[CONTAINER-303] Migrateタスクでバージョン番号を明示的に指定することなく1つ前のバージョンに戻れるようにしました。 Created: 15/Nov/08  Updated: 15/Nov/08  Resolved: 15/Nov/08

Status: Resolved
Project: S2Container
Component/s: S2JDBC-Gen
Affects Version/s: S2JDBC-Gen 0.9.3
Fix Version/s: S2JDBC-Gen 0.9.4

Type: Improvement Priority: Major
Reporter: taedium Assignee: taedium
Resolution: Fixed Votes: 0
Labels: None


 Comments   
Comment by taedium [ 15/Nov/08 ]

これまで、DBスキーマのバージョンが11の場合、1つ前のバージョンに戻りたいときはバージョン番号10を指定する必要がありましたが、

 <migrate
  version="10"
  ...
/>

この対応により"previous"を指定することで、自動で1つ前のバージョン番号が適用されるようになります。

 
<migrate
  version="previous"
  ...
/>
  • 使い方その1
     
    <target name="migrate">
      <migrate
        version="${version}"
        ...
      />
    </target>
    
     ant migrate -Dversion=previous
  • 使い方その2 (この定義をDoltengで生成する予定)
     
    <target name="rollback">
      <migrate
        version="previous"
        ...
      />
    </target>
    
     ant rollback
Generated at Mon Mar 08 15:17:33 JST 2021 using JIRA 7.9.2#79002-sha1:3bb15b68ecd99a30eb364c4c1a393359bcad6278.