* 2013-10-07: 要望があったリポジトリの移行完了 [#eb87fa04]

&color(#ff0000){2013-10-07: 期限までに要望があったリポジトリは [[GitHub>https://github.com/seasarorg]] へ移行しました。};

* 2013-10-09: 要望が無かったリポジトリについて [#x3c9bf5b]

基本的に既存リポジトリのままで移行しました。Subversion と Git の特性の違い、リポジトリ構成が特殊になっていたかどうかのチェックはしていません。そのため、申し訳ありませんが、上手く移行できていないものもあるかもしれません。

この処理で移行された GitHub のリポジトリページには、下記の文言が設定されています。

&color(#ff0000){(This repository was migrated from SVN automatically. If you want to migrate again with other option, please contact the administrator of seasar.org.)};

移行されたリポジトリの内容に問題がないようであれば、上記の文言を削除して使用して構いません。

後日、やっぱり要望して移行し直して欲しい場合は[[Committer ML>https://ml.seasar.org/mailman/listinfo/seasar-committer]] or [[Operation ML>https://ml.seasar.org/mailman/listinfo/operation]] or jfut までお知らせください。Team の権限は付与してありますので自分で移行し直すことも可能です。

移行に使用した設定ファイルは下記にあります。

- [[移行に使用した設定ファイル一覧>https://github.com/seasarorg/server-util/tree/master/migrate-svn-to-git/conf]]

* プロジェクト単位: Git リポジトリレイアウトの移行要望[#top]

&color(#ff0000){GitHub アカウントの登録は[[こちら!>GitMigration#n0e00c79]] (Twitter で一部案内するリンクを間違えました。すいません。)};

Git リポジトリレイアウトの移行要望ページです。Subversion と Git ではリポジトリレイアウトの標準構成・特性が異なるため、変換作業が必要になります。

この内容に関して質問や足りない内容があれば、[[Seasar Committer ML>https://ml.seasar.org/mailman/listinfo/seasar-committer]] までメールをお送りください。(ふたがわ (jfut))

#contents

* 移行作業要望 [#w69cf770]

&color(#ff0000){要望期限: %%2013-09-30(月)%%}; まだ間に合います!

移行作業を要望をされた場合、2013-10-07 (予定) 以降の移行期間に要望に応じてリポジトリを移行します。

移行期間中に記入していただいた内容は、随時テストリポジトリを作成し、[[Seasar Committer ML>https://ml.seasar.org/mailman/listinfo/seasar-committer]] へ作成した旨のメールを送ります。テストリポジトリの結果が気に入らない場合は再度、要望の内容を修正してください。
** フォーマット [#k0d79bf8]

下記のフォーマットで記載してください。
このフォーマットで表現しきれない、こういう風にしたいけどどうしたら良い判らない場合は、[[Seasar Committer ML>https://ml.seasar.org/mailman/listinfo/seasar-committer]] に相談してください。

3, 4 のフォーマットを指定していただいた場合は、変換スクリプトで処理します。

- [[変換スクリプト>https://github.com/seasarorg/server-util/tree/master/migrate-svn-to-git]]

*** 1. プロジェクトコミッタ本人が自分で移行するフォーマット [#l10dde32]

自分で移行する場合のフォーマットは次のとおりです。

 committer-name: あなたの Seasar.org のアカウント名 (https://www.seasar.org/members/committer/)
 自分で移行します。

この場合、現在のコミッタ情報に応じてプロジェクトのチームメンバーを作成し、仮にリポジトリを 1 つ作成してチームに管理権限を付与します。このリポジトリに対して現在の Subversion リポジトリの内容を移行してください。複数リポジトリを利用したい場合は別途リポジトリを作成できますので、作成して移行してください。

&color(#000,#bdf){他のプロジェクトのリポジトリと混同しないよう、「プロジェクト名-用途名」といった命名規則でリポジトリ名を作成するようにご協力ください。};

*** 2. 移行作業者に任せる要望フォーマット [#s2c88a14]

移行作業者にすべてを任せる場合のフォーマットは次のとおりです。
どのような移行結果でも良い、もしくは、どのように移行するのが適切か判らない場合はこの指定で構いません。

 committer-name: あなたの Seasar.org のアカウント名 (https://www.seasar.org/members/committer/)
 おまかせ

テストリポジトリを作成しますので必ずその内容で良いか確認してください。

おまかせにした場合、[[シンプルな例>#format-simple]]をベースにリポジトリに合った構成で移行します。おまかせしつつ、例えば、ファイルを除外したいなどの要望があれば、その旨を文章で書いていただいて構いません。

*** 3. 典型的な要望フォーマット [#t9553f2f]

典型的な要望フォーマットは次のとおりです。'^trunk/www' は、'^trunk/www/' と指定すると、空の trunk/www ディレクトリが残り、そこへ .gitkeep ファイルが作成されてしまいますので注意してください。

 committer-name: yourname
 name: projectname
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/projectname/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www'

この指定は次の内容になります。

- 最小フォーマットによる移行結果
-- GitHub に projectname という名前のリポジトリを作成します。
-- SVN の移行元は https://www.seasar.org/svn/projectname/ です。
-- SVN の trunk が Git の master になります。
-- SVN の branches が Git の branches になります。
-- SVN の tags が Git の branches になります。
-- SVN へコミットしたすべてのファイルを Git へ移行します。除外するファイルは何もありません。
-- Git へ移行時にコミットログに自動的に付与される SVN のコミット ID を削除しません。
--- コミットID の例: git-svn-id: https://www.seasar.org/svn/teeda/branches/teeda-1.0.13@4313 e0972215-f904-0410-97d3-99f68b247671
-- SVN に空のコミットメッセージがあった場合、そのまま移行し、文字列の置換処理をしません。
-- SVN に設定されていた svn:ignore の内容を .gitignore ファイルを作成して置き換えます。このファイルはプロジェクトリーダの Author 情報で移行した Git へコミットします。
-- SVN 特有の tags のスタイルを Git に適した tags のスタイルに変換します。
-- 変更点がない空のコミットがあった場合にそのコミットを取り除きます。
*** 4. すべてのオプションを指定したフォーマット [#ka9e4ca2]

