Seasar 2.4.47 リリース

・Seasar2.4.47 からの変更点は次のとおりです.

  • Bug
    • [CONTAINER-443] - [S2JDBC-Gen] TIME型のデータがdump-dataとload-dataで復元できない問題を解決しました
    • [CONTAINER-444] - [S2DBCP] コネクションプールへの返却処理中に物理コネクションのsetAutoCommitメソッドから例外がスローされると返却処理が適切に行われない問題に対応しました。
    • [CONTAINER-445] - [S2JDBC-Gen] Gen-Ddlタスクが生成するCREATE TABLE文のカラムの並び順がJava 6と7で異なる問題に対応しました
    • [CONTAINER-447] - [S2JDBC] Jenkins 1.500でテストが失敗するのを修正しました。[operation:2694]
    • [GH-3] - [S2Container] 正規表現として扱われる文字列内にあるピリオドをエスケープしました。
  • New Feature
    • [CONTAINER-446] - [S2JDBC] AutoSelect で取得するカラムを指定できるようにしました。[Seasar-user:21654]
  • Task
    • [GH-1] - [S2-Tiger] DBの4桁のカラムに5桁のテストデータを投入している箇所を修正しました
    • [GH-2] - [S2JDBC-Gen] 開発途中で止まってずっと放置されている maven-s2jdbc-gen-plugin プロジェクトを削除しました

・移行の注意点はこちら (今回はありません).

・ダウンロードはこちらからどうぞ.

・Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-19 (土) 16:07:31 (1256d)