Teeda

Teedaリリース手順

リリース作業はJDK 1.4系で行うこと。 その後、Teeda-tigerをリリースするので、Tigerに変更する。

Seasar2側を準備する

TeedaがSeasar2のSNAPSHOT版(Mavenレポジトリに公開されていない版)へ依存している場合。

s2containerプロジェクトをチェックアウトし、そこでプロンプトから

mvn clean install

しておく。 生成された

  • s2-framework-x.x.x.jar
  • s2-framework-x.x.x-sources.jar
  • s2-extension-x.x.x.jar
  • s2-extension-x.x.x-sources.jar

を、teeda側のlibとlib/sourcesへ置く。 teedaの.classpathからそのjarを参照するようにする。

  • s2-framework-x.x.x.jar
  • s2-extension-x.x.x.jar

の2つについては、teedaのexampleの、WEB-INF/libへも置く。

TestがSUCCESSか確認する

teedaプロジェクトと、teeda-html-exampleプロジェクトがOKならteeda-integration-testプロジェクトにて、

mvn clean eclipse:eclipse
mvn clean test

する。testがSUCCESSになればOK。

Maven2レポジトリへdeployする

まずMaven2でdeploy可能な状態へ、セットアップしておく必要がある。DeployToMaven2RepoRemoteを参考に鍵やsettings.xmlを作る。

teedaプロジェクト直下からコマンドプロンプトで

mvn clean deploy

する。

配布zipを作成する

上記mvn clean deployが正常完了していたら、

ant

を実行して配布用zipファイルを作成する。 zipの中に、teeda-xxxxx-y.y.y.jarとteeda-xxxxx-y.y.y-sources.jarが含まれていることを確認しておこう。

配布zipを公開する

上記で作成したzipをSVNへコミットする。 プロダクト毎に違いそうな気がするが、teedaプロジェクトでは

teeda-www/
 + download/
    + yyyy-mm-dd/

としているので、これに合わせる。

tag付け

SVNレポジトリへtag付けする。

アナウンス

  • seasar.orgのmemberページへログインし、wwwをサイトへ反映する。
  • 当wikiへリリースを記述する。
  • MLへリリースをアナウンスする。

JIRA

Administrationメニューから、リリース済みバージョン番号を記入する。 次の開発バージョン番号を登録する。

pom.xml

pom.xmlのVersionを、次の開発バージョンのSNAPSHOTにする。

Teeda Tigerの更新

上記のリリース手順を今度はTigerで行う。

まずはJDKをTigerに変更する。

pomで依存するバージョンを変更する。

次に

mvn clean install

(稼動確認をどこでするかはTODO)

最後に

mvn clean deploy
ant

して、モジュールを確認する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-13 (火) 11:44:06 (4701d)