SeasarWhatsNew

Teeda 1.0.13-sp1 リリース

移行の注意点

  • Teeda Ajaxに含まれていた autocomplete.js は正式にリリースされていたものではないため削除されました. サンプルとしてTeeda HTML Exampleに含まれています.

1.0.13 からの変更内容は以下の通りです.

  • Bug
    • [TEEDA-458] - Generic な要素の class 属性をダイナミックプロパティにする場合に,id + StyleClass が使えない問題を修正しました.[Seasar-user:13936]
    • [TEEDA-459] - DefaultComponentIdLookupStrategy を使用すると commandLink の JavaScript が動かない問題を修正しました.[Seasar-user:13767]
    • [TEEDA-460] - サブミットボタンに doHoge-1 のようにハイフンを含む id を指定した場合,Validator/Converter の対象 (target) に doHoge と指定することができず,doHoge-1 と指定しなくてはならない問題を修正しました.[Seasar-user:13976]
    • [TEEDA-461] - [CONTAINER-155] JSONSerializerでMapのネストなどが対応されていない問題および [CONTAINER-190] JSONSerializer で Map を文字列化すると,キーがクオートされない問題の修正を取り込みました.
    • [TEEDA-462] - Kumu.FormHelper で <select> 要素の値を取得することができない問題を修正しました.[Seasar-user:14074]
    • [TEEDA-463] - web.xml で JavaScript 無効を指定したパスでも condition の JavaScript が出力されてしまう問題を修正しました.[Seasar-user:14061]
  • Task
    • [TEEDA-464] - Teeda Ajax の autocomplete.js を Teeda HTML Example に移動しました.[Seasar-user:14127]

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-13 (火) 20:39:01 (3476d)