すべてのオプションを指定したフォーマットです。移行準備期間中の要望に応じて項目が増える場合があります。

 committer-name: yourname
 name: projectname
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/projectname/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.remove-git-svn-id: 1
 option.replace-empty-commit-messages: 1
 option.replace-empty-commit-messages.string: '<empty commit message>'
 option.migrate-branches: name-1.x,name-2.x
 option.migrate-tags: 1.0,1.1,2.0
 option.no-convert-ignore-file: 1
 option.no-convert-empty-directory: 1
 option.no-convert-git-style-tag: 1
 option.no-prune-empty: 1
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

各項目の意味は次の「フォーマットに指定できる設定一覧」のとおりです。
** フォーマットに指定できる設定一覧 [#s91bee3a]

フォーマットに指定できる設定は下記のとおりです。

,項目名,意味,必須項目,デフォルト値
,committer-name,[[あなたの Seasar.org のアカウント名>https://www.seasar.org/members/committer/]]を指定してください。どなたが要望を書いたかを把握するためだけで、移行作業には影響しません。,Y,
,name,GitHub に作成する希望リポジトリ名,Y,
,svnroot,Git に移行する SVN のルートディレクトリ,Y,
,trunk,Git の master ブランチ(SVN における trunk)にする svnroot からみたパスを指定します。,,trunk
,tags,Git の tag にする svnroot からみた tags があるパスを指定。指定された tag は Git 風のタグに変換します。複数指定することができます。,,tags
,branches,Git の branches にする svnroot からみた branches があるパスを指定します。複数指定することができます。,,branches
,ignore-paths,移行時に除外したいファイルの正規表現を指定します。,,
,option.remove-git-svn-id,移行時にコミットログに付与される SVN のコミット ID を削除したい場合に指定します。,,0
,option.replace-empty-commit-messages,空のコミットメッセージがあった場合、特定の文字列に置換したい場合に指定します。Git では空コミットメッセージは許容されません。option.remove-git-svn-id に 1 を指定しないと空のコミットメッセージはできません。0: 置換しない、1: 置換する。,,0
,option.replace-empty-commit-messages.string,空のコミットメッセージがあった場合に置換する文字列を指定します。,,'<empty commit message>'
,option.migrate-branches,指定した branch のみを移行したい場合に指定します。指定がない場合は、branches で指定されたディレクトリ以下のすべての branch を移行します。,,
,option.migrate-tags,指定した tags のみを移行したい場合に指定します。指定がない場合は、tags で指定されたディレクトリ以下のすべての tag を移行します。,,
,option.no-convert-ignore-file,svn:ignore から .gitignore ファイルを作成して欲しくない場合に指定します。0: 作成する 1: 作成しない。,,0
,option.no-convert-empty-directory,空のディレクトリに .gitkeep ファイルを作成して欲しくない場合に指定します。0: 作成する 1: 作成しない。,,0
,option.no-convert-git-style-tag,SVN 特有の tags のスタイルを Git に適した tags のスタイルに変換したくない場合に指定します。1 を指定した場合、tag 用のブランチが切られた先に tag が付与されます。,,0
,option.no-prune-empty,変更点がない空のコミットを取り除きたくない場合に指定します。ignore-paths の指定により空のコミットが出来ることがあります。,,0
,option.no-migrate-branches,branches を移行しない(push しない)場合に指定します。0: 移行する 1: 移行しない。,,0
,option.no-migrate-tags,tags を移行しない(push しない)場合に指定します。0: 移行する 1: 移行しない。,,0
** 要望記入例と実行例 [#k4821270]

要望記入例と実行例です。

*** シンプルな例 [#format-simple]

この例は最もシンプルな例です。

- ソース用リポジトリ
-- [[実行結果>https://github.com/seasarorg/sample-doma]] (準備中)

ソース用リポジトリから使用していないサイトコンテンツを除外するために、ignore-paths を指定しています。

 committer-name: jfut
 name: doma
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/doma/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www'

例にした Doma プロジェクトでは、プロジェクトサイトを trunk/www にコミットせず、Maven を利用してデプロイしているため、SVN リポジトリ内に zip や jar ファイルのリリースファイルがありません。Git では git clone すると過去のリリースファイルもすべてダウンロードするため、trunk/www でサイトコンテンツを管理していた場合、別リポジトリに分けた方が良いケースもあります。これは好みの問題でもあるため、自由に選択してください。

- 参考: [[プロジェクトサイトの管理方法>Committer/ProjectSite]]

*** tags の扱いが特殊な例 [#format-tag]

この例は、tags の扱いが特殊な例です。
また、ソース用リポジトリとサイト用リポジトリを分けています。

- ソース用リポジトリ
-- [[実行結果>https://github.com/seasarorg/sample-s2directory]]

SVN での tags の付与の仕方が s2directory, s2directory-tiger といったディレクトリの下にバージョンのディレクトリを作成してしまっていたため、そのままでは Git のタグに移行できません。そこで、s2directory 配下のバージョンのみを tag として扱うように指定しています。なお、s2directory-tiger 以下にあったタグ情報は使わずに無視しています。

