SeasarWhatsNew

S2JCA? 1.0.0 リリース

1.0.0-RC1 からの変更内容は以下の通りです.

  • Bug
    • [JCA-7] - プールされているコネクションにエラーが発生した場合に NullPointerException が発生する問題を修正しました.
  • Improvement
    • [JCA-6] - WmqResourceAdapterDeployer で,Generic Resource Adapter for JMS の RMPolicy プロパティに OnePerPhysicalConnection を設定するようにしました.
    • [JCA-8] - JMS 用のクラスを S2JMS に移動しました.
    • [JCA-9] - MessageEndpointDeployer のクラス名を ActivationSpecDeployer に変更しました.
    • [JCA-10] - ManagedConnectionFactoryDeployer で,リソースローカルなトランザクションを許可する alloLoaclTx プロパティを追加しました.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

移行の注意はこちらを参照してください.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

S2JMS? 1.0.0 リリース

1.0.0-RC1 からの変更内容は以下の通りです.

  • Bug
    • [JMS-15] - ListenerCreator のカスタマイザ用プロパティが actionCustomizer になっていたのを listenerCustomizer に修正しました.
  • Improvement
    • [JMS-9] - S2JMS-Containerで,リスナ・コンポーネントがスローした例外をコンテナで飲み込んで JMS プロバイダに通知しないようにしていたのを廃止しました.
    • [JMS-10] - MessageSenderImpl の replyTo プロパティに何もDIされない場合に警告が出ないようにしました.
    • [JMS-11] - JMSコネクション用に,ConnectionFactory を実装した JMSManagedConnectionFactoryDeployer を追加しました.
    • [JMS-12] - JMS 用のクラスを S2JCA から移動しました.
    • [JMS-13] - @JMSPayload アノテーションに加えて @JMSBody アノテーションをサポートしました.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

移行の注意はこちらを参照してください.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

S2JMS のサンプルも用意したのでご利用ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-10 (水) 18:56:35 (3694d)