SeasarWhatsNew

S2RMI? 1.1.0

1.0.2 からの変更点は次の通りです.

  • Seasar2.4 の SMART deploy に対応しました.
  • Seasar2.4 の規約にあわせてパッケージ構成を変更しました.
  • RMI サーバをプロセスとして起動するために実行可能 Jar,S2RMI-Server を追加しました.
  • サイトをリニューアルしました.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

S2Remoting? 1.1.0

1.0.2 からの変更点は次の通りです.

  • Seasar2.4 の SMART deploy に対応しました.
  • Seasar2.4 の規約にあわせてパッケージ構成を変更しました.
  • サイトをリニューアルしました.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

Seasar 2.4.6

2.4.5 からの変更点は次の通りです.

  • customizer.dicon が煩雑なので,デフォルトの Customizer を定義した default-customizer.dicon と std-customizer.dicon を追加し,customizer.dicon は標準と異なる設定のみ記述すればいいようにしました.
  • NamingConventionImpl#fromPathToComponentName()において,作成されるコンポーネント名を capitalize するように修正しました.
  • XmlS2ContainerBuilder に DTD のパブリック ID およびシステム ID を登録できるようにしました.
  • ComponentInvoker で HOT deploy が適用されている場合の判定をするための ondemand プロパティを廃止して HotdeployUtil を使うように修正しました.
  • S2Dxo で String から Number に型変換する際に,変換元が空文字列だと NullPointerException になっていた問題を修正しました.[Seasar-user:5361]
  • メソッドが呼ばれる度に SingletonS2ContainerFactory から取得した DataSource/TransactionManager に委譲する Proxy を追加しました.
  • JPA の TemporalType と JDBC の SQL 型を相互変換するユーティリティクラスを追加しました.
  • 同梱する JUnit4 のバージョンを 4.0 から 4.1 へ更新しました.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-05 (火) 03:57:02 (4001d)