また、ignore-paths に trunk/www に加えて、拡張子 .jar .war. .zip のファイルを除外するように指定しています。
この指定は、例えば過去に lib フォルダに依存ライブラリを置いていたものの、現在では Maven を利用するようになりそれらのファイルを使っていない場合に、過去のコミットからも依存ファイルを削除することで移行後のリポジトリサイズを小さくすることができます。

 committer-name: jfut
 name: s2directory
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2directory/
 trunk: trunk
 tags: tags/s2directory \
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www|\.jar$|\.war$|\.zip$'

- サイト用リポジトリ
-- [[実行結果>https://github.com/seasarorg/sample-s2directory-www]]

trunk/www に対する SVN の tags は存在しないため、単純に trunk/www の中身が入ったリポジトリが作成されます。

 committer-name: jfut
 name: s2directory-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2directory/
 trunk: trunk/www

*** 特定の branch を master にする例 [#format-branch]

この例は、SVN の trunk ではなく、特定の branch を Git の master にして移行する例です。
また、ソース用リポジトリとサイト用リポジトリを分けています。

- ソース用リポジトリ
-- [[実行結果>https://github.com/seasarorg/sample-teeda]]

この例は、branches/teeda-1.0.13 を git の master にする例です。
過去に trunk/www でサイトコンテンツを管理していましたが、現在では Maven で管理しているためサイト用リポジトリは作成せず、また、過去のサイトコンテンツも移行しない指定をしています。

 committer-name: jfut
 name: teeda
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/teeda/
 trunk: branches/teeda-1.0.13
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^(?!branches/.*|trunk/.*)|^trunk/www|^tags/.*' \
 option.migrate-branches: teeda-1.0.11,teeda-1.0.12
 option.no-migrate-tags: 1

* [記入欄] プロジェクト単位: Git リポジトリレイアウト要望 (要望期限: 2013-09-30(月)) [#e7c96ea2]

このページを直接「編集」して、ここにプロジェクトごとの移行作業要望を書いてください。記入後、順次、テストリポジトリを作成しますので確認してください。

使用した設定フォーマットは随時下記へコミットしてあります。

- https://github.com/seasarorg/server-util/tree/master/migrate-svn-to-git/conf
** 2013-09-18 更新: S2Directory [#od639d09]
** 2013-10-20 更新: S2Directory [#od639d09]

- ソース用リポジトリ

 committer-name: jfut
 name: s2directory
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2directory/
 trunk: trunk
 tags: tags/s2directory
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-branches: 1

- サイト用リポジトリ

 committer-name: jfut
 name: s2directory-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2directory/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-16 更新: Doma [#kaeb8bee]

- ソース用リポジトリ: doma
-- 2013-09-16 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-doma3

 committer-name: taedium
 name: doma
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/doma/
 ignore-paths: '(^(?!branches/.*|trunk/doma/.*|trunk/doma-it/.*)|(\.jar|\.war|\.zip)$)'

- ソース用リポジトリ: doma-gen
-- 2013-09-16 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-doma-gen3

 committer-name: taedium
 name: doma-gen
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/doma/
 ignore-paths: '(^(?!branches/.*|trunk/doma-gen/.*|trunk/doma-gen-it/.*)|(\.jar|\.war|\.zip)$)'

- ソース用リポジトリ: doma-samples
-- 2013-09-16 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-doma-samples3

 committer-name: taedium
 name: doma-samples
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/doma/
 ignore-paths: '(^(?!branches/.*|trunk/doma-tutorial/.*|trunk/doma-jpetstore/.*)|(\.jar|\.war|\.zip)$)'

- ソース用リポジトリ: doma-tools
-- 2013-09-16 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-doma-tools3

 committer-name: taedium
 name: doma-tools
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/doma/
 ignore-paths: '(^(?!branches/.*|trunk/org.seasar.doma.extension.domax/.*|trunk/org.seasar.doma.extension.feature/.*|trunk/org.seasar.doma.extension.updatesite/.*)|(\.jar|\.war|\.zip)$)'
** 2013-09-19 更新: Mayaa [#d2fbba21]

- ソース
-- 2013-09-18 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-mayaa2

 committer-name: suga
 name: mayaa
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/mayaa
 trunk: trunk/mayaa
 tags: tags/mayaa
 option.no-migrate-branches: 1

- サイト (2013-09-19 修正)
-- 2013-09-20 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-mayaa-www4

 committer-name: suga
 name: mayaa-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/mayaa
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1
 ignore-paths: '(\.war|\.zip|\.jar)$'

- matatabi  (2013-09-19 修正)
-- 2013-09-18 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-mayaa-matatabi3

 committer-name: suga
 name: mayaa-matatabi
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/mayaa
 trunk: trunk/matatabi
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

- webwork2
-- 2013-09-18 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-mayaa-webwork22

 committer-name: suga
 name: mayaa-webwork2
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/mayaa
 trunk: trunk/mayaa-webwork2
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

- struts2
-- 2013-09-18 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-mayaa-struts22

 committer-name: suga
 name: mayaa-struts2
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/mayaa
 trunk: trunk/struts2-mayaa-plugin
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

※テスト、サンプルは移行後にmayaaにコミットする想定
** 2013-09-19 更新: Server [#i1c7f315]

- サイト
-- 2013-09-19 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-server-www1

 committer-name: jfut
 name: server-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/server/
 trunk: trunk/www
** 2013-09-19 更新: www [#v7ab9c51]

- サイト
-- 2013-09-19 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-www1

 committer-name: jfut
 name: www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/www/
 trunk: www
** 2013-10-13 更新: S2Container [#da292ad1]

