FAQ

Teeda

インクルードしたhtmlで前ページからのプロパティを参照したい

Tomcat起動時にParserConfigurationExceptionが発生する

Tomcat起動時に次のようなエラーが発生する場合、

org.seasar.framework.exception.ParserConfigurationRuntimeException: [ESSR0053]パーサの設定に問題があります。理由はjavax.xml.parsers.ParserConfigurationException: Feature 'http://apache.org/xml/features/xinclude' is not recognized.

$TOMCAT/common/endorsedにある、xercesImpl.jarとxml-apis.jarを削除してください。 (Tomcat 5.5.20で確認)

TeedaExtensionでFormにInputTextが一つしかないとsubmit時にname属性が飛ばない。

以下のように、formに1つのInputTextしか無い場合に、inputTextにfocusして

Enterキーを押すとname属性がわたらず、doXxxが呼ばれない。

この現象はIEの場合のみ発生する。

<form id="form">
<span>hogehoge</span>
<input type="text" id="arg1" title="INPUT1" />
<input type="submit" value="calculate" id="doCalculate"/>
</form>

これを解消するには、

<input type="text" style="display: none"/>

をひとつ追加する

TeedaをWAS6.1で動かす

TeedaをWAS6.1で動かすには、

  • WEB-INF/libにServletのjarが含まれていたら消去してWARにする.
  • WASの設定で、WARのクラスローダーに「最初にアプリケーションクラスローダーをロードしたクラス」を選択する

動的にHTMLタグの属性を設定を行うには

DynamicPropertyを使用してください。

http://teeda.seasar.org/ja/extension_features.html#dynamicproperty

TeedaのPageClass からコンポーネントをスコープに置くには [Seasar-user:5581]

service,dtoなどの適当なパッケージにコンポーネントを作り、

@Component(instance=InstanceType.SESSION)
public class ...

のようにインスタンス属性を指定してください。

個別の例外に応じてエラーページを設定する

teedaErrorPage.diconに個別の例外に応じてエラーページの設定を記述します。

<component class="org.seasar.teeda.extension.util.TeedaExtensionErrorPageManagerImpl">
<!--ここから追加-->
   <initMethod name="addErrorPage">
       <arg>@org.seasar.framework.exception.SRuntimeException@class</arg>
       <arg>"/view/error/custom.html"</arg>
   </initMethod>
<!--ここまで-->
   <initMethod name="addErrorPage">
       <arg>@java.lang.Throwable@class</arg>
       <arg>"/view/error/error.html"</arg>
   </initMethod>
</component>

この場合、個別の例外の設定のほうが上にくるようにしてください。

NullLabelの「選択してください」という文面を変更するには

propertiesで切り替えることが出来ます。

まずpropertiesファイルを作成して、faces-config.xmlに定義します。 (名前は一般的には、appMessages.propertiesがよく使われます) このあたりはteeda-html-exampleを参考にしてください。

そこに、 org.seasar.teeda.extension.component.TSelect.NULL_LABEL というキーで値を設定すればこのNULLラベルが使用されます。

Pageクラスでrequest/response/session/context/FacesContextを使用するには

pageクラスに、以下のプロパティを用意してください。

クラスプロパティ名
HttpServeltRequest-
HttpServeltResponse-
HttpSession-
ServletContext-
FacesContextfacesContext

Pageクラスから直接エラーメッセージを設定する

javax.faces.internal.FacesMessageUtilを使用して、

FacesMessageUtil.addErrorMessage("E0000002");

のようにしてください。

メッセージは、 WEB-INF/faces-config.xmlで指定したプロパティファイルに記述します。

実体参照を表示するには

例えばノーブレークスペース(non-breaking space, NBSP)を表示したい場合、テンプレートHTML上では次のように記述します。

  • Teeda 1.0.12以降でCLASSIC以外の場合はそのまま記述します
    &nbsp;
  • Teeda 1.0.11 以前またはTeeda 1.0.12以降でCLASSICの場合は一段階エスケープします
    &amp;&nbsp;
  • outputTextでノーブレークスペースを表示する場合は、Pageクラスのプロパティに'\u00A0'を設定します。
    this.message = "\u00A0"

conditionコンポーネントの<div>タグにDynamicPropertyを設定したい

<div id ="isNotCreate" style="〜">

なタグにDynamicPropertyを設定する場合、

public String getIsNotCreateStyle() {
 //略
}

となります。

静的HTMLをTeedaの処理対象から外す

TeedaはHTMLファイルをXMLとして解析するので、静的なHTMLをそのまま出力する場合にXMLとしてwell-formedでないと例外になります。

静的なHTMLは拡張子を.htmにすれば、Teedaの処理対象ではなくなるのでひとまず出力することができます。

LogicやHelperにFacesContextをDIしたい

Teeda は FacesContext を外部コンテキストに設定するので、creator.dicon で、

<component class="org.seasar.framework.container.creator.LogicCreator">
  <property name="externalBinding">true</property>
</component>

とすれば Logic にも FacesContext が DI されるようになります。

Helperも同様です。

バリデーションのエラーメッセージに id ではなく日本語を使うには?

Label機能を使用して、idに対する日本語名称を設定します。

http://d.hatena.ne.jp/dewa/20070720#1184920170

別サーバーのCGIを呼び出したい

Pageクラスで普通にリダイレクトしてもらえれば 問題ありません. FacesContextのresponseComplete()だけは呼び出してください.

下記のような感じです.

 public String doHoge() throws IOException {
   response.sendRedirect("http://www.example.com/");
   facesContext.responseComplete();
   return null;
 }

PageクラスでCSVダウンロードをさせたい

流れとしては以下のような手順になる

  • ダウンロードするFileを生成
  • ContentTypeやヘッダ情報の付加
  • ServletOutputResponseStreamに書き出す
  • FacesContext.responseComplete()を呼び出す
	public void doDownload() {
		final File file = downloadHelper.getFile("javaexpert-sample.csv");
		response.setContentType("application/octet-stream");
		response.setHeader("content-disposition", "attachment; filename=\""
				+ file.getName() + "\"");
		OutputStream os = null;
		try {
			os = response.getOutputStream();
			os.write(FileUtil.getBytes(file));
		} catch (IOException e) {
			throw new AppFacesException("E0000002");
		} finally {
			try {
				os.close();
			} catch (final IOException e) {
			}
		}
		this.facesContext.responseComplete();
	}

ファイルアップロード

1.0.13 からは Teeda の FileUpload コンポーネントを使うことができます.

http://teeda.seasar.org/ja/extension_features.html#fileupload

1.0.12 以前の場合は,TomahawkのFileUploadを使います。

http://d.hatena.ne.jp/shot6/20061122#1164175683

Teeda 1.0.8-RC1までは上記方法で動作するのを確認しています。

Validationエラーのメッセージを変更する

http://d.hatena.ne.jp/dewa/20070808#1186573480

foreachの中身が表示されない

foreachを使う場合、DTOやMapで持っているIDと同じフィールドを、Pageの方にも持たせる必要があります。

特定のPageにだけ(もしくは特定のPage以外のPageに)Interceptorをかけるには

特定のPageだけなら、Pageクラスに

@Aspect(インターセプタ名)
public String doHoge() {
  ...
}

のようにアノテーションを指定します。

Pageにaspectが適用されない

Seasar2のデフォルトでは、aspectはそのクラスのインターフェースで定義されているメソッドに適用されます。

TeedaのPageクラスはインターフェースを持ってないので、cunstomizer.diconでcustomizerの設定をするときに

<property name="pointcut">"do.*, initialize, prerender"</property>

のようにポイントカットを指定する必要があります。

ForEach内でチェックボックスを使用する

http://d.hatena.ne.jp/yone098/20070122/1169446352

をご参照ください。

foreachでリストを展開したときに、一部のプロパティだけ表示されない

Pageがもっているプロパティの型とDto/Mapのプロパティの型が一致しているか確認してください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-11 (火) 04:22:44 (3304d)