SeasarWhatsNew

DBFlute-0.9.5.1

{NEW}

  • (DBFLUTE-505){Java}: CDef共通のインターフェースを定義
  • (DBFLUTE-502){Java/C#}: テーブルデータ利用の区分値機能でカラムの自動関連付け
  • (DBFLUTE-501){Java/C#}: SchemaHTMLで複合ユニーク制約がわかるようにする
  • (DBFLUTE-500){Java/C#}: dbflute.logとvelocity.logのBackup名をxxx-backup1.logに
  • (DBFLUTE-498){Java}: FindBugsのデフォルトで警告がでないようにする
  • (DBFLUTE-495){Java/C#}: CallbackContextでSQLの結果をHandleできるように
  • (DBFLUTE-493){Java}: Spring+DBFluteの複数DB対応
  • (DBFLUTE-491){Java/C#}: BehaviorQueryPathじゃない外だしSQLでもdf:entityとdf:pmb

{BUG}

  • (DBFLUTE-499){Java}: ReplaceSchemaでemptyStringColumnMapが効かない
  • (DBFLUTE-497){Java}: updateNonstrict()の二件以上HITした場合に例外にならない
  • (DBFLUTE-496){Java}: FindBugsに二重チェックと怒られる
  • (DBFLUTE-494){Java}: Spring+DBFluteでprojectPrefixを使ったときのBeans定義に間違いあり
  • (DBFLUTE-492){Java}: Spring + DBCPでトランザクションを利用しない場合に不具合あり
  • (DBFLUTE-490){Java/C#}: classificationResource.dfpropの環境変数の扱いが少し間違ってる

DBFlute.NET-0.8.9.1

{NEW}

  • (DBFLUTENET-11){C#}: 複数DBで混在したトランザクションができるように
  • (DBFLUTENET-9){C#}: S2DaoSettingを拡張可能に
  • (DBFLUTE-502){Java/C#}: テーブルデータ利用の区分値機能でカラムの自動関連付け
  • (DBFLUTE-501){Java/C#}: SchemaHTMLで複合ユニーク制約がわかるようにする
  • (DBFLUTE-500){Java/C#}: dbflute.logとvelocity.logのBackup名をxxx-backup1.logに
  • (DBFLUTE-495){Java/C#}: CallbackContextでSQLの結果をHandleできるように
  • (DBFLUTE-491){Java/C#}: BehaviorQueryPathじゃない外だしSQLでもdf:entityとdf:pmb

{BUG}

  • (DBFLUTENET-10){C#}: 初期化処理で高負荷をかけると例外発生
  • (DBFLUTENET-7){C#}: projectPrefixを付与したときにコンパイルエラー
  • (DBFLUTE-490){Java/C#}: classificationResource.dfpropの環境変数の扱いが少し間違ってる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-01 (水) 01:17:57 (3067d)