- seasar2
-- 2013-09-23 jfut: エラー対処のため ignore-paths へ |^branches) を追加
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-seasar2-1
-- 2013-09-25 jfut: エラー対処のため ignore-paths の ^branches の位置を変更
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-seasar2-2
-- 2013-10-13 koichik: seasar2-tutorialを除外するためignore-paths修正
-- 2013-10-13 jfut: 移行し直しました: https://github.com/seasarorg/seasar2

 committer-name: koichik
 name: seasar2
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2container/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/(?!s2-tiger|s2jdbc-gen|s2jdbc-it|s2jdbc-tutorial|seasar2)|^trunk/seasar2-tutorial|^branches'
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- s2-backport175
-- 2013-09-23 jfut: エラー対処のため ignore-paths へ |^branches) を追加
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2-backport175-1
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2-backport175-2

 committer-name: koichik
 name: s2-backport175
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2container/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/(?!s2-backport175)|^branches'
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- diigu
-- 2013-09-23 jfut: エラー対処のため ignore-paths へ |^branches) を追加
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-diigu-1
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-diigu-2
-- 2013-09-26 koichik: ディレクトリ階層を一つあげるためtrunkを修正
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-diigu-3

 committer-name: koichik
 name: diigu
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2container/
 trunk: trunk/diigu
 ignore-paths: '^trunk/(?!diigu)|^branches'
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- ognl
-- 2013-09-23 jfut: エラー対処のため ignore-paths へ |^branches) を追加
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-ognl-1
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-ognl-2

 committer-name: koichik
 name: ognl
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2container/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/(?!ognl)|^branches'
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-29 更新: Teeda [#o271a398]

- teeda
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成。: https://github.com/seasarorg/test-teeda-1
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成。: https://github.com/seasarorg/test-teeda-2
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成。: https://github.com/seasarorg/test-teeda-3
-- 2013-09-29 koichik: ignore-paths削除
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成。: https://github.com/seasarorg/test-teeda-4

 committer-name: koichik
 name: teeda
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/teeda/
 trunk: branches/teeda-1.0.13
 branches: branches
 option.migrate-branches: teeda-1.0.11,teeda-1.0.12
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: Kuina [#nb47a75e]

- kuina
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-kuina-dao-1

 committer-name: koichik
 name: kuina-dao
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/kuina/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/(kuina(?!-)|www)'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-25 更新: S2Hibernate [#s743809f]

- s2hibernate
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2hibernate-1
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2hibernate-2

 committer-name: koichik
 name: s2hibernate
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2hibernate/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/(s2hibernate(?!/)|www)'
 option.no-migrate-tags: 1

- s2hibernate-jpa
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2hibernate-jpa-1
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2hibernate-jpa-2

 committer-name: koichik
 name: s2hibernate-jpa
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2hibernate/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/(s2hibernate(?!-)|www)'
 option.no-migrate-tags: 1

- サイト用
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2hibernate-www-1
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2hibernate-www-2

 committer-name: koichik
 name: s2hibernate-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2hibernate/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: S2OpenJPA [#i213380b]

- s2openjpa
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2openjpa-1

 committer-name: koichik
 name: s2openjpa
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2openjpa/
 trunk: trunk
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: S2TopLink [#w21cb9d9]

- s2toplink-jpa
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2toplink-jpa-1

 committer-name: koichik
 name: s2toplink-jpa
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2toplink/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: S2EclipseLink [#p74eae25]

- s2eclipselink-jpa
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2eclipselink-jpa-1

 committer-name: koichik
 name: s2eclipselink-jpa
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2eclipselink/
 trunk: trunk
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: S2Cayenne [#v46aad9b]

- s2cayenne-jpa
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2cayenne-jpa-1

 committer-name: koichik
 name: s2cayenne-jpa
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2cayenne/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-24 更新: S2Axis [#bdb9aa87]

- s2axis
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2axis-1

 committer-name: koichik
 name: s2axis
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2axis/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/(s2axis2|www)'
 option.no-migrate-tags: 1

- s2axis2
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2axis2-1

 committer-name: koichik
 name: s2axis2
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2axis/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/(s2axis(?!2)|www)'
 option.no-migrate-tags: 1

- サイト用
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2axis-www-1
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2axis-www-2

 committer-name: koichik
 name: s2axis-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2axis/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-29 更新: S2JCA [#kf693a63]

- s2jca
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jca-1
-- 2013-09-29 koichik: ignore-paths追加
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jca-2

 committer-name: koichik
 name: s2jca
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2jca/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-29 更新: S2JMS [#f1eb9162]

- s2jms
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jms-1
-- 2013-09-29 koichik: ignore-paths追加
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jms-2

 committer-name: koichik
 name: s2jms
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2jms/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-29 更新: S2Remoting [#hc6c9654]

- s2remoting
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2remoting-1
-- 2013-09-26 koichik: サイト用リポジトリを分離するためignore-pathsを修正
-- 2013-09-29 koichik: サイト用リポジトリ不要のためs2remoting-www削除
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2remoting-2

 committer-name: koichik
 name: s2remoting
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2remoting/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-29 更新: S2Rmi [#k476c6d1]

- s2rmi
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2rmi-1
-- 2013-09-26 koichik: サイト用リポジトリを分離するためignore-pathsを修正
-- 2013-09-29 koichik: サイト用リポジトリ不要のためs2rmi-wwwを削除
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2rmi-2

 committer-name: koichik
 name: s2rmi
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2rmi/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: Aptina [#f3aaa2d8]

- aptina
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-aptina-1

 committer-name: koichik
 name: aptina
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/aptina/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: JunitCDI [#ba1fc386]

- junitcdi
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-junitcdi-1

 committer-name: koichik
 name: junitcdi
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/junitcdi/
 trunk: trunk
 tags: tags
 ignore-paths: '^trunk/www'
** 2013-09-23 更新: S2Util [#x6bcb32c]

