SeasarJavadocProject

S2TestCase

2.0.22 反映済み
fileS2TestCase.java

#code(Java)<<EOF package org.seasar.extension.unit;

import java.io.File; import java.lang.reflect.Field; import java.lang.reflect.Method; import java.lang.reflect.Modifier; import java.sql.Connection; import java.sql.DatabaseMetaData; import java.util.ArrayList; import java.util.List; import java.util.Map;

import javax.sql.DataSource; import javax.transaction.TransactionManager;

import junit.framework.Assert; import junit.framework.TestCase;

import org.seasar.extension.dataset.ColumnType; import org.seasar.extension.dataset.DataReader; import org.seasar.extension.dataset.DataRow; import org.seasar.extension.dataset.DataSet; import org.seasar.extension.dataset.DataTable; import org.seasar.extension.dataset.DataWriter; import org.seasar.extension.dataset.impl.SqlDeleteTableWriter; import org.seasar.extension.dataset.impl.SqlReloadReader; import org.seasar.extension.dataset.impl.SqlReloadTableReader; import org.seasar.extension.dataset.impl.SqlTableReader; import org.seasar.extension.dataset.impl.SqlWriter; import org.seasar.extension.dataset.impl.XlsReader; import org.seasar.extension.dataset.impl.XlsWriter; import org.seasar.extension.dataset.types.ColumnTypes; import org.seasar.extension.jdbc.UpdateHandler; import org.seasar.extension.jdbc.impl.BasicUpdateHandler; import org.seasar.framework.container.ComponentDef; import org.seasar.framework.container.ContainerConstants; import org.seasar.framework.container.S2Container; import org.seasar.framework.container.factory.S2ContainerFactory; import org.seasar.framework.container.impl.S2ContainerImpl; import org.seasar.framework.exception.EmptyRuntimeException; import org.seasar.framework.exception.NoSuchMethodRuntimeException; import org.seasar.framework.util.ClassUtil; import org.seasar.framework.util.ConnectionUtil; import org.seasar.framework.util.DataSourceUtil; import org.seasar.framework.util.FieldUtil; import org.seasar.framework.util.FileOutputStreamUtil; import org.seasar.framework.util.MethodUtil; import org.seasar.framework.util.ResourceUtil; import org.seasar.framework.util.StringUtil;

/**

* <p>JUnitのTestCaseを拡張した、S2を使ったテストを楽しくおこなうための
* クラスです。</p>
*
* <p>各テストメソッドを実行する際には、以下の順番で処理をおこないます。
* テストメソッド名が関係する処理がありますので、ここではtestXxx()という
* テストメソッドを実行すると仮定します。</p>
*
* <ol>
* <li>S2Containerのインスタンスを作成します。</li>
* <li>setUp()を実行します。</li>
* <li>setUpXxxという名前のメソッドがあれば実行します。</li>
* <li>S2Containerを初期化します。</li>
* <li>"j2ee.dataSource"という名前のデータソースをコンテナから取得します。</li>
* <li>setUpAfterContainerInit()を実行します。</li>
* <li>フィールドにDIをおこないます。</li>
* <li>testXxx()を実行します。</li>
* <li>tearDownBeforeContainerDestroy()を実行します。</li>
* <li>データソースを開放します。</li>
* <li>S2Containerの終了処理をおこないます。</li>
* <li>tearDownXxx()という名前のメソッドがあれば実行します。</li>
* <li>tearDown()を実行します。</li>
* </ol>
*
* <p>setUp()内、またはsetUpXxx()内でinclude("j2ee.dicon")を行い、テスト
* メソッド名の最後に"Tx"と付けると、テストメソッドの実行前にトランザク
* ションを開始し、テストメソッドの終了後にトランザクションをロールバック
* します。DBのレコードを変更するようなテストの場合にこの機能を利用すると、
* クリーンアップ処理が不要になります。</p>
*
* @author higa
* @see junit.framework.TestCase
*/

