***[[S2Dao-CodeGen]]0.1.3 & 0.2.0-beta-1リリース [#r6a29c91]
****Release Notes - S2Dao-CodeGen - Version 0.1.3 [#e68964ae]
- Bug
-- [DAOCODEGEN-7] - N:1の1側にjava.lang以外のパッケージなクラスになる型を指定すると、FindPackDtoがコンパイルエラーになる場合がある
-- [DAOCODEGEN-8] - PackDtoのN:1のアノテーション指定が逆
-- [DAOCODEGEN-9] - PackDaoが動作しない
-- [DAOCODEGEN-10] - FindPackDtoのSQLの結合条件が誤っている
-- [DAOCODEGEN-11] - FindDtoで複数項目並び替えを指定した場合にSQLExceptionになる
-- [DAOCODEGEN-12] - FindDtoのaddOrderListがCamelConverterを考慮していない
-- [DAOCODEGEN-14] - Timestampにマッピングされる型があると2Way SQLにならない
-- [DAOCODEGEN-15] - テーブル名に_が入っているときにPackDaoのfindメソッドがSQLExceptionを起こす
-- [DAOCODEGEN-16] - CamelConverterImpl使用時にfindメソッドでSQLExceptionになる条件がある
***[[S2Dao-CodeGen]]0.1.3 & 0.2.0-beta-1リリース [#tae9664e]
-Release Notes - S2Dao-CodeGen - Version 0.1.3
-- Bug
--- [DAOCODEGEN-7] - N:1の1側にjava.lang以外のパッケージなクラスになる型を指定すると、FindPackDtoがコンパイルエラーになる場合がある
--- [DAOCODEGEN-8] - PackDtoのN:1のアノテーション指定が逆
--- [DAOCODEGEN-9] - PackDaoが動作しない
--- [DAOCODEGEN-10] - FindPackDtoのSQLの結合条件が誤っている
--- [DAOCODEGEN-11] - FindDtoで複数項目並び替えを指定した場合にSQLExceptionになる
--- [DAOCODEGEN-12] - FindDtoのaddOrderListがCamelConverterを考慮していない
--- [DAOCODEGEN-14] - Timestampにマッピングされる型があると2Way SQLにならない
--- [DAOCODEGEN-15] - テーブル名に_が入っているときにPackDaoのfindメソッドがSQLExceptionを起こす
--- [DAOCODEGEN-16] - CamelConverterImpl使用時にfindメソッドでSQLExceptionになる条件がある

- Improvement
-- [DAOCODEGEN-13] - soleMatchもSQLファイルを出力する
--- [DAOCODEGEN-13] - soleMatchもSQLファイルを出力する


****Release Notes - S2Dao-CodeGen - Version 0.2.0-beta-1 [#t9f0960c]
-Release Notes - S2Dao-CodeGen - Version 0.2.0-beta-1
-- Bug
--- [DAOCODEGEN-7] - N:1の1側にjava.lang以外のパッケージなクラスになる型を指定すると、FindPackDtoがコンパイルエラーになる場合がある
--- [DAOCODEGEN-8] - PackDtoのN:1のアノテーション指定が逆
--- [DAOCODEGEN-9] - PackDaoが動作しない
--- [DAOCODEGEN-10] - FindPackDtoのSQLの結合条件が誤っている
--- [DAOCODEGEN-11] - FindDtoで複数項目並び替えを指定した場合にSQLExceptionになる
--- [DAOCODEGEN-12] - FindDtoのaddOrderListがCamelConverterを考慮していない
--- [DAOCODEGEN-14] - Timestampにマッピングされる型があると2Way SQLにならない
--- [DAOCODEGEN-15] - テーブル名に_が入っているときにPackDaoのfindメソッドがSQLExceptionを起こす
--- [DAOCODEGEN-16] - CamelConverterImpl使用時にfindメソッドでSQLExceptionになる条件がある

- Bug
-- [DAOCODEGEN-7] - N:1の1側にjava.lang以外のパッケージなクラスになる型を指定すると、FindPackDtoがコンパイルエラーになる場合がある
-- [DAOCODEGEN-8] - PackDtoのN:1のアノテーション指定が逆
-- [DAOCODEGEN-9] - PackDaoが動作しない
-- [DAOCODEGEN-10] - FindPackDtoのSQLの結合条件が誤っている
-- [DAOCODEGEN-11] - FindDtoで複数項目並び替えを指定した場合にSQLExceptionになる
-- [DAOCODEGEN-12] - FindDtoのaddOrderListがCamelConverterを考慮していない
-- [DAOCODEGEN-14] - Timestampにマッピングされる型があると2Way SQLにならない
-- [DAOCODEGEN-15] - テーブル名に_が入っているときにPackDaoのfindメソッドがSQLExceptionを起こす
-- [DAOCODEGEN-16] - CamelConverterImpl使用時にfindメソッドでSQLExceptionになる条件がある
-- Improvement
--- [DAOCODEGEN-1] - org.seasar.codegen.element.utilの実装内にコピペ
--- [DAOCODEGEN-13] - soleMatchもSQLファイルを出力する

- Improvement
-- [DAOCODEGEN-1] - org.seasar.codegen.element.utilの実装内にコピペ
-- [DAOCODEGEN-13] - soleMatchもSQLファイルを出力する

-- Task
--- [DAOCODEGEN-4] - 生成したソースがS2Coffeeに依存するのを解消する

- Task
-- [DAOCODEGEN-4] - 生成したソースがS2Coffeeに依存するのを解消する
--0.2.0は、他に以下のような変更があります。
---antのビルドファイルとdiconファイルに別れていた設定を、dicon/customize/LoadFile.diconに集約しました。
---対応DBが増えました。(H2/MySQL/MS SQLServer)
---DDLの出力が可能になりました(H2とDerbyのみ)
---diconに記述するクラスのパッケージ名・クラス名を変更しました。
---Daoのメソッドで、genericsが使用可能になりました。
---生成時の動作環境がJRE5.0になりました(生成したソースは1.4でコンパイル可能)
---IDの自動生成はsequenceのみ対応していましたが、identityと自動生成を使用しない方法が選択可能になりました。
---S2Pagerに対応しました。

-0.2.0は、他に以下のような変更があります。
--antのビルドファイルとdiconファイルに別れていた設定を、dicon/customize/LoadFile.diconに集約しました。
--対応DBが増えました。(H2/MySQL/MS SQLServer)
--DDLの出力が可能になりました(H2とDerbyのみ)
--diconに記述するクラスのパッケージ名・クラス名を変更しました。
--Daoのメソッドで、genericaが使用可能になりました。
--生成時の動作環境がJRE5.0になりました(生成したソースは1.4でコンパイル可能)
--IDの自動生成はsequenceのみ対応していましたが、identityと自動生成を使用しない方法が選択可能になりました。
ダウンロードはこちらからです。 
http://s2dao-codegen.sandbox.seasar.org/download/

使用法については、Webをご参照ください。 
http://s2dao-codegen.sandbox.seasar.org/



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS