SeasarWhatsNew

DBFlute 0.8.2

{NEW}

  • (DBFLUTE-364){Java/C#}: Oracleのパッケージ付きストアドプロシージャに対応
  • (DBFLUTE-360){Java/C#}: ReplaceSchemaでOracleのN系カラムのnull値に対応する
  • (DBFLUTE-359){C#}: S2Remotingと合わせた場合にJavaLikeなCollectionにもSerializableが必要
  • (DBFLUTE-358){Java}: PostgreSQLのOID型に対応する
  • (DBFLUTE-357){C#}: 直近に実行したSQL文字列を取得可能にするモードを設ける
  • (DBFLUTE-356){Java/C#}: ReplaceSchemaでDDL上の特別な変数を実行時に置換できるようにする
  • (DBFLUTE-355){Java/C#}: DBコメントから別名を取得してSchemaHTMLやEntityクラスに反映
  • (DBFLUTE-354){Java}: AccessContextでHotDeployClassLoader問題が発生しないようにする
  • (DBFLUTE-353){Java/C#}: MS-Accessで自動生成
  • (DBFLUTE-352){Java/C#}: SchemaHTMLの精査
  • (DBFLUTE-351){Java/C#}: S2Daoの機能でDBFluteとしてはセキュリティホールになるものを抑制
  • (DBFLUTE-337){Java/C#}: 区分値定義を別リソースから取得できるようにする
  • (DBFLUTE-204){C#}: LoadReferrerOptionを実装して無限階層のLoadができるようにする

{BUG}

  • (DBFLUTE-362){Java/C#}: CommonColumnとClassificationの連携でDeploymentのヒントを考慮していない
  • (DBFLUTE-361){C#}: SQLServerのストアドプロシージャで生成されるPmbに間違いがある

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-24 (金) 00:31:59 (3312d)