[[SeasarWiki]]

* Seasar2によって出力されるエラーメッセージ一覧 [#ffe238bd]

&color(red){注意};:
適切な原因やその対応指針について、適切に言及出来ていません。~
問題の原因やその対応策について、ご存知の方は当該ページを修正し記述して下さい。~


|~メッセージID	|~内容	|
|[[ESSR0001]]|{0}が見つかりません|
|[[ESSR0002]]|<{0}> 予想:<{1}> 実際:<{2}>|
|[[ESSR0003]]|<{0}> 予想外:<{1}>|
|[[ESSR0004]]|{0}が{1}から見つかりません|
|[[ESSR0007]]|{0}はnullあるいは空であってはいけません|
|[[ESSR0017]]|例外が発生しました。理由は{0}|
|[[ESSR0026]]|ステータス({0})が不正です|
|[[ESSR0032]]|{0}は予想外です|
|[[ESSR0040]]|IO例外が発生しました。理由は{0}|
|[[ESSR0041]]|{0}の作成に失敗しました。理由は{1}|
|[[ESSR0042]]|{0}で不正なアクセスがありました。理由は{1}|
|[[ESSR0043]]|{0}が呼び出した対象が不正です。理由は{1}|
|[[ESSR0044]]|クラスが見つかりませんでした。詳細は{0}|
|[[ESSR0045]]|{0}に複数のコンポーネント({1})が登録されています|
|[[ESSR0046]]|コンポーネント({0})が見つかりません|
|[[ESSR0047]]|{0}で循環参照が発生しました|
|[[ESSR0048]]|{0}に引数({1})で適用可能なコンストラクタが見つかりません|
|[[ESSR0049]]|{0}に適用可能なメソッド({1})が見つかりません|
|[[ESSR0050]]|解析に失敗しました。理由は{0}|
|[[ESSR0051]]|変数({0})が見つかりません|
|[[ESSR0052]]|プロパティ({0})の対象が見つかりません|
|[[ESSR0053]]|パーサの設定に問題があります。理由は{0}|
|[[ESSR0054]]|SAXで例外が発生しました。理由は{0}|
|[[ESSR0055]]|リソース({0})が見つかりません|
|[[ESSR0056]]|タグ({0})の属性({1})が定義されていません|
|[[ESSR0057]]|クラス({0})のメソッド({1})が見つかりません|
|[[ESSR0058]]|クラス({0})のコンストラクタの設定に失敗しました。理由は{1}|
|[[ESSR0059]]|クラス({0})のプロパティ({1})の設定に失敗しました。理由は{2}|
|[[ESSR0060]]|クラス({0})のメソッド({1})の設定に失敗しました。理由は{2}|
|[[ESSR0061]]|トランザクションでシステム例外が発生しました。理由は{0}|
|[[ESSR0062]]|コネクションは既に閉じています|
|[[ESSR0063]]|ロールバックで例外が発生しました。理由は{0}|
|[[ESSR0064]]|クラス({0})のコンストラクタ({1})が見つかりません|
|[[ESSR0065]]|クラス({0})のプロパティ({1})が見つかりません|
|[[ESSR0066]]|JNDIで例外が発生しました。理由は{0}|
|[[ESSR0067]]|テーブル({0})が見つかりません|
|[[ESSR0068]]|テーブル({0})のカラム({1})が見つかりません|
|[[ESSR0069]]|定義されたクラス({0})に実際のクラス({1})を適用できません|
|[[ESSR0070]]|クラス({0})のフィールド({1})が見つかりません|
|[[ESSR0071]]|SQLで例外(Message=[{0}], ErrorCode={1}, SQLState={2})が発生しました。|
|[[ESSR0072]]|SQLで例外(SQL=[{0}], Message=[{1}], ErrorCode={2}, SQLState={3})が発生しました|
|[[ESSR0073]]|OGNLで例外が発生しました。理由は{0}|
|[[ESSR0074]]|{0}に拡張子が見つかりません|
|[[ESSR0075]]|({0})のコンテナはまだ登録されていません|
|[[ESSR0076]]|定義ファイル {0} が循環インクルードされました。経路は {1}|
|[[ESSR0077]]|autoBinding({0})が不正です|
|[[ESSR0078]]|instance({0})が不正です|
|[[ESSR0079]]|bindingType({0})が不正です|
|[[ESSR0080]]|クラス({0})のプロパティ({1})の自動設定に失敗しました|
|[[ESSR0081]]|クラス({0})のInitMethodアノテーション({1})が不正です|
|[[ESSR0082]]|クラス({0})のDestroyMethodアノテーション({1})が不正です|
|[[ESSR0083]]|accessType({0})が不正です|
|[[ESSR0084]]|({0})はbool式ではありません|
