[CONTAINER-90] RemoveSessionInterceptor は,ドキュメントでは対象のメソッドが正常に終了した場合のみセッションから属性を削除することになっているが,実際には例外が発生した場合でも属性を削除してしまっていたのを修正しました. Created: 11/Sep/07  Updated: 11/Sep/07  Resolved: 11/Sep/07

Status: Resolved
Project: S2Container
Component/s: S2Container
Affects Version/s: 2.4.17
Fix Version/s: 2.4.18-rc1

Type: Bug Priority: Major
Reporter: koichik Assignee: koichik
Resolution: Fixed Votes: 0
Labels: None


 Description   

RemoveSessionInterceptor は,ドキュメントでは対象のメソッドが正常に終了した場合のみセッションから属性を削除することになっているが,実際には例外が発生した場合でも属性を削除してしまっている.
ドキュメントに合わせて,例外が発生しなかった場合のみセッションから属性を削除するようにする.



 Comments   
Comment by koichik [ 11/Sep/07 ]

対応しました.
http://svn.seasar.org/browse/?view=rev&root=s2container&revision=2769

Generated at Fri Dec 13 18:55:03 JST 2019 using JIRA 7.9.2#79002-sha1:3bb15b68ecd99a30eb364c4c1a393359bcad6278.