SeasarWhatsNew

Aptina? 0.0.1 リリース

■変更点

0.0.0 からの変更点は以下の通りです.

  • Bug
    • [APTINA-1] - [Aptina Unit] javax.annotation.processing.Filer#getResource() で実在するファイルを表す FileObject を取得できない問題を修正しました.
    • [APTINA-2] - [Aptina Unit] テストメソッドが多いと OutOfMemoryError が発生する問題を修正しました.
    • [APTINA-3] - [Aptina Unit] Filer#createResource()/createSourceFile() を複数回呼び出すと IllegalArgumentException が発生する問題を修正しました.

■ダウンロードはこちらからどうぞ.

■Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

DBFlute-0.9.6.4

{NEW}

  • (DBFLUTE-633){Java/C#}: ReplaceSchemaのシーケンス調整でdecrementはスキップ
  • (DBFLUTE-632){Java}: Sequenceのキャッシュ機能(オプション)
  • (DBFLUTE-631){Java/C#}: カラムの自動生成除外でテーブル名も指定できるように
  • (DBFLUTE-625){Java/C#}: DBFluteのプロパティのチェック強化(databaseなど)

{BUG}

  • (DBFLUTE-626){Java/C#}: NUMERICのAutoMapping機能で19桁以上はBigDecimal
  • (DBFLUTE-630){Java/C#}: SQLServer2000のReplaceSchemaでsystemテーブルを削除しようとする

DBFlute.NET-0.8.9.10

{NEW}

  • (DBFLUTE-633){Java/C#}: ReplaceSchemaのシーケンス調整でdecrementはスキップ
  • (DBFLUTE-631){Java/C#}: カラムの自動生成除外でテーブル名も指定できるように
  • (DBFLUTE-625){Java/C#}: DBFluteのプロパティのチェック強化(databaseなど)

{BUG}

  • (DBFLUTE-626){Java/C#}: NUMERICのAutoMapping機能で19桁以上はBigDecimal
  • (DBFLUTE-630){Java/C#}: SQLServer2000のReplaceSchemaでsystemテーブルを削除しようとする

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-01 (月) 17:51:09 (2846d)