|[[ESSR0085]]|({0})のENDコメントが見つかりません|
|[[ESSR0086]]|IFコメントの条件が見つかりません|
|[[ESSR0087]]|{1}が{0}で閉じていません|
|[[ESSR0088]]|{0}にDaoインターフェースが見つかりません|
|[[ESSR0089]]|EntityManager({0})に対応するDialectが見つかりません|
|[[ESSR0090]]|Diiguで処理されていません。クリーンビルドしてください。|
|[[ESSR0091]]|URL({0})が不正です。|
|[[ESSR0092]]|クラスのフォーマットが不正です。詳細は{0}|
|[[ESSR0093]]|永続ユニット({0})が定義されていません|
|[[ESSR0094]]|IllegalArgumentExceptionがクラス({0})の型({1})のフィールド({2})に型({3})の値({4})を設定するときに発生しました。対象のクラスは({5})です。|
|[[ESSR0095]]|バインド変数に対応する引数の数({1})が足りません。SQLは({0})です。|
|[[ESSR0096]]|プールしていたコネクションを破棄しました。|
|[[ESSR0097]]|プロパティ({0})の値({1})の変換に失敗しました。理由は、{2}。|
|[[ESSR0303]]|トランザクション({0})をコミットできませんでした|
|[[ESSR0304]]|既に準備を開始しています|
|[[ESSR0305]]|既に準備されてます|
|[[ESSR0306]]|既にコミットを開始しています|
|[[ESSR0307]]|既にコミットされてます|
|[[ESSR0308]]|既にロールバックとしてマークされています|
|[[ESSR0309]]|既にロールバックを開始しています|
|[[ESSR0310]]|既にロールバックされています|
|[[ESSR0311]]|トランザクションが開始されていません|
|[[ESSR0312]]|状態が不明です|
|[[ESSR0313]]|登録されていないXAResourceです|
|[[ESSR0314]]|既にサスペンドしています|
|[[ESSR0315]]|サスペンドされていません|
|[[ESSR0316]]|ネストしたトランザクションはサポートしていません|
|[[ESSR0317]]|既に別のトランザクションが割り当てられています|
|[[ESSR0318]]|TMJOIN is not supported|
|[[ESSR0319]]|{0}は現在のXid({1})と一致しません|
|[[ESSR0320]]|ステータスはSUCCESSでなければなりません|
|[[ESSR0321]]|ステータスはPREPAREDでなければなりません|
|[[ESSR0322]]|ステータスはFAILあるいはPREPAREDでなければなりません|
|[[ESSR0323]]|ステータスはSUSPENDEDでなければなりません|
|[[ESSR0324]]|ステータスはACTIVEでなければなりません|
|[[ESSR0325]]|セミコロンの入力はSQLインジェクション対策のため禁止されてます|
|[[ESSR0326]]|クエリ({0})がユニークな結果を返しませんでした。|
|[[ESSR0327]]|クエリ({0})が空の結果を返しました。|
|[[ESSR0363]]|サスペンドに失敗しました。理由は{0}|
|[[ESSR0364]]|レジュームに失敗しました。理由は{0}|
|[[ESSR0365]]|{0} はThrowableではありません。|
|[[ESSR0366]]|分散トランザクションでは使用できない操作です|
|[[ESSR0400]]|セッションビーン{0}に@Statelessと@Statefulを同時に指定することはできません|
|[[ESSR0401]]|セッションビーン{0}はビジネスインタフェースを実装しなければなりません|
|[[ESSR0402]]|クラス{0}が複数のビジネスインタフェースを実装する場合は@Localまたは@Remoteを指定しなければなりません|
|[[ESSR0403]]|ArountInvokeアノテーションをクラス{0}の複数のメソッドに指定することはできません|
|[[ESSR0404]]|AroundInvokeアノテーションをクラス{0}の引数の型がjavax.ejb.InvocationContextでないメソッド{1}に指定することはできません|
|[[ESSR0405]]|AroundInvokeアノテーションをクラス{0}の戻り値の型がObjectでないメソッド{1}に指定することはできません|
|[[ESSR0406]]|クラス{0}は正しいEJB3ではありません。原因は{1}|
|[[ESSR0407]]|セッションビーン{0}のビジネスインタフェースにはクラス{1}を指定することはできません|
|[[ESSR0408]]|セッションビーン{0}のビジネスインタフェースに実装していないインタフェース{1}を指定することはできません|
|[[ESSR0409]]|{0}アノテーションをセッションビーン{1}のメソッド{2}に指定することはできません|
|[[ESSR0410]]|Interceptor{0}にコールバックメソッドがありません|
|[[ESSR0600]]|クラス({0})のメソッド({1})にDxoを適用することができません|
|[[ESSR0601]]|Dxoクラス({0})のメソッド({1})の変換元にnullが渡されました。|
|[[ESSR0602]]|Dxoクラス({0})のメソッド({1})の変換先にnullが渡されました。|
|[[ESSR0700]]|S2JDBCで例外が発生しました。理由は{0}|
|[[ESSR0701]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が見つかりません。|
|[[ESSR0702]]|({0})にorder byが見つかりません。|
|[[ESSR0703]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。多対多関連はサポートされていません。|
|[[ESSR0704]]|({0})はエンティティではありません。|
|[[ESSR0705]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が重複しています。|
|[[ESSR0706]]|エンティティ({0})の結合({1})のベース({2})が見つかりません。|
|[[ESSR0707]]|エンティティ({0})の結合({1})が重複しています。|
|[[ESSR0708]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。|
|[[ESSR0709]]|クラス({0})のメソッド({1})が不正です。|
|[[ESSR0710]]|エンティティ({0})の結合({1})が不正です。|
|[[ESSR0711]]|エンティティ({0})が不正です。|
|[[ESSR0712]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。単独キーでない場合JoinColumn(s)を指定してください。|
|[[ESSR0713]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})におけるmappedBy({2})が不正です。
エンティティ({0})のクラス({3})と逆側のクラス({4})のプロパティ({5})のクラス({6})が等しくありません。|
|[[ESSR0713]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})におけるmappedBy({2})が不正です。&br;エンティティ({0})のクラス({3})と逆側のクラス({4})のプロパティ({5})のクラス({6})が等しくありません。|
|[[ESSR0714]]|バインド変数がnullです。|
|[[ESSR0715]]|エンティティ({0})の識別子がユニークではありません。|
|[[ESSR0716]]|条件({0})が不正です。|
|[[ESSR0717]]|条件({0})の値のクラス({1})は配列でなければいけません。|
|[[ESSR0718]]|エンティティ({0})の一対多関連({1})はジェネリクスのリストでなければいけません。|
|[[ESSR0719]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})に指定されているmappedBy({2})がクラス({3})に見つかりません。|
|[[ESSR0721]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})の関連クラス({2})がエンティティではありません。|
|[[ESSR0722]]|エンティティ({0})の一対多関連({1})はリストでなければいけません。|
|[[ESSR0723]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。mappedByとJoinColumnを両方指定することはできません。|
|[[ESSR0724]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})とプロパティ({2})が重複したカラム({3})を持っています。|
|[[ESSR0725]]|エンティティ({0})のカラム({1})が見つかりません。|
|[[ESSR0726]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。一対多関連の場合mappedByは必須です。|
|[[ESSR0727]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。{2}番目のJoinColumnのnameとreferencedColumnNameは必須です。|
|[[ESSR0728]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。JoinColumnの自動設定をするには逆側のエンティティ({2})が単独キーである必要があります。|
|[[ESSR0729]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。JoinColumnのnameで指定されている外部キー({2})が存在しません。|
|[[ESSR0730]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。JoinColumnのnameで指定されている外部キー({2})が存在しません。
もしエンティティ({0})が外部キー({2})を持っていないならmappedByを付け忘れているのかも。|
|[[ESSR0730]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。JoinColumnのnameで指定されている外部キー({2})が存在しません。&br;もしエンティティ({0})が外部キー({2})を持っていないならmappedByを付け忘れているのかも。|
|[[ESSR0731]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。JoinColumnのreferencedColumnNameで指定されている関連エンティティ({2})の主キー({3})が存在しません。|
|[[ESSR0732]]|SQL({0})が不正です。|
|[[ESSR0733]]|({0})の単一引用符が閉じていません。|
|[[ESSR0734]]|パラメータの数({0})がパラメータのクラスの数({1})と一致しません。|
|[[ESSR0735]]|クラス({0})のフィールド({1})がジェネリクスではありません。|
|[[ESSR0736]]|エンティティ({0})は既に変更されています。|
|[[ESSR0737]]|エンティティ({0})のIDプロパティ({1})に指定されているジェネレータ({2})が見つかりません。|
|[[ESSR0738]]|エンティティ({0})のIDプロパティ({1})の自動生成に失敗しました。|
|[[ESSR0739]]|エンティティ({0})のIDプロパティ({1})が設定されていません。|
|[[ESSR0740]]|エンティティ({0})のバージョンプロパティ({1})が数値型ではありません (Timestamp型はサポートしていません)。|
|[[ESSR0741]]|エンティティ({0})のIDプロパティ({1})を自動生成する方法にIDENTITYが指定されていますがDBMS({2})ではサポートされていません|
|[[ESSR0742]]|エンティティ({0})のIDプロパティ({1})を自動生成する方法にSEQUENCEが指定されていますがDBMS({2})ではサポートされていません|
|[[ESSR0743]]|条件({0})の値のクラス({1})はBooleanでなければいけません。|
|[[ESSR0744]]|エンティティがすでに存在します (制約違反)。SQL({0})|
|[[ESSR0745]]|エンティティ({0})はすでに存在します (制約違反)。SQL({1})|
|[[ESSR0746]]|エンティティ({0})の検索にFOR UPDATEが指定されましたが、DBMS({1})ではサポートされていません。|
|[[ESSR0747]]|エンティティ({0})の検索にカラム指定のFOR UPDATEが指定されましたが、DBMS({1})ではサポートされていません。|
|[[ESSR0748]]|エンティティ({0})の検索にFOR UPDATE NOWAITが指定されましたが、DBMS({1})ではサポートされていません。|
|[[ESSR0749]]|エンティティ({0})の検索にカラム指定のFOR UPDATE NOWAITが指定されましたが、DBMS({1})ではサポートされていません。|
|[[ESSR0750]]|エンティティ({0})の検索にFOR UPDATE WAITが指定されましたが、DBMS({1})ではサポートされていません。|
|[[ESSR0751]]|エンティティ({0})の検索にカラム指定のFOR UPDATE WAITが指定されましたが、DBMS({1})ではサポートされていません。|
|[[ESSR0752]]|エンティティ({0})の検索に外部結合とFOR UPDATEが指定されましたが、DBMS({1})ではサポートされていません。|
|[[ESSR0753]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。java.util.Dateもしくはjava.util.Calendar型のプロパティにはTemporalTypeの設定が必須です。|
|[[ESSR0754]]|ページングとFOR UPDATEの組み合わせはサポートしていません。|
|[[ESSR0755]]|エンティティ({0})のプロパティ({1})が不正です。プロパティの型({2})はサポートされていません。|
|[[ESSR0756]]|エンティティ({0})のIDプロパティの数は({1})ではなく({2})です。|
|[[ESSR0757]]|エンティティ({0})にはバージョンプロパティがありません。|
|[[ESSR0758]]|バージョンプロパティはIDプロパティと共に指定してください。|
|[[ESSR0759]]|クラス({0})は不正です。エンティティの継承はサポートされていません。永続的なプロパティを継承するには、親クラスはMappedSuperclassとして定義しなければいけません。|
|[[ESSR0760]]|クラス({0})のフィールド({1})がクラス階層の中で重複しています。|
|[[ESSR0761]]|IDプロパティのないエンティティ({0})を更新することは出来ません。|
|[[ESSR0762]]|IDプロパティのないエンティティ({0})を削除することは出来ません。|
|[[ESSR0763]]|エンティティ({0})の検索に内部結合とFOR UPDATEが指定されましたが、DBMS({1})ではサポートされていません。|
|[[ISSR0001]]|seasar started|
|[[ISSR0002]]|seasar stopped|
|[[ISSR0003]]|seasar shutdown|
|[[ISSR0005]]|{0} restarted|
|[[ISSR0006]]|persistence.xml({0})の読み込みを開始します|
|[[ISSR0007]]|永続ユニット({0})が見つかりました|
|[[WSSR0003]]|<< server side stack trace >>|
|[[WSSR0004]]|<< RemoteException stack trace >>|
|[[WSSR0005]]|Illegal transaction rolledback|
|[[WSSR0006]]|Execution at {0} failovered|
|[[WSSR0007]]|{0}の引数({1})が見つからないのでnullを設定します|
|[[WSSR0008]]|{0}のプロパティ({1})が見つからないので設定をスキップします|
|[[WSSR0009]]|{0}のメソッド({1})にはアスペクトを適用できない修飾子が指定されています|
|[[WSSR0010]]|引数({0})が見つかりません|
|[[WSSR0011]]|指定されたコンポーネント名({0})はクラス({1})のコンポーネント名({2})とマッチしません (大文字・小文字の違いに注意してください)|
|[[WSSR0012]]|persistence.xmlの読み込みをスキップします。理由は {0}|
|[[WSSR0013]]|ルートパッケージ({0})に対応するURL({1})のプロトコルが不明です。|
|[[WSSR0014]]|ルートパッケージ({0})に対応するリソースがクラスパスから見つかりませんでした。|
|[[WSSR0084]]|クラス{0}のコンストラクタ{1}が見つかりませんでした|
|[[WSSR0085]]|クラス{0}のメソッド{1}が見つかりませんでした|
|[[DSSR0001]]|物理的なコネクションを閉じました|
|[[DSSR0002]]|論理的なコネクションを閉じました。tx={0}|
|[[DSSR0003]]|トランザクションを開始しました。tx={0}|
|[[DSSR0004]]|トランザクションをコミットしました。tx={0}|
|[[DSSR0005]]|トランザクションをロールバックしました。tx={0}|
|[[DSSR0006]]|物理的なコネクションを取得しました|
|[[DSSR0007]]|論理的なコネクションを取得しました。tx={0}|
|[[DSSR0101]]|設定ファイル({0})をインクルードします|
|[[DSSR0102]]|Excelファイル({0})の値でデータベースを置き換えます|
|[[DSSR0103]]|Excelファイル({0})の値をデータベースに追加します|
|[[DSSR0104]]|Excelファイル({0})を期待値として読み込みます|
|[[DSSR0105]]|クラス({0})のコンポーネント定義を登録します|
|[[DSSR0106]]|S2Containerを作成します。path={0}|
|[[DSSR0107]]|S2Containerを作成しました。path={0}|
|[[DSSR0108]]|HOT deployを開始します|
|[[DSSR0109]]|HOT deployを終了しました|
|[[DSSR0110]]|S2Containerを作成します。path={0}, realPath={1}|
|[[DSSR0111]]|S2Containerを作成しました。path={0}, realPath={1}|
|[[DSSR0112]]|永続ユニット({1})にマッピングファイル({0})が登録されます|
|[[DSSR0113]]|永続ユニット({1})に永続クラス({0})が登録されます|
|[[DSSR0114]]|環境変数#Envにファイル({1})から値({0})が設定されました|
|[[DSSR0115]]|ファイル({1})がないため環境変数#Envに値({0})が設定されました|
|[[DSSR0116]]|Excelファイル({0})の値でデータベースをすべて置き換えます|
|[[DSSR0117]]|HTTPセッションを破棄しました。セッションID={0}|


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS