Seasar 2.2.8

変更点

  • EJB コンテナ管理トランザクションの NotSupported に相当するトランザクション属性を提供する NotSupportedInterceptor を追加しました.
  • 例外発生時にトランザクションをコミットするかロールバックするかを指定できるようになりました.
  • 例外発生時に EJB コンテナ管理トランザクションと互換の動作をするインターセプタを定義した ebjtx.dicon を追加しました.
  • S2.1.8 以前と同じように,論理コネクションのクローズが呼ばれた際にログを出力するようにしました.
  • コネクションプールに allowLocalTx プロパティを追加しました.false にすると JTA トランザクションが開始されていない状態でコネクションを取得しようとすると例外がスローされます.デフォルトは true で従来と同じ動きをします.
  • S2TestCase にデフォルトコンストラクタを追加しました.

以下からダウンロードすることができます.

http://sourceforge.jp/projects/seasar/files/?release_id=14631#14631


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-05-11 (水) 00:00:00 (5568d)