//#contents
* コミッタ初心者 [#j2da8e40]

 本情報は古いです。現在は各コミッタに確認を。

- コミッタになったばかりの人は自分の作ったソースをコミットして行くだけでOK!
- 変更内容はJIRA(https://www.seasar.org/issues/)に上げよう。
//- 変更内容はJIRA(https://www.seasar.org/issues/)に上げよう。
- コミッタの人はわからないことがあれば、Seasar-dev MLへ(ユーザの方はSeasar-user MLへ)
- 自分のソースをちょっとづつコミットして流れに慣れよう。
* バージョンアップ・ドキュメント更新時にする事 [#j37423b7]

- SVNのタグ付けする(例:VERSION-1_1_1)
- zipにして、SVNにアップ
-- SVNのwwwモジュールにドキュメントをコミット
-- https://www.seasar.org/members/ からログインし、公開の操作を行う
- Maven リモートリポジトリにデプロイする
-- Mavenリポジトリを利用しているプロダクトのみ
-- mvn clean deploy
- MLにリリース通知を流す
- 自分のblogにリリース通知を書く
- SeasarWikiのWhat's Newにリリース通知を書く

- Seasar Project のリリース履歴に書く (nobody さん?)

* SourceForge.jpへファイルをアップロードする方法 [#z983d315]
 本情報は古いです。現在は使用していません。

必要なもの
-WinSCP(http://winscp.net/)
-秘密鍵(PuttyGen, OpenSSH等で作成したもの)
-SourceForgeのSeasarプロジェクトの開発メンバーである事
-公開鍵をSourceForge.jpのアカウント管理画面から登録していること([[詳細>http://sourceforge.jp/projects/sourceforge/document/ssh_pubkeys/ja/1/ssh_pubkeys.]])

接続設定の画面で、左側のツリーからSessionを選択
-Host nameに shell.sourceforge.jp
-User nameに SourceForgeのユーザ名
-Private key file にプライベート鍵のファイルを指定

Loginボタンをクリックするとパスワードを聞かれるので鍵のパスワードを入力する。

Seasarプロジェクトのルートディレクトは
/home/groups/s/se/seasar

#OpenSSHで作ったprivate keyを使うためには、PuttyGenで変換する必要があるようです。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS