Teeda 1.0.7 リリース

Teeda 1.0.7をリリースします。

http://teeda.seasar.org/ja/

Teeda 1.0.6からの変更点は以下のとおりです。

  • Bug
    • [TEEDA-277] - Gridの幅を調整するするスクリプトが出力されない
    • [TEEDA-279] - UIComponentBaseのprocessRestoreStateでisTransientをチェックしていない
    • [TEEDA-280] - ポートレット環境において、prerenderの戻り値でページが変わらない
    • [TEEDA-281] - ポートレット環境でfacesContextがDIされない
    • [TEEDA-283] - ポートレット環境でリダイレクト時にSubApplicationScope内の値が渡されない
    • [TEEDA-289] - ポートレット環境でリンクのパラメータから取得する値がエンコードされたままである
    • [Seasar-user:6641] [teeda-ajax]ServletException生成時のパラメータについて
    • [Seasar-user:6744] [Teeda]ErrorPageManager使用時のRender処理について
    • [Seasar-user:6820] [Teeda]Gridの幅調整スクリプトが出力されない
    • [Seasar-user:6610] [Teeda] 可変ラジオボタンの件と、Validationエラー時のスタイルの件について
    • [Seasar-user:6625] [Teeda] レイアウト機能の下でのタイトル動的変更について
    • [Seasar-user:7073] [Teeda]ラジオボタン未選択時のValidatorについて
    • [teeda-dev:3463] htmlへ書いたradioをそのまま使いたい
    • [Seasar-user:7512] [Teeda] ForEach使用時のValidationメッセージについて
    • [Seasar-user:7554] [Teeda] Ajaxで連動させる2つのプルダウンリスト
      (Itemsが空でもSelectのコンポーネントは出すように修正。)
    • [Seasar-user:7503] [Teeda] メッセージ出力時のdivによる表示・非表示処理について
    • [Seasar-user:7591] [Teeda]非同期Gridでの不具合
    • [Seasar-user:7725] [Teeda Ajax] Safariでの動作
  • Improvement
    • [TEEDA-213] - SelectOneMenuでのエラー時CSS出力
    • [TEEDA-271] - AbstractRendererでgetAllAttributesAndProperties()のパフォーマンスチューニング
    • [Seasar-user:7677] [Teeda] Validatorでチェックする桁数を可変にしたい
    • TeedaExtensionのErrorPageManagerでexceptionを渡せるようにした。
  • New Feature
    • [TEEDA-274] - GET時のHtmlSuffix対応
    • [TEEDA-290] - htmlテンプレートへ書いたradioをそのまま出力できるようにする
    • [TEEDA-292] - ConverterにもValitatorのようなtarget指定機能を追加する
    • [TEEDA-294] - publicなフィールドをプロパティとして認識できるようにする

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

Kuina-Dao? 1.0.0 リリース

Kuina-Dao 1.0.0 は Seasar2.4.13 および,S2Hibernate 1.0.0 または S2Toplink-JPA 1.0.0-rc3 との組み合わせで動作します. これ以前のバージョンでは動作しないのでご注意ください.

1.0.0-rc2 からの変更点は次の通りです.

  • Improvement
    • [KUINA-10] - Criteria APIを見直しました.
    • [KUINA-12] - 検索系メソッド名のパターンを (find|get).+ から (find|get).* に変更しました.
  • New Feature
    • [KUINA-9] - バージョンを指定できるfind()メソッドをサポートしました.
    • [KUINA-11] - generics を使った GenericDao をサポートしました.
    • [KUINA-13] - SQLによる問い合わせで結果をMapまたはMapのListで取得できるようにしました.
  • Task
    • [KUINA-8] - 特別な意味を持つパラメータ名(firstResult・maxResults・orderbyや$)をドキュメントに記述しました.

移行の注意点はこちら.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

S2TopLink-JPA? 1.0.0-rc3 リリース

rc-2からの主な変更点は次の通りです。

  • 依存する TopLink Essentials のバージョンを 2.0-47 に更新しました。
  • Seasar2.4.13に対応しました。
  • S2Tiger 2.4.13の、コンテナ管理EntityManagerFactoryサポート機能に対応しました。
  • コンテナ管理EntityManagerFactory利用時に、依存関係を持つEntityのエンハンスに失敗する問題に対応しました(S2Tigerのコンテナ管理EntityManagerFactoryサポート機能を利用)。

ダウンロードはこちらから.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

S2Hibernate-JPA? 1.0.0 リリース

rc-2からの変更点は次の通りです。

  • 依存する Hibernate のバージョンを 3.2.3.GA に更新しました。
  • Seasar 2.4.13 に対応しました。(2.4.12以前では動作しません)
  • S2Tiger 2.4.13の、コンテナ管理EntityManagerFactoryサポート機能に対応しました。

ダウンロードはこちらから.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-24 (木) 18:41:22 (4385d)