- s2util
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2util-1

 committer-name: koichik
 name: s2util
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2util/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: Tramina [#i403a20f]

- tramina
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-tramina-1

 committer-name: koichik
 name: tramina
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/tramina/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
** 2013-09-29 更新: Dolteng [#i4b76222]

- dolteng
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dolteng-1
-- 2013-09-26 koichik: サイト用リポジトリを分離するためignore-pathsを修正
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-maven-2

 committer-name: koichik
 name: dolteng
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/dolteng/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'

- サイト用
-- 2013-09-26 koichik: 新規作成
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-maven-www-1

 committer-name: koichik
 name: dolteng-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/dolteng/
 trunk: trunk/www
** 2013-09-29 更新: Resource-Synchronizer [#pc5cad02]

- resource-synchronizer
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-resource-synchronizer-1
-- 2013-09-26 koichik: サイト用リポジトリを分離するためignore-pathsを修正
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-resource-synchronizer-2

 committer-name: koichik
 name: resource-synchronizer
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/resourcesynchronizer/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'

- サイト用
-- 2013-09-26 koichik: 新規作成
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-resource-synchronizer-www-1

 committer-name: koichik
 name: resource-synchronizer-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/resourcesynchronizer/
 trunk: trunk/www
** 2013-09-23 更新: Eclipse [#zbe207d0]

-3.0用更新サイト
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-3.0-1

 committer-name: koichik
 name: eclipse-3.0
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/eclipse/
 trunk: www/updates/3.0

-3.1用更新サイト
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-3.1-1

 committer-name: koichik
 name: eclipse-3.1
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/eclipse/
 trunk: www/updates/3.1

-3.1用更新サイト(beta)
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-3.1-beta-1

 committer-name: koichik
 name: eclipse-3.1-beta
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/eclipse/
 trunk: www/updates/3.1beta

-3.2用更新サイト
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-3.2-1

 committer-name: koichik
 name: eclipse-3.2
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/eclipse/
 trunk: www/updates/3.2

-3.3用更新サイト
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-3.3-1

 committer-name: koichik
 name: eclipse-3.3
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/eclipse/
 trunk: www/updates/3.3

-3.3用更新サイト(dev)
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-3.3-dev-1

 committer-name: koichik
 name: eclipse-3.3-dev
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/eclipse/
 trunk: www/updates/3.3-dev

-3.5用更新サイト
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-3.5-1

 committer-name: koichik
 name: eclipse-3.5
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/eclipse/
 trunk: www/updates/3.5

-3.5用更新サイト(dev)
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-3.5-dev-1

 committer-name: koichik
 name: eclipse-3.5-dev
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/eclipse/
 trunk: www/updates/3.5-dev
** 2013-09-29 更新: Maven [#s35e74a9]

- maven
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-maven-1
-- 2013-09-26 koichik: サイト用リポジトリを分離するためignore-pathsを修正
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-maven-2

 committer-name: koichik
 name: maven
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/maven/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'

- サイト用
-- 2013-09-26 koichik: 新規作成
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-maven-www-1

 committer-name: koichik
 name: maven-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/maven/
 trunk: trunk/www
** 2013-09-24 更新: S2JCR [#zb29d553]

 committer-name: shinsuke
 おまかせ

下記で作成しました。追加の要望があればお知らせください。

- s2jcr
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jcr-1
-- 2013-09-24 jfut: trunk: trunk/s2jcr へ変更
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jcr-2

 committer-name: shinsuke
 name: s2jcr
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2jcr/
 trunk: trunk/s2jcr
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www'

- s2jcr-www
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jcr-www-1

 committer-name: shinsuke
 name: s2jcr-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2jcr/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-branches: 1
** 2013-09-24 更新: S2Portlet [#u1d5e9de]

 committer-name: shinsuke
 おまかせ

下記で作成しました。追加の要望があればお知らせください。

- s2portlet
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2portlet-1
-- 2013-09-24 jfut: trunk: trunk/s2portlet へ変更
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2portlet-2

 committer-name: shinsuke
 name: trunk/s2portlet
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2portlet/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www'

- s2portlet-www
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2portlet-www-1

 committer-name: shinsuke
 name: s2portlet-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2portlet/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-branches: 1
** 2013-09-25 更新: S2Robot [#ba0d2311]

- ソースリポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2robot-1

 committer-name: shinsuke
 name: s2robot
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2robot/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www|^trunk/s2robot-example|^trunk/s2robot-seo'

- サンプルアプリリポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成失敗したため、テスト中。tags/s2robot-db-0.1.0/pom.xml was not found in commit d46516d6fdfe9cade78430118f319ddd8f936efc (r152)
-- 2013-09-25 jfut: ignore-paths を修正、option.no-migrate-branches, option.migrate-tags を追加
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2robot-example-1

 committer-name: shinsuke
 name: s2robot-example
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2robot/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/(?!s2robot-example|s2robot-seo)|^branches|^tags/(?!s2robot-example)'
 option.no-migrate-branches: 1
 option.migrate-tags: s2robot-example-0.1.0

- サイトリポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成失敗したため、テスト中。tags/s2robot-db-0.1.0/pom.xml was not found in commit d46516d6fdfe9cade78430118f319ddd8f936efc (r152)
-- 2013-09-25 jfut: ignore-paths 削除、trunk, option.no-migrate-branches, option.no-migrate-tags 追加
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2robot-www-1

 committer-name: shinsuke
 name: s2robot-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2robot/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-10-09 更新: SAStruts [#z6bdfdef]

