#contents

*Maven2レポジトリを利用する [#naf5d2f8]

このページには、seasar.orgのMaven2レポジトリから配布されているSeasarプロダクトを利用するための情報を記述します。

その他のMaven情報については [[MavenInformation]] を参照してください。

**リモートレポジトリ [#o3f8888d]

プロジェクトのpom.xmlへリモートレポジトリを設定します。

- release プロダクトのみを使用する例

 <repositories>
   <repository>
     <id>maven.seasar.org</id>
     <name>The Seasar Foundation Maven Repository</name>
     <url>http://maven.seasar.org/maven2</url>
     <snapshots>
       <enabled>false</enabled>
     </snapshots>
   </repository>
 </repositories>

- release と snapshots の両方を使用する例
-- snapshots リポジトリの updatePolicy に always を指定することで常に最新の SNAPSHOT を取得します。
-- updatePolicy: This element specifies how often updates should attempt to occur. Maven will compare the local POM's timestamp (stored in a repository's maven-metadata file) to the remote. The choices are: always, daily (default), interval:X (where X is an integer in minutes) or never.

 <repositories>
   <repository>
     <id>maven.seasar.org</id>
     <name>The Seasar Foundation Maven Repository</name>
     <url>http://maven.seasar.org/maven2</url>
     <snapshots>
       <enabled>false</enabled>
     </snapshots>
   </repository>
   <repository>
     <id>maven-snapshot.seasar.org</id>
     <name>The Seasar Foundation Maven Snapshot Repository</name>
     <url>http://maven.seasar.org/maven2-snapshot</url>
     <releases>
       <enabled>false</enabled>
     </releases>
     <snapshots>
       <enabled>true</enabled>
       <updatePolicy>always</updatePolicy>
     </snapshots>
   </repository>
 </repositories>
**dependency [#ddee1eb7]

利用するSeasarプロダクトをdependencyへ記述します。

下記は S2Container を利用する場合の設定例です。

 <dependencies>
   [...]
   <dependency>
     <groupId>org.seasar.container</groupId>
     <artifactId>s2-framework</artifactId>
     <version>使用したいバージョン(例: 2.4.46)</version>
   </dependency>
   <dependency>
     <groupId>org.seasar.container</groupId>
     <artifactId>s2-extension</artifactId>
     <version>使用したいバージョン(例: 2.4.46)</version>
   </dependency>
   <dependency>
     <groupId>org.seasar.container</groupId>
     <artifactId>s2-tiger</artifactId>
     <version>使用したいバージョン(例: 2.4.46)</version>
   </dependency>
   [...]
 </dependencies>
**groupId, artifactId [#e2834226]

dependencyへ記述する、groupIdとartifactIdの一覧です。

|''groupId''|''artifactId''|''依存先''|
|org.seasar.container|s2-framework||
|org.seasar.container|s2-extension|s2-framework|
|org.seasar.container|s2-tiger|s2-extension|
|org.seasar.container|s2jdbc-gen|s2-tiger|
|org.seasar.container|s2-backport175|s2-extension|
|org.seasar.dao|s2-dao|s2-extension|
|org.seasar.dao|s2-dao-tiger|s2-dao|
|org.seasar.dao|s2-dao-backport175|s2-dao|
|org.seasar.directory|s2-directory|s2-extension|
|org.seasar.directory|s2-directory-tiger|s2-directory|
|org.seasar.jsf|s2-jsf|s2-extension|
|org.seasar.teeda|teeda-core|s2-extension|
|org.seasar.teeda|teeda-extension|teeda-core|
|org.seasar.security|s2-ana-core|s2-extension|
|org.seasar.security|s2-ana-provider-webcontainer|s2-ana-core|
|org.seasar.struts|s2-struts|s2-extension|
|org.seasar.struts|s2-struts-tiger|s2-struts|
|org.seasar.struts|s2-struts-backport175|s2-struts|
|org.seasar.dao-codegen|codegen-lib|s2-dao-tiger|
|org.seasar.coffee|s2-coffee|s2-extension|
|org.seasar.velocity|s2-velocity|s2-framework|
|org.seasar.hibernate|s2hibernate-jpa|s2-tiger|
|org.seasar.toplink|s2toplink-jpa|s2-tiger|
|org.seasar.kuina|kuina-dao|s2-tiger|
|org.seasar.wicket|s2wicket|s2-framework|
|org.seasar.openjpa|s2openjpa|s2-tiger|
|org.seasar.eclipselink|s2eclipselink-jpa|s2-tiger|
|org.seasar.aptina|aptina-commons||
|org.seasar.aptina|aptina-unit|aptina-commons|
|org.seasar.aptina|aptina-beans|aptina-commons|
|org.seasar.doma|doma||
|org.seasar.doma|doma-gen||
|org.seasar.junitcdi|junitcdi-core||
|org.seasar.junitcdi|junitcdi-easymock|junitcdi-core|
|org.seasar.junitcdi|junitcdi-jta|junitcdi-core|
|org.seasar.junitcdi|junitcdi-validation|junitcdi-core|

Maven2では依存先を自動的に解決しますので、s2-extensionを記述すればs2-frameworkを記述する必要はありません。

**IDEでソースコードをアタッチする [#ud63c854]

一部プロダクトはソースコードのみを含むjarファイルも提供しています。

例: s2-framework-2.3.5.jar のソースコードを含む s2-framework-2.3.5-sources.jar など。

Eclipseをお使いの場合は

 mvn -Declipse.downloadSources=true eclipse:eclipse

とすることで、生成した .classpath にアタッチ設定を含めることができます。

*TODO [#yfe3e2f0]

artifact一覧を作成する必要があるような...

*コメント [#i5e7da1b]
-artifact一覧って? -- [[Skirnir]] &new{2005-11-16 13:07:38 (水)};
-Seasarプロダクトの、artifactIdとgroupIdの一覧です。Maven2利用者向けに。 -- [[manhole]] &new{2005-11-16 13:35:52 (水)};
-artifact一覧を書き出しました。順次追記します。 -- [[manhole]] &new{2005-12-04 13:44:50 (日)};
-「http://maven.seasar.org/maven2」のurlだと、「s2-dao」や「s2-jsf」が存在しないエラーが発生します -- [[anon]] &new{2005-12-12 13:12:46 (月)};
- s2-ana-provider-webcontainerの依存先は、s2-ana-coreでは? --  &new{2006-11-07 (火) 13:26:30};
- sonatype nexusを使ってmaven.seasar.orgのproxy repositoryを作ろうとすると、scraping出来ないというエラーが出てアクセスできません。prefix fileが無いから? --  &new{2015-05-22 (金) 00:15:31};

#comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS