SeasarWhatsNew

DBFlute-0.9.5.2

{NEW}

  • (DBFLUTE-521){Java}: PostgreSQLでもオプションでfor update nowait
  • (DBFLUTE-518){Java/C#}: ReplaceSchemaでBatchUpdateしないモード
  • (DBFLUTE-517){Java/C#}: EntityのtoString()のリファクタ
  • (DBFLUTE-516){Java/C#}: ConditionBeanでWhere句の有無判定メソッド
  • (DBFLUTE-515){Java/C#}: ReplaceSchemaの最後にシーケンス調整
  • (DBFLUTE-514){Java/C#}: SchemaHTMLで区分値一覧へのリンクをもうちょい丁寧に
  • (DBFLUTE-513){Java}: 複合PKでも簡易条件だけのQueryUpdate/Deleteができるようにする
  • (DBFLUTE-510){Java}: 複合PKでもLoadReferrerができるようにする
  • (DBFLUTE-509){Java}: 複合PKでもCBのExistsSubQueryはできるようにする
  • (DBFLUTE-507){Java}: Behaviorのpulloutで自分へのReferrerも構築
  • (DBFLUTE-506){Java/C#}: テーブルデータ利用の区分値機能でAutoDeploy抑止オプション

{BUG}

  • (DBFLUTE-519){Java/C#}: LoadReferrerの中でunionした場合に無駄な処理がある
  • (DBFLUTE-508){Java/C#}: ReplaceSchemaで自動生成対象外テーブルがDropされない

DBFlute.NET-0.8.9.2

{NEW}

  • (DBFLUTENET-13){C#}: MS-AccessのときにSQLのラインコメントを除去
  • (DBFLUTE-518){Java/C#}: ReplaceSchemaでBatchUpdateしないモード
  • (DBFLUTE-517){Java/C#}: EntityのtoString()のリファクタ
  • (DBFLUTE-516){Java/C#}: ConditionBeanでWhere句の有無判定メソッド
  • (DBFLUTE-515){Java/C#}: ReplaceSchemaの最後にシーケンス調整
  • (DBFLUTE-514){Java/C#}: SchemaHTMLで区分値一覧へのリンクをもうちょい丁寧に
  • (DBFLUTE-506){Java/C#}: テーブルデータ利用の区分値機能でAutoDeploy抑止オプション
  • (DBFLUTENET-3){C#}: 子テーブル導出カラムで絞り込み「(Query)DerivedReferrer」
  • (DBFLUTENET-1){C#}: 最大値レコードを検索「ScalarSubQuery」

{BUG}

  • (DBFLUTE-519){Java/C#}: LoadReferrerの中でunionした場合に無駄な処理がある
  • (DBFLUTE-508){Java/C#}: ReplaceSchemaで自動生成対象外テーブルがDropされない

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-27 (月) 21:56:13 (3040d)