SeasarWhatsNew

DBFlute-0.5.5

{New}

  • [DBFLUTE-140] {Java}: BehaviorにてIdentityとSequenceを利用側から区別無いようにするモードを設ける。
  • [DBFLUTE-139] {Java}: ConditionBeanにおいて、設定次第でBind変数をリテラルに変更できるようにする。
  • [DBFLUTE-138] {Java}: Sql2Entityにおいてsrc/main/java以下だけでなくsrc/main/resources以下も処理対象とする。
  • [DBFLUTE-137] {Java}: S2Daoの拡張部分でAnnotationReaderFactoryImplを利用する。
  • [DBFLUTE-136] {Java}: S2DaoのSqlFileEncoding(外だしSQLのEncoding指定)を指定可能にする。
  • [DBFLUTE-135] {Java}: EntityのModifiedPropertiesの登録を「同じ値のときはしない動き(null以外)」をOptionで実現する。
  • [DBFLUTE-133] {Java}: 1件を期待する検索の場合の1件CheckをResultSet時点で行う。
  • [DBFLUTE-132] {Java}: アプリケーション独自のDaoMetaDataFactoryを利用可能にする。
  • [DBFLUTE-130] {Java}: FLATなデータを階層構造に展開するModuleを作成する。{枝分かれ展開可能}

{Bug}

  • [DBFLUTE-144] {Java}: CommonColumnのInterceptingをBehaviorのdelegateのFilterで行いdelegateはprotectedにする。
  • [DBFLUTE-143] {Java}: VersionNoの指定においてDBのColumn名とJava上のProperty名が同じ場合に限りうまく動作しない。
  • [DBFLUTE-142] {Java}: JDK-1.4において、CompileErrorが発生してしまっている。
  • [DBFLUTE-134] {Java}: S2Dao-1.0.39以前にてコンパイルエラーが発生してしまう。
  • [DBFLUTE-131] {Java}: ConditionQueryにてPrimaryKeyが無くてForeignKeyのあるTableの場合にImport文が足りない。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-26 (日) 19:49:54 (3737d)