- sa-struts-archetype (担当分のみ(菅谷))
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリの中身が空になったため、調査。
-- 2013-09-25 jfut: ignore-paths 修正、option.no-migrate-branches, option.no-migrate-tags 追加
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-sa-struts-archetype-1
-- 2013-09-25 jfut: trunk 修正、branches, tags 指定削除
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-sa-struts-archetype-2

 committer-name: shinsuke
 name: sa-struts-archetype
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sastruts/
 trunk: trunk/sa-struts-archetype
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- sa-struts-portlet (担当分のみ(菅谷))
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリの中身が空になったため、調査。
-- 2013-09-25 jfut: ignore-paths 修正、option.no-migrate-branches, option.no-migrate-tags 追加
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-sa-struts-portlet-1
-- 2013-09-25 jfut: trunk 修正、branches, tags 指定削除
-- 2013-09-25 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-sa-struts-portlet-2

 committer-name: shinsuke
 name: sa-struts-portlet
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sastruts/
 trunk: trunk/sa-struts-portlet
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- sa-struts
-- 2013-10-09 jfut: archetype と portlet 以外の案がないので作成しました。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-jfut-sa-struts-1

 committer-name: jfut
 name: sa-struts
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sastruts/
 trunk: trunk/sa-struts
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- sa-struts-blank
-- 2013-10-09 jfut: archetype と portlet 以外の案がないので作成しました。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-jfut-sa-struts-blank-1

 committer-name: jfut
 name: sa-struts-blank
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sastruts/
 trunk: trunk/sa-struts-blank
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- sa-struts-plugin
-- 2013-10-09 jfut: archetype と portlet 以外の案がないので作成しました。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-jfut-sa-struts-plugin-1

 committer-name: jfut
 name: sa-struts-plugin
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sastruts/
 trunk: trunk/sa-struts-plugin
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- sa-struts-tutorial
-- 2013-10-09 jfut: archetype と portlet 以外の案がないので作成しました。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-jfut-sa-struts-tutorial-1

 committer-name: jfut
 name: sa-struts-tutorial
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sastruts/
 trunk: trunk/sa-struts-tutorial
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- sa-struts-blank
-- 2013-10-09 jfut: archetype と portlet 以外の案がないので作成しました。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-jfut-sa-struts-blank-1

 committer-name: jfut
 name: sa-struts-blank
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sastruts/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-23 更新: s2buri [#i4bf8d09]

- ソース用リポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: 誤植と思われる tags/s2directory を tags へ修正。
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2buri-1

 committer-name: makotan
 name: s2buri
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2buri/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www'

- サイト用リポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2buri-www-1

 committer-name: makotan
 name: s2buri-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2buri/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-24 更新: S2Click [#n60536df]

- ソース用リポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2click-1
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2click-2

 committer-name: takezoe
 name: s2click
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2click/
 trunk: trunk/s2click
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
 ignore-paths: '^trunk/eclipse|^trunk/s2click-old|^trunk/www'

- Eclipseプラグイン
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2click-eclipse-1
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2click-eclipse-2

 committer-name: takezoe
 name: s2click-eclipse
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2click/
 trunk: trunk/eclipse
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
 ignore-paths: '^trunk/s2click|^trunk/s2click-old|^trunk/www'

- サイト用リポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2click-www-1
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2click-www-2

 committer-name: takezoe
 name: s2click-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/s2click/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
 ignore-paths: '^trunk/eclipse|^trunk/s2click|^trunk/s2click-old'
** 2013-09-24 更新: S2JSFPlugin [#ec14eed4]

- ソース用リポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jsfplugin-1
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jsfplugin-2

 committer-name: takezoe
 name: s2jsfplugin
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2jsfplugin/
 trunk: trunk
 tags: tags
 option.no-migrate-branches: 1
 ignore-paths: '^trunk/www'

- サイト用リポジトリ
-- 2013-09-23 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jsfplugin-www-1
-- 2013-09-24 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jsfplugin-www-2

 committer-name: takezoe
 name: s2jsfplugin-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2jsfplugin/
 trunk: trunk/www
 tags: tags
 option.no-migrate-branches: 1
 ignore-paths: '^trunk/org.seasar.s2jsfplugin|^trunk/org.seasar.s2jsfplugin.feature'

** 2013-09-26 更新: S2JSF [#j6fbdd5d]

- ソース用リポジトリ
-- 2013-09-26 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jsf-1
-- 2013-09-29 jfut: tags を複数対応に修正しました
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jsf-2

 committer-name: yone098
 name: s2jsf
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2jsf/
 trunk: trunk
 tags: tags/2005-11-25
 tags: tags/2005-12-08
 tags: tags/2005-12-21
 tags: tags/2006-01-21
 tags: tags/2006-03-22
 tags: tags/2006-04-11
 tags: tags/2006-07-17
 tags: tags/2006-08-05
 tags: tags/2006-08-07
 tags: tags/2006-08-16
 tags: tags/2006-09-03
 tags: tags/2006-09-04
 tags: tags/2006-09-22
 tags: tags/2006-10-15
 tags: tags/2006-10-16
 tags: tags/2006-11-07
 tags: tags/2006-11-14
 tags: tags/2006-12-17
 tags: tags/2006-12-29
 tags: tags/2007-01-27
 tags: tags/2007-03-02
 tags: tags/2007-03-05
 tags: tags/2007-03-10
 tags: tags/2007-05-26
 tags: tags/2007-07-31
 tags: tags/2008-02-23
 tags: tags/2008-06-04
 option.no-migrate-branches: 1
 ignore-paths: '^trunk/www'

- サイト用リポジトリ
-- 2013-09-26 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2jsf-www-1

 committer-name: yone098
 name: s2jsf-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2jsf/
 trunk: trunk/www
 tags: tags
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-09-30 更新: DBFlute [#i81f7d53]

