SeasarWhatsNew

S2Hibernate S2Hibernate1.0.6とS2Hibernate1.1.0(Hibernate3対応版)をリリース~

こちらからダウンロードできます。

■1.0.6リリースノート

  • Seasar V2.2.9にライブラリを更新しました。
  • S2SessionFactory に次のメソッドを追加。
      void setInterceptor(Interceptor);
  • DTO(Data Transter Object)の値をHQL(HQLアノテーションまたは、NamedQuery)に渡す処理を追加。

■1.1.0リリースノート(Hibernate3対応版)
S2Hibernate1.0.6をベースに、id:koichikさんに作っていただいたS2Hibernate3-V1.0.6b4をマージした形になっています。

  • Hibernate3対応になりました。
  • Hibernate3対応版はパッケージが org.seasar.hibernate3 になっています。  (Hibernate2用は、org.seasar.hibernateに残っています。)~

    ・org.hibernate.HibernateException が unchecked になったことに伴い,org.seasar.hibernate.HibernateRuntimeException を廃止しました.
    ・org.seasar.hibernate.HibernateRuntimeException の廃止に伴い,例外の変換を責務としていた org.seasar.hibernate.S2Session を廃止しました.
    ・org.seasar.hibernate.S2Session の廃止により,org.seasar.hibernate3.S2SessionFactory は org.hibernate.Session を返すように変更しました.
    ・org.seasar.hibernate3.interceptor.ReadOnlySessionInterceptor は org.hibernate.Session の flushMode を NEVER に設定するだけにしました.そして org.seasar.hibernate3.SessionFactoryImpl#beforeCompletion() では Session#getFlushMode() が NEVER の場合は Session#flush() を呼び出さないようにしました.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-06-23 (木) 23:30:00 (5321d)