public class S2TestCase extends TestCase {

   private static final String DATASOURCE_NAME = "j2ee"
           + ContainerConstants.NS_SEP + "dataSource";
   private S2Container container_;
   private DataSource dataSource_;
   private Connection connection_;
   private DatabaseMetaData dbMetaData_;
   private List bindedFields_;
   /**
    * <p>指定された名前でテストケースを作成します。</p>
    *
    * @param name テストケースの名前
    */
   public S2TestCase(String name) {
       super(name);
   }
   /**
    * <p>テストケースが保有するS2コンテナを取得します。</p>
    *
    * @return S2コンテナ
    */
   public S2Container getContainer() {
       return container_;
   }
   /**
    * <p>コンポーネント名を指定してS2コンテナからコンポーネントを取得
    * します。</p>
    * <p>指定した名前を持つコンポーネントが登録されていない場合はnullを
    * 返します。</p>
    *
    * @param componentName 取得するコンポーネント名
    * @return 指定した名前を持つコンポーネント
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#getComponent(java.lang.Object)
    */
   public Object getComponent(String componentName) {
       return container_.getComponent(componentName);
   }
   /**
    * <p>クラスを指定してS2コンテナからコンポーネントを取得します。</p>
    * <p>インターフェースを指定した場合はそのインターフェースを実装して
    * いるコンポーネント、クラスを指定した場合はそのクラスかそのクラスを
    * 親に持つ子クラスのコンポーネントを取得します。</p>
    * <p>指定したクラスのコンポーネントが登録されていない場合はnullを
    * 返します。</p>
    *
    * @param componentClass 取得するクラス
    * @return 指定したクラスのコンポーネント
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#getComponent(java.lang.Object)
    */
   public Object getComponent(Class componentClass) {
       return container_.getComponent(componentClass);
   }
   /**
    * <p>コンポーネント名を指定してS2コンテナからコンポーネント定義を
    * 取得します。</p>
    *
    * @param componentName 取得するコンポーネント名
    * @return 指定した名前を持つコンポーネント定義
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#getComponentDef(java.lang.Object)
    */
   public ComponentDef getComponentDef(String componentName) {
       return container_.getComponentDef(componentName);
   }
   /**
    * <p>クラスを指定してS2コンテナからコンポーネント定義を取得します。
    * </p>
    *
    * @param componentClass 取得するクラス
    * @return 指定したクラスのコンポーネント定義
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#getComponentDef(java.lang.Object)
    */
   public ComponentDef getComponentDef(Class componentClass) {
       return container_.getComponentDef(componentClass);
   }
   /**
    * <p>クラスをS2コンテナにコンポーネント定義として登録します。</p>
    *
    * @param componentClass コンポーネントのクラス
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#register(java.lang.Class)
    */
   public void register(Class componentClass) {
       container_.register(componentClass);
   }
   /**
    * <p>クラスをS2コンテナに名前付きコンポーネント定義として登録
    * します。</p>
    *
    * @param componentClass コンポーネントのクラス
    * @param componentName コンポーネントの名前
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#register(java.lang.Class, java.lang.String)
    */
   public void register(Class componentClass, String componentName) {
       container_.register(componentClass, componentName);
   }
   /**
    * <p>オブジェクトをS2コンテナにコンポーネントとして登録します。</p>
    * <p>キーはオブジェクトのクラスになります。</p>
    *
    * @param component コンポーネントとして登録するオブジェクト
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#register(java.lang.Object)
    */
   public void register(Object component) {
       container_.register(component);
   }
   /**
    * <p>オブジェクトをS2コンテナに名前付きコンポーネントとして登録
    * します。</p>
    *
    * @param component コンポーネントとして登録するオブジェクト
    * @param componentName コンポーネント名
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#register(java.lang.Object, java.lang.String)
    */
   public void register(Object component, String componentName) {
       container_.register(component, componentName);
   }
   /**
    * <p>S2コンテナにコンポーネント定義を登録します。</p>
    *
    * @param componentDef 登録するコンポーネント定義
    * @see org.seasar.framework.container.S2Container#register(org.seasar.framework.container.ComponentDef)
