Seasar 2.2.10

変更内容

  • S2Container
    • Factory, Builder, ContainerBehavior, ComponentDeployer, Assembler をカスタマイズできるようにしました.
    • S2Container インタフェースに findComponents(), findComponentDefs() メソッドを追加しました.
    • シングルトンのコンポーネントのコンストラクタが例外を返した場合に CyclicReferenceRuntimeException が発生する問題を修正しました.
  • S2AOP
    • Class#getPackage() が null を返す場合に NullPointerException が発生していた問題を修正しました.
  • S2DBCP
    • maxPoolSize プロパティに 0 が設定された場合はコネクションをプールしないようにしました.
    • トランザクションが終了後にフリーコネクションを待機しているスレッドへの notify() が漏れていたのを修正しました.
  • S2Unit
    • DataTable 同士の assert で失敗したときに,テーブル名称を表示するようにしました.
    • DataRow を比較するところで,assert に失敗するカラムがあっても全てのカラムを比較するようにしました.
    • test() というメソッドが存在する場合に setUp() や tearDown() が2度呼ばれていた問題を修正しました.

以下からダウンロードすることができます.

http://sourceforge.jp/projects/seasar/files/?release_id=15376#15376


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-06-30 (木) 05:40:00 (5321d)