概要

Seasar.orgサーバのメールアカウントを利用するための設定方法の例です。

メールサーバ仕様

下記のプロトコルが利用できます。

サービスポート
SMTP AUTH(PLAIN LOGIN) over STARTTLS25
SMTP AUTH(PLAIN LOGIN) over SSL465
POP3S995
IMAPS993

SMTP AUTHのCRAM-MD5とPOPのAPOPには対応していません。この方式はサーバにパスワードを平文で保存することを要求するため、安全ではありません。

メールアドレス

拡張メールアドレス

発行されたメールアドレスは拡張メールアドレスを使用できます。受信可能なメールアドレスは次の通りです。

  • 例: user1 @ seasar.org
    • user1 @ seasar.org
    • user1-aaa @ seasar.org
    • user1-bbb-ccc @ seasar.org

対応しているメーラ

メーラSMTPPOP3SIMAPS
ThunderbirdTLS/SSL
Becky!TLS/SSL
OutlookTLS/SSL
鶴亀メールTLS/SSL
WinbiffSSLのみ
Shuriken Pro 4SSLのみ

設定

SMTPとPOP3Sの設定例を提示します。IMAPSを利用したい場合は、適当にSSLの設定を行ってください。

基本設定

項目
HOSTmail.seasar.org
USERメールアドレスが付与されたSeasar.orgアカウントのユーザ名
PASS上記アカウントのパスワード

メールアドレスの@seasar.orgより前の部分と付与されたSeasar.orgアカウントのユーザ名が異なる場合も、付与されたSeasar.orgアカウントのユーザ名を使用してください。

個別設定

Thunderbird

[アカウント設定] -> [サーバ設定]

  • [ポート] -> 995
  • [保護された接続 (SSL) を使用する]

[送信(SMTP)サーバの設定]

  • [ユーザ名]とパスワードを使用する
  • [保護された接続を使用する] -> TLS(利用可能な場合) or TLS

Becky!

[メールボックスの設定]

  • 基本設定
    • [POP3S] -> チェック
    • [SMTPS] -> チェック
  • 詳細
    • [SMTP] -> 25
    • [POP3] -> 995
    • [証明書を検証しない] -> チェック
    • [SMTP認証] -> チェック
      • [LOGIN] -> チェック
      • [PLAIN] -> チェック

Winbiff

STARTTLSに対応していないためSMTPSを利用します。

[ツール] -> [ユーザー設定] -> [アカウント] -> [Seasar用アカウント選択]

  • 受信
    • [SSLを使う] -> チェック
    • [ポート番号] -> 995
  • 送信
    • [SSLを使う] -> チェック
    • [メールの送信で認証を用いる(SMTP AUTH)] -> チェック
    • [ポート番号] -> 465

Shuriken Pro 4

STARTTLSに対応していないためSMTPSを利用します。 独自認証局であるため送受信時に証明書の警告が表示されますが、許可してください。

[設定] -> [アカウント登録設定]

  • 受信
    • [受信サーバーのポート番号] -> 995
    • [SSLを使用] -> する
  • 送信
    • [送信サーバーのポート番号] -> 465
    • [SSLを使用] -> する
    • [SMTP認証] -> する
      • [SMTP認証に受信サーバーのアカウント情報]を使う] -> 使う

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-02-01 (水) 22:17:54 (5181d)