- ソース用リポジトリ
-- 2013-09-26 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-1
-- 2013-09-27 jfut: ignore-paths: '^trunk/(?!dbflute/|dbflute-runtime/)|\.jar$|\.war$|\.zip$' へ修正
-- 2013-09-27 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-2
--- 移行スクリプトの問題で option.replace-empty-commit-message が動作していませんでした。今後作成する時は処理されます。

 committer-name: jflute
 name: dbflute
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/dbflute/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/(?!dbflute/|dbflute-runtime/)|\.jar$|\.war$|\.zip$'
 option.replace-empty-commit-messages: 1
 option.replace-empty-commit-messages.string: accident empty commit
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

-- jarやzipなどは重いので除外します。足りないものは移行後にこちらで手動で追加します by jflute
-- %%その他、Exampleなどはまだ保留中 2013/09/26 by jflute%%
--- 履歴は移行しないので、権限さえあれば手動で移行致します。

- サイト用リポジトリ
-- 2013-09-26 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-www-1

 committer-name: jflute
 name: dbflute-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/dbflute/
 trunk: trunk/www
 ignore-paths: '\.jar$|\.war$|\.zip$'
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

-- jarやzipなどは重いので除外します。足りないものは移行後にこちらで手動で追加します by jflute

- EMechaソース用リポジトリ
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-emecha-1

 committer-name: jflute
 name: dbflute-emecha
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/emecha
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.replace-empty-commit-messages: 1
 option.replace-empty-commit-messages.string: accident empty commit
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

-- EMechaはDBFluteのサブプロジェクトに戻します。 by jflute

- UTFluteソース用リポジトリ
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-utflute-1
-- 2013-09-30 jflute: svnroot に utflute のフォルダも含めるようにしました (階層が深くなってしまったので)
-- 2013-09-30 jfut: 失敗するので svnroot と trunk 指定を修正
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-utflute-3

 committer-name: jflute
 name: dbflute-utflute
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/dbflute/
 trunk: trunk/utflute
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '\.jar$|\.war$|\.zip$'
 option.replace-empty-commit-messages: 1
 option.replace-empty-commit-messages.string: accident empty commit
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

- DBFluteMavenPluginソース用リポジトリ
-- 2013-09-30 jfut: svnroot の URL に trunk が抜けていたので追加
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-maven-plugin-1
-- 2013-09-30 jfut: 失敗するので svnroot と trunk 指定を修正
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-maven-plugin-2
-- 2013-09-30 jfut: option.no-migrate-tags, option.no-migrate-branches を追加
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-dbflute-maven-plugin-3

 committer-name: jflute
 name: dbflute-maven-plugin
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/dbflute/
 trunk: trunk/dbflute-maven-plugin
 tags: tags
 branches: branches
 option.replace-empty-commit-messages: 1
 option.replace-empty-commit-messages.string: accident empty commit
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

-- リポジトリの直下にsrcフォルダが来るようにします。 by jflute

- その他、Example, DBFlute.NETなど
-- 履歴は移行しないので、権限さえあれば手動で移行致します。 by jflute
** 2013-09-29 更新: Uruma [#f3be4ea0]

- ソース用リポジトリ(Uruma)
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-uruma-1

 committer-name: y-komori
 name: uruma
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/uruma/
 trunk: trunk
 tags: tags/uruma
 ignore-paths: '^trunk/www|^trunk/uruma-skin|^trunk/maven-eclipath-plugin'
 option.replace-empty-commit-messages: 1
 option.no-migrate-branches: 1

- サイト用リポジトリ
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-uruma-www-1

 committer-name: y-komori
 name: uruma-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/uruma/
 trunk: trunk/www
 option.replace-empty-commit-messages: 1
 option.no-migrate-branches: 1

- ソース用リポジトリ(maven-eclipath-plugin)
-- 2013-09-29 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-maven-eclipath-plugin-1

 committer-name: y-komori
 name: maven-eclipath-plugin
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/uruma/
 trunk: trunk/maven-eclipath-plugin
 tags: tags/maven-eclipath-plugin
 option.replace-empty-commit-messages: 1
 option.no-migrate-branches: 1

--(補足)maven-eclipath-pluginはツールとして作成したものですが、異なるプロダクトにしたいので、リポジトリを分離する設定にさせていただきました
** 2013-09-28 更新: eclipsecommon [#u757e254]

- eclipse-common
-- 2013-09-28 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-eclipse-common-1

 committer-name: y-komori
 name: eclipse-common
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/eclipsecommon/
 trunk: trunk
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1
** 2013-09-30 更新: s2dao [#c07ac1b8]

- s2dao
-- 2013-09-28 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-1
-- 2013-09-28 jfut: 空になってしまったので ignore-paths を消して再実行中
-- 2013-09-28 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-2
-- 2013-09-30 azusa: ブランチ不要なので、option.no-migrate-branchesを指定
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-3

 committer-name: azusa
 name: s2dao
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2dao/
 trunk: branches/s2dao-1.0.x
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

- s2dao-www
-- 2013-09-28 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-www-1
-- 2013-09-30 azusa: タグ不要なのでoption.no-migrate-tags を指定
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-www-2

 committer-name: azusa
 name: s2dao-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2dao/
 trunk: trunk/www
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- s2dao-pager-examples
-- 2013-09-28 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-pager-examples-1
-- 2013-09-28 jfut: 空になってしまったので ignore-paths を消して再実行中
-- 2013-09-28 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-pager-examples-2
-- 2013-09030 azusa: ブランチ不要なので、option.no-migrate-branchesを指定
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-pager-examples-3

 committer-name: azusa
 name: s2dao-pager-examples
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2dao/
 trunk: branches/s2dao-pager-examples-1.0.x
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

