[[SeasarWhatsNew]]

***[[S2Struts]] 1.2.9 リリース [#x4771b6d]

S2StrutsV1.2.xはS2.3に対応しています。

S2StrutsV1.2.8からの変更点は以下の通りです。

- Bug
-- [STRUTS-27] -
FormBeanにjava.sql.Dateクラスのプロパティがあるとjava.sql.Dateクラスのメソッドに対して型検証が自動付加され、検証時に例外が発生する
-- [STRUTS-37] - maskアノテーションによる検証でresourceを設定しても有効とならない
-- [STRUTS-39] -
FormBeanにjava.math.BigDecimalクラスのプロパティがあるとjava.math.BigDecimalクラスのメソッドに対して型検証が自動付加され、検証時に例外が発生する

- Improvement
-- [STRUTS-31] - initタグでsendRedirectしたい
-- [STRUTS-32] - アノテーションによるvalidatorでargエレメントのname属性を指定したい
-- [STRUTS-36] -
複数ActionConfigで利用されているFormBeanの場合、すべてのScopeが一致した場合のみそのScopeに従ってExportしてほしい

- New Feature
-- [STRUTS-26] - Argsアノテーションで bundleを指定できるようにしてほしい
-- [STRUTS-28] - dateアノテーションで厳密な日付パターンチェックを行えるようにしてほしい

ダウンロードは、こちらから。
http://s2struts.seasar.org/ja/index.html



***[[S2Struts]] 1.3.0-beta-3 リリース [#f03086fc]

S2StrutsV1.3.xはS2.4に対応しています。
また、S2StrutsV1.3.0-beta-3からStruts1.3に対応しました。

S2StrutsV1.3.0-beta-2からの変更点は以下の通りです。

- Bug
-- [STRUTS-6] - ActionFormから値が取れる場合ととれない場合がある
-- [STRUTS-15] - ARGS定数アノテーションのresourceプロパティのデフォルト値が異なる
-- [STRUTS-16] - s2struts:image にもcancel属性があったほうがよい(cancelが動作しない)
-- [STRUTS-20] - POJOActionでFormBean をExportするときScope指定方法(優先順位)を変更してほしい
-- [STRUTS-22] -
POJOActionにパッケージを含めたコンポーネント名のコンポーネントをBindするときにクラス名部分のみではBindできない
-- [STRUTS-23] - POJOActionでPOJOFormをexportするときにClassCastExceptionが発生する
-- [STRUTS-24] - maskアノテーションによる検証でmessageKeyを記述しないとエラーメッセージが表示されない
-- [STRUTS-25] - TigerのMessageアノテーションで必須項目ではないbundleプロパティが必須項目となっている
-- [STRUTS-27] -
FormBeanにjava.sql.Dateクラスのプロパティがあるとjava.sql.Dateクラスのメソッドに対して型検証が自動付加され、検証時に例外が発生する
-- [STRUTS-29] - インターフェイスを使用しないActionに1つのMethodを定義した場合呼び出せない
-- [STRUTS-30] -
strutsコンフィグファイルを分割した場合、web.xmlに指定したコンフィグファイルがリロード対象(HOT deploy対象)にならない
-- [STRUTS-35] - S2TilesRequestProcessorを利用すると例外が発生する
-- [STRUTS-37] - maskアノテーションによる検証でresourceを設定しても有効とならない
-- [STRUTS-39] -
FormBeanにjava.math.BigDecimalクラスのプロパティがあるとjava.math.BigDecimalクラスのメソッドに対して型検証が自動付加され、検証時に例外が発生する
-- [STRUTS-40] - Sessionが切れてしまった場合にメソッドバインディングできない

- Improvement
-- [STRUTS-13] - formタグ内でInitタグを定義した場合、formタグで指定したActionMappingを利用してほしい
-- [STRUTS-14] - ZeroConfigActionRuleImplにデフォルト値を変更するためのプロパティを追加してほしい
-- [STRUTS-32] - アノテーションによるvalidatorでargエレメントのname属性を指定したい
-- [STRUTS-33] - リンクタグでMethodBindingを利用したい
-- [STRUTS-36] -
複数ActionConfigで利用されているFormBeanの場合、すべてのScopeが一致した場合のみそのScopeに従ってExportしてほしい

- New Feature
-- [STRUTS-21] - 無設定のpathでパッケージのセパレータを"/"に変換するのにも対応する
-- [STRUTS-26] - Argsアノテーションで bundleを指定できるようにしてほしい
-- [STRUTS-28] - dateアノテーションで厳密な日付パターンチェックを行えるようにしてほしい

- Task
-- [STRUTS-17] - Struts1.3に対応する

ダウンロードは、こちらから。
http://s2struts.seasar.org/ja/index.html


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS