SeasarWhatsNew

Tuigwaa 0.9.1 リリース

主な機能追加点は以下の通りです。

  • ページに別名指定でのアクセス
  • カスタムフォームの編集
  • ページごとのスキン指定
  • URL指定からのサイトテンプレート取得

本リリースでの修正点は以下の通りです。

  • [TUIGWAA-41] - テーブル名を指定せずに作成ボタンを押すと、アプリケーションエラーとなる
  • [TUIGWAA-43] - formテンプレート作成機能で作成される、デフォルトのテンプレートに間違いがある模様
  • [TUIGWAA-50] - ドキュメントに誤り。java.util.Integerクラスは存在しない。
  • [TUIGWAA-51] - ログインリンクからの認証時に、認証成功後にエラーが発生することがある
  • [TUIGWAA-52] - カスタムフォーム、更新ルールで日付型に値をセットしても、「年」しか記録されない
  • [TUIGWAA-53] - 通常のテキスト検索が利用できない
  • [TUIGWAA-54] - 名前無しのテンプレートが作成出来る、その後テンプレート作成が出来なくなる
  • [TUIGWAA-56] - スキンファイルをダウンロードした際、ファイル名と同じ名前のフォルダが圧縮されている。
  • [TUIGWAA-57] - 外部テーブルに対するBasicDatabaseServiceの削除や、挿入処理が正常に機能しない
  • [TUIGWAA-59] - フィルタを作成するフォームで、基本条件のカラム名を指定するselectボックスに、主キーの表示名が表示されない
  • [TUIGWAA-60] - Excel編集で、編集したデータが保存されない
  • [TUIGWAA-61] - データ保存後のロジックで正しくエンティティのIDをできない
  • [TUIGWAA-62] - 検索フォームで、検索結果表示ページのパスが日本語を含んでいる場合、正しく遷移しない
  • [TUIGWAA-63] - Tuigwaa Manager の認証処理後に転送される URL から tgw-manager モジュール名が失われる
  • [TUIGWAA-65] - テーブルの編集でカラムをいったん関連データ型に設定した後、他のデータ型に変更するとエラーが発生する
  • [TUIGWAA-69] - カスタムフォーム、検索フォーム、フィルター等で、名前を空で登録できてしまう。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-01 (金) 17:14:18 (4099d)