- s2dao-tiger
-- 2013-09-28 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-tiger-1
-- 2013-09-28 jfut: 空になってしまったので ignore-paths を消して再実行中
-- 2013-09-28 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-s2dao-tiger-2
-- 2013-09030 azusa: ブランチ不要なので、option.no-migrate-branchesを指定
-- 2013-09-30 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-tiger-3

 committer-name: azusa
 name: s2dao-tiger
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/s2dao/
 trunk: branches/s2dao-tiger-1.0.x
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

** 2013-10-02 更新: S2Dao-Codegen [#g4969568]

- s2dao-codegen
-- 2013-10-02 jfut: 承知しました。

 committer-name: azusa
 自分で移行します。

** 2013-10-09 更新: Ymir [#m8914945]

- ymir
-- 2013-10-02 jfut: 考えます。
-- 2013-10-09 jfut: 考えて ymir- シリーズを記述しました。

 committer-name: skirnir
 おまかせ
 (かなり複雑な構造のため、移行していただいてからこちらで整理するようにします)

- ymir-component
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-ymir-component-1

 committer-name: jfut
 name: ymir-component
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/ymir/
 trunk: component/trunk
 tags: component/tags
 branches: component/branches

- ymir-design
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-ymir-design-1

 committer-name: jfut
 name: ymir-design
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/ymir/
 trunk: design/trunk
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- ymir-eclipse
-- 2013-10-09 jfut: tag は存在するが構造的にそのままでは移行不可です。移行後に [[svn-revs-to-git-tags スクリプト>https://github.com/seasarorg/server-util/blob/master/migrate-svn-to-git/svn-revs-to-git-tags]] で上手くタグを付与できると思います。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-ymir-eclipse-1

 committer-name: jfut
 name: ymir-eclipse
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/ymir/
 trunk: eclipse/trunk
 tags: eclipse/tags
 branches: eclipse/branches
 option.no-migrate-branches: 1
 option.no-migrate-tags: 1

- ymir-example
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-ymir-example-1

 committer-name: jfut
 name: ymir-example
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/ymir/
 trunk: example/trunk
 tags: example/tags/ymir-example-generic
 branches: example/branches

- ymir-skeleton
-- 2013-10-09 jfut: tag は存在するが構造的にそのままでは移行不可です。移行後に [[svn-revs-to-git-tags スクリプト>https://github.com/seasarorg/server-util/blob/master/migrate-svn-to-git/svn-revs-to-git-tags]] で上手くタグを付与できると思います。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-ymir-skeleton-1

 committer-name: jfut
 name: ymir-skeleton
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/ymir/
 trunk: skeleton/trunk
 tags: skeleton/tags
 branches: skeleton/branches
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-10-09 更新: CMS [#e3f7256e]

- cms
-- 2013-10-02 jfut: 考えます。
-- 2013-10-09 jfut: 考えて ymir- シリーズを記述しました。

 committer-name: skirnir
 おまかせ
 (複雑な構造のため、移行していただいてからこちらで整理するようにします)

- cms (jfut)
-- 2013-10-09 jfut: tag は存在するが構造的にそのままでは移行不可です。移行後に [[svn-revs-to-git-tags スクリプト>https://github.com/seasarorg/server-util/blob/master/migrate-svn-to-git/svn-revs-to-git-tags]] で上手くタグを付与できると思います。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-cms-1

 committer-name: jfut
 name: cms
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/cms/
 trunk: trunk
 tags: tags
 branches: branches
 ignore-paths: '^trunk/www'
 option.no-migrate-tags: 1
** 2013-10-09 更新: Kvasir/Sora [#pe45298f]

- kvasir
-- 2013-10-02 jfut: 考えます。
-- 2013-10-09 jfut: 考えて kvasir- シリーズを記述しました。

 committer-name: skirnir
 おまかせ
 (かなり複雑な構造のため、移行していただいてからこちらで整理するようにします)
 /_old以下は移行不要です。

- kvasir-package
-- 2013-10-09 jfut: tag は存在するが構造的にそのままでは移行不可です。移行後に [[svn-revs-to-git-tags スクリプト>https://github.com/seasarorg/server-util/blob/master/migrate-svn-to-git/svn-revs-to-git-tags]] で上手くタグを付与できると思います。
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-kvasir-package-1

 committer-name: jfut
 name: kvasir-package
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/kvasir/
 trunk: package/trunk
 tags: package/tags
 branches: package/branches
 option.no-migrate-tags: 1

- kvasir-extra
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-kvasir-extra-1

 committer-name: jfut
 name: kvasir-extra
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/kvasir/
 trunk: extra/plugin/trunk
 tags: extra/plugin/tags
 branches: extra/plugin/branches
 option.no-migrate-tags: 1

- kvasir-plust
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-kvasir-plust-1

 committer-name: jfut
 name: kvasir-plust
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/kvasir/
 trunk: plust/trunk
 tags: plust/tags
 branches: plust/branches

- kvasir-site
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-kvasir-site-1

 committer-name: jfut
 name: kvasir-site
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/kvasir/
 trunk: site/trunk
 tags: site/tags
 branches: site/branches
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1

- kvasir-www
-- 2013-10-09 jfut: テストリポジトリ作成: https://github.com/seasarorg/test-kvasir-www-1

 committer-name: jfut
 name: kvasir-www
 svnroot: https://www.seasar.org/svn/sandbox/kvasir/
 trunk: www/trunk
 option.no-migrate-tags: 1
 option.no-migrate-branches: 1
* 関連ページ [#n870d22b]

- [[GitMigration]]
- [[Git]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS