SeasarWhatsNew

Uruma 0.4.0 リリース

リッチアプリケーションフレームワーク、Uruma(うるま) 0.4.0 をリリースしました。

■変更点

  • New Feature
    • URUMA-160 ウィンドウオープン直後にアクションクラスが呼び出されるようにする
    • URUMA-154 GenericViewPartで発生したエラーをログ出力する
    • URUMA-153 ContributionBuilderが出力したXMLを変数に保持する
    • URUMA-149 DateTimeコンポーネントのバリューバインディング対応
    • URUMA-148 S2規約とColddeployの対応
    • URUMA-143 スタンドアローン版のブランクプロジェクトを提供する
    • URUMA-141 Workbench に対応する初期化を行えるようにする
    • URUMA-140 IWorkbench をアクションへ DI できるようにする
    • URUMA-134 ブランクプロジェクトの提供
    • URUMA-69 Browser対応
    • URUMA-67 DateTime対応
  • Improvement
    • URUMA-165 Urumaアプリケーションが見つからない場合にダイアログを表示するようにする
    • URUMA-164 RCP版Uruma起動中に発生した例外の捕捉を強化する
    • URUMA-162 レンダラに外部からの独自レンダリングを行えるようにインターフェースを設ける
    • URUMA-161 TreeコンポーネントでTreeViewer未使用時にもautoExpandLevelが使えるようにする
    • URUMA-159 Form使用時のTableColumnのwidthを有効化
    • URUMA-156 ValueBinderが見つからなかった場合にWarnログを出力する
    • URUMA-155 SpinnerコンポーネントのValueBindingに対応する
    • URUMA-152 ComponentUtil でコンポーネントが見つからなかったときにログ出力する
  • Bug
    • URUMA-167 RCP環境でメニューにアイコンが表示されない
    • URUMA-158 Urumaプロジェクトのテスト用app.diconがWebStart環境で誤動作を招く
    • URUMA-146 Actionの@InitializeMethodメソツド時のでWidgetバインディングオブジェクトがnull
    • URUMA-145 HogeView.xmlに定義したviewPartのallowMultipleアトリビュートが反映されない
    • URUMA-144 スタンドアローンブランクプロジェクトでウィンドウクローズ時にNPEが発生する
  • Task
    • URUMA-166 依存ライブラリをSeasar2 2.4.25 に更新する
    • URUMA-151 一度クローズしたビューを再度オープンできるようにする
    • URUMA-147 Example RSS Reader PJを作る
    • URUMA-42 mavenテンプレートの適用

■ドキュメント

■ダウンロード

S2Dao 1.0.48 リリース

1.0.48-RC1 からの変更点は次の通りです。

  • Improvement
    • [DAO-138] - 埋め込み変数コメントの使用する値に?を認めるようにしました。

移行の注意点はこちら.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-24 (木) 21:39:33 (3499d)