    */
   public void register(ComponentDef componentDef) {
       container_.register(componentDef);
   }
   /**
    * <p>設定ファイルのパスを指定して子コンテナをincludeします。</p>
    * <p>パスはCLASSPATHで指定されているディレクトリをルートとする
    * 設定ファイルの絶対パスか、ファイル名のみを指定します。</p>
    * <p>ファイル名のみの場合、テストケースと同じパッケージにあるもの
    * とします。</p>
    *
    * @param path 子コンテナの設定ファイルのパス
    */
   public void include(String path) {
       S2ContainerFactory.include(container_, convertPath(path));
   }
   private String convertPath(String path) {
       if (ResourceUtil.getResourceNoException(path) != null) {
           return path;
       } else {
           String prefix = getClass().getPackage().getName().replace('.', '/');
           return prefix + "/" + path;
       }
   }
   /**
    * <p>データソースを取得します。</p>
    *
    * @return データソース
    */
   public DataSource getDataSource() {
       if (dataSource_ == null) {
           throw new EmptyRuntimeException("dataSource");
       }
       return dataSource_;
   }
   /**
    * <p>データソースからコネクションを取得します。</p>
    *
    * @return データソースから取得したコネクション
    */
   public Connection getConnection() {
       if (connection_ != null) {
           return connection_;
       }
       connection_ = DataSourceUtil.getConnection(getDataSource());
       return connection_;
   }
   /**
    * <p>コネクションのデータベースメタデータを取得します。</p>
    *
    * @return コネクションのデータベースメタデータ
    */
   public DatabaseMetaData getDatabaseMetaData() {
       if (dbMetaData_ != null) {
           return dbMetaData_;
       }
       dbMetaData_ = ConnectionUtil.getMetaData(getConnection());
       return dbMetaData_;
   }
   /**
    * <p>Excelファイルを読み、DataSetを作成します。</p>
    * <p>シート名をテーブル名、一行目をカラム名、二行目以降をデータ
    * として読み込みます。</p>
    *
    * <p>パスはCLASSPATHで指定されているディレクトリをルートとする
    * 設定ファイルの絶対パスか、ファイル名のみを指定します。ファイル名
    * のみの場合、テストケースと同じパッケージにあるものとします。</p>
    *
    * @param path Excelファイルのパス
    * @return Excelファイルの内容から作成したDataSet
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.XlsReader#read()
    */
   public DataSet readXls(String path) {
       DataReader reader = new XlsReader(convertPath(path));
       return reader.read();
   }
   /**
    * <p>DataSetの内容から、Excelファイルを作成します。</p>
    * <p>シート名にテーブル名、一行目にカラム名、二行目以降にデータ
    * を書き込みます。</p>
    *
    * <p>パスはCLASSPATHで指定されているディレクトリをルートとする
    * 設定ファイルの絶対パスか、ファイル名のみを指定します。ファイル
    * 名のみの場合、テストケースと同じパッケージにあるものとします。</p>
    *
    * @param path Excelファイルのパス
    * @param dataSet Excelファイルに書き込む内容のDataSet
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.XlsWriter#write(DataSet)
    */
   public void writeXls(String path, DataSet dataSet) {
       File dir = ResourceUtil.getBuildDir(getClass());
       File file = new File(dir, convertPath(path));
       DataWriter writer = new XlsWriter(FileOutputStreamUtil.create(file));
       writer.write(dataSet);
   }
   /**
    * <p>DataSetをDBに書き込みます。</p>
    *
    * @param dataSet データベースに書き込む内容のDataSet
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlWriter#write(DataSet)
    */
   public void writeDb(DataSet dataSet) {
       DataWriter writer = new SqlWriter(getDataSource());
       writer.write(dataSet);
   }
   /**
    * <p>DBからレコードを読み込み、DataTableを作成します。</p>
    *
    * @param table 読み込むテーブル名
    * @return 読み込んだ内容から作成したDataTable
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlTableReader#read()
    */
   public DataTable readDbByTable(String table) {
       return readDbByTable(table, null);
   }
   /**
    * <p>DBからレコードを読み込み、DataTableを作成します。</p>
    * <p>読み込むレコードはconditionの条件を満たすレコードです。
    * conditionには" WHERE "より後ろをセットしてください。</p>
    *
    * @param table 読み込むテーブル名
    * @param condition 条件句(WHEREの後ろ)
    * @return 読み込んだ内容から作成したDataTable
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlTableReader#read()
    */
   public DataTable readDbByTable(String table, String condition) {
