SeasarWhatsNew

S2Hibernate-JPA? 1.0.0-beta-1 リリース

  • S2-Tiger-2.4.0-beta-3 に対応しました.
  • 同梱する Hibernate のバージョンを以下に更新しました.
    • Hibernate 3.2.0 cr2
    • Hibernate Annotations 3.2.0 cr1
    • HIbernate EntityManager 3.2.0 cr1

ダウンロードはこちらから.
http://s2hibernate.seasar.org/ja/

Seasar 2.4.0-beta-3 リリース

重要 dicon ファイルについて

このリリースから,j2ee.dicon など S2 が提供する dicon ファイルの多くは S2 の Jar ファイルの中に含めるようにしました.

  • s2-extension-2.4.0-beta-3.jar
    • j2ee.dicon (J2EE 1.4 機能を使うための dicon)
    • jta.dicon (トランザクションマネージャの定義)
    • ejbtx.dicon (EJB2.x トランザクション機能の定義)
  • s2-tiger-2.4.0-beta-3.jar
    • javaee5.dicon (JavaEE 5 機能を使うための dicon)
    • ejb3tx.dicon (EJB3 トランザクション機能の定義)
    • jpa.dicon (JPA エンティティマネージャのための定義)

これらのファイルが Jar よりも優先されるクラスパス上にあると,Jar の中の dicon が使われなくなるのでご注意ください.
WEB アプリの場合,WEB-INF/classes は WEB-INF/lib 以下のJar ファイルよりも優先します.

なお,JDBC DataSource の定義は j2ee.dicon から切り出してjdbc.dicon に記述することになりました.

jdbc.dicon および aop.dicon は S2 の Jar の中に含まれていないので,それぞれの環境に合わせて記述したものをクラスパスの通ったディレクトリに配置してください.

2.4.0-beta-2からの変更点は次の通りです。

  • SelectableDataSourceProxy を追加しました。[Seasar-user:3660]
  • nullのインジェクションでエラーにならないようにしました。[http://d.hatena.ne.jp/tanigon/20060523#p1]
  • 名前によるAutoBindingで、パッケージ名つきのコンポーネント名の場合(ex:aaa_hoge)、パッケージ名を抜いた部分(hoge)が、プロパティ名と一致する場合に自動でバインディングするようにしました。
  • セッターインジェクションとフィールドインジェクションを明示的に指定できるようにしました.
  • @PersistenceContext・@PersistenceUnit・@Resource アノテーションをサポートしました.
  • EJB3,JPA サポートのための javaee5.dicon を追加しました.
  • @BInding アノテーションをフィールドに指定できるようにしました.
  • j2ee.dicon,jta.dicon,ejbtx.dicon をs2-extension-x.y.z.jar に含めるようにしました.
  • javaee5.dicon,ejb3tx.dicon,jpa.dicon をs2-tiger-x.y.z.jar に含めるようにしました.
  • SSQLException#getMessageに原因となったSQL文を含めるようにしました。
  • SSQLException#getSqlで原因となったSQL文を取得できるようにしました。
  • ComponentAutoRegister を WebLogic 固有の zip URL に対応しました.[Seasar-user:3658]
  • BeanDesc からメソッド及びコンストラクタの引数名を取得できるようにしました.
  • ConfigurableStatementFactoryを追加し、PreparedStatementのfetchSizeとmaxRowsをdiconから設定できるようにしました。[Seasar-user:3692][DAO-2]
  • ExternalContextの情報にMapでアクセスできるようにしました。
  • Hotswapを廃止しました。
  • requestのparamterやattributeの名前とプロパティ名が一致した場合に、自動で設定を行うexternalBinding機能を実装しました。
  • Sessionで管理されているコンポーネントがHOT deployで変更された場合でも、コンポーネントの状態が引き継がれるようにしました。
  • メッセージファイルに S2FrameworkMessages.properties のような長い名前を利用できるようにしました.
  • EclipseUtil を削除しました.代わりに ResourceUtil#getBuildDir() を使用してください.
  • S2Tx の requiredTx および requiresNewTx において,setRollbackOnly() が設定された場合でも commit() しようとして例外が発生していた問題を修正しました.

ダウンロードはこちらから.
http://s2container.seasar.org/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-16 (金) 14:22:58 (4178d)