Teeda/dev

■[Java]Eclipse TPTP プロファイル

2つのマシンで動作確認成功したので、取り急ぎEclipseへのinstallだけ (10分もあれば終わります)

UpdateManagerでのインストールは何度か失敗したのでzipでのインストール方法。

# WindowsXP/2000, Eclipse3.1.2, JDK1.4.2_08 で試しました EMF SDK

emf-sdo-xsd-SDK-2.1.1.zip をdownload TPTP Runtime

tptp.sdk-TPTP-4.1.0.1.zip をdownload

上記downloadしたzipを解凍して、$ECLIPSE_HOMEにコピーすればTPTPのinstall自体は完了。

AgentController等は後ほど。

■[Java]Eclipse TPTP AgentController

とりあえずガーっと書きます。 AgentController

tptpdc.win_ja32-TPTP-4.1.0.1.zip をダウンロード。

# 各OSに合わせてダウンロードを行って下さい。

ダウンロード後、任意のディレクトリに解凍します。

今回は、c:\usr\local\tptp に解凍。

$AGENT_HOMEをc:\usr\local\tptpとします。

   * AgentController設定
   環境変数のPATHに$AGENT_HOME\binを追加します。
   * SetComfig.batを実行します。
   対話形式の処理が開始されます。
   この結果はserviceconfig.xmlに設定されるようなので
   変更したい場合は、再度SetConfib.batを実行するか
   serviceconfig.xmlを直接変更すればOKです。
   今回は、ローカルマシンでのみ使用なのでNetwork access modeも含め全てdefaultでEnterを押しました。
   * AgentControllerをWindowsサービスへ登録。

以下のコマンドを実行。

manageservice.exe add "TpTpTest" "c:\usr\local\tptp"

add の後の引数には、任意のサービス名 $AGENT_HOME を与えます。

登録完了なので次にサービスを開始。

サービス開始するには2通りの方法があります。

   * $AGENT_HOME\bin\RAService.exe の実行
   * Windowsコントロールパネル => 管理ツール => サービス で上記で登録したTpTpTestを選択してサービス開始。

$AGENT_HOME\bin\RAService.exeの実行だと何故かうまくいきませんでした...

登録サービスの削除には

manageservice remove "TpTpTest"

ここで簡単なJavaのクラスを作成し、テストを作成します。

   ファイル => 新規 => その他 => Test => TPTP JUnit Test を選択し 次へ
   この際、ダイアログが出てbuild pathにcommon.rnner.jar, java.runner.jar,
   junit.jarを追加するか聞いてくるので はい をクリック。

すると New JUnit Test Definition の設定画面が登場。

   ソースフォルダ:TpTpFirstTest
   パッケージ:tptp.first.test
   名前:TpTpTest

を指定。この時、In ther test editor のラジオ選択のまま。

   次へをクリック。
   親フォルダーの選択を聞かれますが、そのまま終了しました。
   # 先ほど指定したソースフォルダとパッケージが無視された気が...

そうするとTpTpTest.javaとTpTpTest.testsuiteが作成されるはずです。

testsuiteのOverViewタブをクリックするとテストの概要が見れます。

TestMethodタブをクリックして、テストメソッドを定義します。

とりあえずAddをクリックしてテストメソッドを追加します。

右側のNameにテストメソッドを記述します。

今回は、TestクラスのcalcメソッドなのでtestCalcとします。

ファイルを保存すると自動的に、TpTpTest.javaにtestCalcが追加されます。

Behaviorタブをクリックしてテストメソッド振る舞いを定義。

繰り返し実行を定義します。

Add...をクリックして、Loopを選択します。

NameにtestCalcを入力して、Number of Iteraionsに5を設定。

次にBehaiviorを選択した状態でAdd...をクリックし

Invocationを選択したら、表示ダイアログでtestCalcを選択してOKをクリックします。

これでテストスイートファイルの編集はおしまいです。

次にテストメソッドを実装します

TeedaTest.javaを開いて、先ほど自動で追加されたtestCalc()を実装。

通常のassertEquals系で実装。

TpTpTest.testsuiteファイルを右クリックして

実行 => 構成および実行

新規をクリックします。名前を入力して(今回はyoneTest)

Testタブの1.Select test to run で先ほどのテストメソッドを選択します。

2.Select a deploymentではlocal_deploymentを選択。

Test Logsタブではテストログの出力先を設定しますが今回はdefaultで。

これで実行ボタンをクリック!

先ほどTestLogsタブで指定した出力先にTpTpTest.executeというファイルが作成されます。

OverViewとEventsタブで詳細を確認。

アプリケーションサーバとの連携はまた明日(^^

こっちも意外と簡単にいけます。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-18 (月) 15:53:14 (4565d)