       SqlTableReader reader = new SqlTableReader(getDataSource());
       reader.setTable(table, condition);
       return reader.read();
   }
   /**
    * <p>DBからSQL文の実行結果を取得し、DataTableを作成します。</p>
    * <p>作成したDataTableのテーブル名はtableNameになります。</p>
    *
    * @param sql 実行するSQL文
    * @param tableName 作成するDataTableのテーブル名
    * @return 読み出した内容のDataTable
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlTableReader#read()
    */
   public DataTable readDbBySql(String sql, String tableName) {
       SqlTableReader reader = new SqlTableReader(getDataSource());
       reader.setSql(sql, tableName);
       return reader.read();
   }
   /**
    * <p>Excelファイルを読み込み、DBに書き込みます。</p>
    * <p>シート名をテーブル名、一行目をカラム名、二行目以降をデータ
    * として読み込みます。</p>
    *
    * <p>パスはCLASSPATHで指定されているディレクトリをルートとする
    * 設定ファイルの絶対パスか、ファイル名のみを指定します。ファイル名
    * のみの場合、テストケースと同じパッケージにあるものとします。</p>
    *
    * @param path Excelファイルのパス
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.XlsReader#read()
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlWriter#write(DataSet)
    */
   public void readXlsWriteDb(String path) {
       writeDb(readXls(path));
   }
   /**
    * <p>Excelファイルを読み込み、DBに書き込みます。</p>
    * <p>シート名をテーブル名、一行目をカラム名、二行目以降をデータ
    * として読み込みます。</p>
    *
    * <p>Excelの内容とDBのレコードとで主キーが一致するものがあれば、
    * そのレコードを削除した後に書き込みます。</p>
    *
    * <p>パスはCLASSPATHで指定されているディレクトリをルートとする
    * 設定ファイルの絶対パスか、ファイル名のみを指定します。ファイル名
    * のみの場合、テストケースと同じパッケージにあるものとします。</p>
    *
    * @param path Excelファイルのパス
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.XlsReader#read()
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlWriter#write(DataSet)
    */
   public void readXlsReplaceDb(String path) {
       DataSet dataSet = readXls(path);
       deleteDb(dataSet);
       writeDb(dataSet);
   }
   /**
    * <p>Excelファイルを読み込み、DBに書き込みます。</p>
    * <p>シート名をテーブル名、一行目をカラム名、二行目以降をデータ
    * として読み込みます。</p>
    *
    * <p>対象となるテーブルのレコードを全て削除した後に書き込みます。
    * </p>
    *
    * <p>パスはCLASSPATHで指定されているディレクトリをルートとする
    * 設定ファイルの絶対パスか、ファイル名のみを指定します。ファイル名
    * のみの場合、テストケースと同じパッケージにあるものとします。</p>
    *
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.XlsReader#read()
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlWriter#write(DataSet)
    */
   public void readXlsAllReplaceDb(String path) {
       DataSet dataSet = readXls(path);
       for (int i = dataSet.getTableSize() - 1; i >= 0; --i) {
           deleteTable(dataSet.getTable(i).getTableName());
       }
       writeDb(dataSet);
   }
   /**
    * <p>DataSetに対応するDBのレコードを読み込み、DataSetを作成します
    * 。</p>
    *
    * @param dataSet 対象DBに対応するDataSet
    * @return 最新状態のDataSet
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlReloadReader#read()
    */
   public DataSet reload(DataSet dataSet) {
       return new SqlReloadReader(getDataSource(), dataSet).read();
   }
   /**
    * <p>DataTableに対応するDBのレコードを読み込み、DataTableを作成
    * します。</p>
    *
    * @param table 対象DBに対応するDataTable
    * @return 最新状態のDataTable
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlReloadTableReader#read()
    */
   public DataTable reload(DataTable table) {
       return new SqlReloadTableReader(getDataSource(), table).read();
   }
   /**
    * <p>DataSetに対応するDBのレコードを削除します。</p>
    *
    * @param dataSet 対象DBに対応するDataSet
    * @see org.seasar.extension.dataset.impl.SqlDeleteTableWriter#write(DataTable)
    */
   public void deleteDb(DataSet dataSet) {
       SqlDeleteTableWriter writer = new SqlDeleteTableWriter(getDataSource());
       for (int i = dataSet.getTableSize() - 1; i >= 0; --i) {
           writer.write(dataSet.getTable(i));
       }
   }
   /**
    * <p>DBから指定するテーブルの全レコードを削除します。</p>
    *
    * @param tableName 削除対象のテーブル名
    */
   public void deleteTable(String tableName) {
