[CUBBY-194] Seasar2へ依存する部分を分離する Created: 17/Nov/08  Updated: 24/Aug/09  Resolved: 22/Feb/09

Status: Closed
Project: Cubby
Component/s: Core
Affects Version/s: None
Fix Version/s: 2.0.0-beta1

Type: New Feature Priority: Major
Reporter: baba Assignee: baba
Resolution: Fixed Votes: 0
Labels: None


 Comments   
Comment by baba [ 02/Dec/08 ]
  • ログ出力に s2-container の Logger を使用していたところを slf4j を使用するように変更
  • AOPでアクションの初期化、バリデーションを実行するのではなく、拡張ポイントを作ってプラグイン形式で処理を追加する。
    org.seasar.cubby.handler のクラス群
Comment by baba [ 22/Feb/09 ]

ドキュメントは CUBBY-208

Generated at Tue Jun 22 01:00:48 JST 2021 using JIRA 7.9.2#79002-sha1:3bb15b68ecd99a30eb364c4c1a393359bcad6278.