Seasar 2.4.44 リリース

・Seasar2.4.43 からの変更点は次のとおりです.

  • Bug
    • [CONTAINER-429] - [S2Tx] WebSphere を使用している場合,RuntimeException のサブクラスを addCommitRule() でコミットするように指定してもトランザクションがロールバックされてしまう問題を修正しました.
    • [CONTAINER-430] - [S2JDBC] 同じエンティティに対する最初の問い合わせが複数のスレッドから同時に行われると NullPointerException が発生する問題を修正しました。
    • [CONTAINER-433] - [S2Tx] WAS でトランザクション処理中に例外が発生してロールバックされると IllegalStateException が発生して元の例外が失われる問題を修正しました。[Seasar-user:20311]
    • [CONTAINER-435] - [S2JDBC] 実行した SQL のログ出力において、SQL 中のリテラルに含まれた ? がバインド変数として扱われてしまい、パラメータが足りないと例外がスローされる問題を修正しました。
  • Improvement
    • [CONTAINER-431] - [S2JDBC] Oracle の DATE 型のカラムを JDBC 標準の Timestamp ではなく、Oracle JDBC ドライバ固有の DATE 型として扱えるようにしました。[Seasar-user:20252]
    • [CONTAINER-432] - [S2JDBC-Gen] OracleのDATE型カラムと@Temporal(TemporalType.TIMESTAMP)が注釈されたjava.util.Date(またはjava.util.Calendar)を相互にマッピング可能にしました。
    • [CONTAINER-436] - [DbSession] HttpSession#invalidate() を実装しました。[Seasar-user:20591]
    • [CONTAINER-437] - [S2DBCP] コネクションプールに minPoolSize プロパティを追加しました。

・移行の注意点はこちら.

・ダウンロードはこちらからどうぞ.

・Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-20 (水) 23:30:26 (2920d)