       UpdateHandler handler = new BasicUpdateHandler(getDataSource(),
               "DELETE FROM " + tableName);
       handler.execute(null);
   }
   /**
    * <p>DataSet同士を比較します。</p>
    * <p>カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param expected 予測値
    * @param actual 実際値
    */
   public void assertEquals(DataSet expected, DataSet actual) {
       assertEquals(null, expected, actual);
   }
   /**
    * <p>DataSet同士を比較します。</p>
    * <p>カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param message assert失敗時のメッセージ
    * @param expected 予測値
    * @param actual 実際値
    */
   public void assertEquals(String message, DataSet expected, DataSet actual) {
       message = message == null ? "" : message;
       assertEquals(message + ":TableSize", expected.getTableSize(), actual
               .getTableSize());
       for (int i = 0; i < expected.getTableSize(); ++i) {
           assertEquals(message, expected.getTable(i), actual.getTable(i));
       }
   }
   /**
    * <p>DataTable同士を比較します。</p>
    * <p>カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param expected 予測値
    * @param actual 実際値
    */
   public void assertEquals(DataTable expected, DataTable actual) {
       assertEquals(null, expected, actual);
   }
   /**
    * </p>DataTable同士を比較します。</p>
    * <p>カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param message assert失敗時のメッセージ
    * @param expected 予測値
    * @param actual 実際値
    */
   public void assertEquals(String message, DataTable expected,
           DataTable actual) {
       message = message == null ? "" : message;
       assertEquals(message + ":RowSize", expected.getRowSize(), actual
               .getRowSize());
       for (int i = 0; i < expected.getRowSize(); ++i) {
           DataRow expectedRow = expected.getRow(i);
           DataRow actualRow = actual.getRow(i);
           for (int j = 0; j < expected.getColumnSize(); ++j) {
               String columnName = expected.getColumnName(j);
               Object expectedValue = expectedRow.getValue(columnName);
               ColumnType ct = ColumnTypes.getColumnType(expectedValue);
               Object actualValue = actualRow.getValue(columnName);
               if (!ct.equals(expectedValue, actualValue)) {
                   assertEquals(message + ":Row=" + i + ":columnName="
                           + columnName, expectedValue, actualValue);
               }
           }
       }
   }
   /**
    * <p>オブジェクトをDataSetと比較します。</p>
    * <p>オブジェクトは、Bean、Map、BeanのList、MapのListのいずれか
    * でなければなりません。</p>
    *
    * </p>Beanの場合はプロパティ名を、Mapの場合はキーをカラム名として
    * 比較します。<br>
    * カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param expected 予測値
    * @param actual 実際値
    */
   public void assertEquals(DataSet expected, Object actual) {
       assertEquals(null, expected, actual);
   }
   /**
    * <p>オブジェクトをDataSetと比較します。</p>
    * <p>オブジェクトは、Bean、Map、BeanのList、MapのListのいずれか
    * でなければなりません。</p>
    *
    * <p>Beanの場合はプロパティ名を、Mapの場合はキーをカラム名として
    * 比較します。<br>
    * カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param message assert失敗時のメッセージ
    * @param expected 予測値
    * @param actual 実際値
    */
   public void assertEquals(String message, DataSet expected, Object actual) {
       Assert.assertNotNull(expected);
       Assert.assertNotNull(actual);
       Class beanClass = null;
       if (actual instanceof List) {
           List actualList = (List) actual;
           Assert.assertFalse(actualList.isEmpty());
           Object actualItem = actualList.get(0);
           if (actualItem instanceof Map) {
               assertMapListEquals(message, expected, actualList);
           } else {
               assertBeanListEquals(message, expected, actualList);
           }
       } else {
           if (actual instanceof Map) {
               assertMapEquals(message, expected, (Map) actual);
           } else {
               assertBeanEquals(message, expected, actual);
           }
       }
   }
   /**
    * <p>MapをDataSetと比較します。</p>
    * <p>Mapのキーをカラム名として比較します。<br>
    * カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param message assert失敗時のメッセージ
    * @param expected 予測値
    * @param map 実際値
    */
   protected void assertMapEquals(String message, DataSet expected, Map map) {
       MapReader reader = new MapReader(map);
       assertEquals(message, expected, reader.read());
   }
   /**
    * <p>MapのListをDataSetと比較します。</p>
    * <p>Mapのキーをカラム名として比較します。<br>
    * カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param message assert失敗時のメッセージ
    * @param expected 予測値
    * @param list 実際値
    */
   protected void assertMapListEquals(String message, DataSet expected,
           List list) {
       MapListReader reader = new MapListReader(list);
       assertEquals(message, expected, reader.read());
   }
   /**
    * <p>BeanをDataSetと比較します。</p>
    * <p>Beanのプロパティ名をカラム名として比較します。<br>
    * カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param message assert失敗時のメッセージ
    * @param expected 予測値
    * @param bean 実際値
    */
   protected void assertBeanEquals(String message, DataSet expected,
           Object bean) {
       BeanReader reader = new BeanReader(bean);
       assertEquals(message, expected, reader.read());
   }
   /**
    * <p>BeanのListをDataSetと比較します。</p>
    * <p>Beanのプロパティ名をカラム名として比較します。<br>
    * カラムの並び順は比較に影響しません。<br>
    * 数値は全てBigDecimalとして比較します。</p>
    *
    * @param message assert失敗時のメッセージ
    * @param expected 予測値
    * @param list 実際値
    */
   protected void assertBeanListEquals(String message, DataSet expected,
           List list) {
       BeanListReader reader = new BeanListReader(list);
       assertEquals(message, expected, reader.read());
   }
   /* (Javadoc なし)
    * @see junit.framework.TestCase#runBare()
    */
   public void runBare() throws Throwable {
       container_ = new S2ContainerImpl();
       setUp();
       try {
           setUpForEachTestMethod();
           try {
               container_.init();
               try {
                   setupDataSource();
                   try {
                       setUpAfterContainerInit();
                       bindFields();
                       try {
                           runTestTx();
                       } finally {
                           unbindFields();
                       }
                       tearDownBeforeContainerDestroy();
                   } finally {
                       tearDownDataSource();
                   }
               } finally {
                   container_.destroy();
               }
           } finally {
               tearDownForEachTestMethod();
           }
       } finally {
           tearDown();
       }
   }
   /**
    * <p>コンテナ初期化後に実行されるセットアップメソッドです。</p>
    * <p>必要な場合にオーバーライドしてください。</p>
    *
    * @throws Throwable
    */
   protected void setUpAfterContainerInit() throws Throwable {
   }
   /**
    * <p>setup() 後に実行されるテストメソッドごとのセットアップ
    * メソッドです。</p>
    * <p>testXxx() というメソッドの場合、setUpXxx() という名前で
    * セットアップメソッドを作成しておくと、自動的に実行されます。</p>
    *
    * @throws Throwable
    */
   protected void setUpForEachTestMethod() throws Throwable {
       invoke("setUp" + getTargetName());
   }
   /**
    * <p>コンテナ終了処理前に実行される終了処理メソッドです。</p>
    * <p>必要な場合にオーバーライドしてください。</p>
    *
    * @throws Throwable
    */
   protected void tearDownBeforeContainerDestroy() throws Throwable {
   }
   /**
    * <p>tearDown() 前に実行されるテストメソッドごとの終了処理メソッド
    * です。</p>
    * <p>testXxx() というメソッドの場合、tearDownXxx() という名前で
    * 終了処理メソッドを作成しておくと、自動的に実行されます。</p>
    *
    * @throws Throwable
    */
   protected void tearDownForEachTestMethod() throws Throwable {
       invoke("tearDown" + getTargetName());
   }
   private String getTargetName() {
       return getName().substring(4);
   }
   private void invoke(String methodName) throws Throwable {
       try {
           Method method = ClassUtil.getMethod(getClass(), methodName, null);
           MethodUtil.invoke(method, this, null);
       } catch (NoSuchMethodRuntimeException ignore) {
       }
   }
   private void bindFields() throws Throwable {
       bindedFields_ = new ArrayList();
       for (Class clazz = getClass(); clazz != S2TestCase.class
               && clazz != null; clazz = clazz.getSuperclass()) {
           Field[] fields = clazz.getDeclaredFields();
           for (int i = 0; i < fields.length; ++i) {
               bindField(fields[i]);
           }
       }
   }
   private void bindField(Field field) {
       if (isAutoBindable(field)) {
           field.setAccessible(true);
           if (FieldUtil.get(field, this) != null) {
               return;
           }
           String name = normalizeName(field.getName());
           Object component = null;
           if (getContainer().hasComponentDef(name)
                   && field.getType().isAssignableFrom(
                           getComponentDef(name).getComponentClass())) {
               component = getComponent(name);
           } else if (getContainer().hasComponentDef(field.getType())) {
               component = getComponent(field.getType());
           }
           if (component != null) {
               FieldUtil.set(field, this, component);
               bindedFields_.add(field);
           }
       }
   }
   private String normalizeName(String name) {
       return StringUtil.replace(name, "_", "");
   }
   private boolean isAutoBindable(Field field) {
       int modifiers = field.getModifiers();
       return !Modifier.isStatic(modifiers) && !Modifier.isFinal(modifiers)
               && !field.getType().isPrimitive();
   }
   private void unbindFields() {
       for (int i = 0; i < bindedFields_.size(); ++i) {
           Field field = (Field) bindedFields_.get(i);
           try {
               field.set(this, null);
           } catch (IllegalArgumentException e) {
               System.err.println(e);
           } catch (IllegalAccessException e) {
               System.err.println(e);
           }
       }
   }
   private void runTestTx() throws Throwable {
       TransactionManager tm = null;
       if (needTransaction()) {
           try {
               tm = (TransactionManager) getComponent(TransactionManager.class);
               tm.begin();
           } catch (Throwable t) {
               System.err.println(t);
           }
       }
       try {
           runTest();
       } finally {
           if (tm != null) {
               tm.rollback();
           }
       }
   }
   private boolean needTransaction() {
       return getName().endsWith("Tx");
   }
   private void setupDataSource() {
       try {
           if (container_.hasComponentDef(DATASOURCE_NAME)) {
               dataSource_ = (DataSource) container_
                       .getComponent(DATASOURCE_NAME);
           } else if (container_.hasComponentDef(DataSource.class)) {
               dataSource_ = (DataSource) container_
                       .getComponent(DataSource.class);
           }
       } catch (Throwable t) {
           System.err.println(t);
       }
   }
   private void tearDownDataSource() {
       dbMetaData_ = null;
       if (connection_ != null) {
           ConnectionUtil.close(connection_);
           connection_ = null;
       }
       dataSource_ = null;
   }

} EOF


添付ファイル: fileS2TestCase.java 1446件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-11-11 (木) 00:00:00 (5459d)