizeEntityを継承した独自Entityを指定すると例外
  • (DBFLUTE-479){Java/C#}: AdditionalForeignKeyでFixedConditionがある関連でもExistsが作られてしまう

DBFlute.NET-0.8.9

{NEW}

  • (DBFLUTE-488){C#}: DBFluteConfigでDbParameterParserを指定できるように
  • (DBFLUTE-464){Java/C#}: CustomizeEntityとParameterBeanの名前を自動解決

{BUG}

  • (DBFLUTE-479){Java/C#}: AdditionalForeignKeyでFixedConditionがある関連でもExistsが作られてしまう

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-01 (月) 19:35:50 (3116d)