[CUBBY-86] 内部フォワードのパスを整理する Created: 31/Jan/08  Updated: 05/Jul/09  Resolved: 01/Feb/08

Status: Closed
Project: Cubby
Component/s: Core
Affects Version/s: None
Fix Version/s: 1.0.0-RC2

Type: Improvement Priority: Major
Reporter: baba Assignee: baba
Resolution: Fixed Votes: 0
Labels: None


 Description   

内部フォワード時のパスを整理したいと思います。

現状は
RequestRoutingFilterでリクエストの属性にアクションのクラス名を設定し、

/アクションのコンポーネント名/アクションのメソッド名

へフォワードします。
org.seasar.cubby.examples.FooAction#bar() を起動するならこんな感じ

/fooAction/bar

リクエストにアクションのクラス名を設定しているのは、convention.diconに複数のルートパッケージが指定されたとき、両方に同じ名前のアクションがあったときにコンポーネント名だけだとどちらのアクションか判断できないのを回避するために入れた対応だったので、ちょっと無駄な感じです。

なので、

/適当なプレフィクス/アクションのクラス名/アクションのメソッド名

へフォワードするように変更します。
上の例だとこんな感じ

/__internal_forward/org.seasar.cubby.examples.FooAction/bar



 Comments   
Comment by baba [ 01/Feb/08 ]

対応しました

Generated at Tue Oct 22 04:48:04 JST 2019 using JIRA 7.9.2#79002-sha1:3bb15b68ecd99a30eb364c4c1a393359bcad6278.