Teeda 1.0.2 リリース

Teeda 1.0.2をリリースしました。

Teeda1.0.1からの変更点は以下のとおりです。

  • [TEEDA-163] - Teeda Extension TConditionで初期化時ValidationにかかるとNullPointer
  • [TEEDA-168] - Gridのtdでrowspanが効かない
  • [TEEDA-160] - フィルタでログ出力する項目を選択可能に
  • [TEEDA-164] - FacesPortletのリファクタリング
  • [TEEDA-165] - Teeda Extension でのポートレット対応
  • [TEEDA-169] - input type="password"にて、validationエラー時にclass属性へ値を出力する
  • parseエラー時のメッセージの改善
  • [TEEDA-167] - jarを実行することでバージョン番号がわかるようにする
  • Treeでノードの状態を保持するようにした。
  • Treeの状態維持用のTreeSave
  • forEach/Gridでエラーメッセージ集約機能のメッセージをアプリケーション統一で出力可能にする

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-30 (木) 11:10:16 (4999d)