SeasarWhatsNew

Uruma 0.3.0 リリース

リッチアプリケーションフレームワーク、Uruma(うるま) 0.3.0 をリリースしました。

■変更点

  • New Feature
    • URUMA-101 Uruma 本体をプラグイン化する
    • URUMA-102 Uruma本体をEclipseプラグイン化する
    • URUMA-107 Win32APIを利用できるようにする
    • URUMA-108 ローカルコンピュータの NetBIOS 名を取得できるようにする
    • URUMA-109 現在利用可能なディスクドライブを取得できるようにする
    • URUMA-110 ボリューム情報を取得できるようにする
    • URUMA-112 ウィンドウのクローズを許可するかどうかをユーザアプリケーションで制御できるようにする
    • URUMA-113 ドライブの種類を調べられるようにする
    • URUMA-114 Windowsのファイル情報を取得できるようにする
    • URUMA-115 任意のファイルからアイコンを取り出せるようにする
    • URUMA-116 文字列に含まれる環境変数を展開できるようにする
    • URUMA-119 Viewer の IDoubleClickListener をアクションコンポーネントで受け取れるようにする
    • URUMA-122 Urumaアプリケーション初期化中に発生した例外をダイアログに表示する
    • URUMA-83 ユーザアプリケーションからリソースバンドルを扱うためのユーティリティクラスを提供する
    • URUMA-84 ユーザアプリケーションからダイアログを表示するためのユーティリティクラスを提供する
    • URUMA-87 ブランクプロジェクトを提供する
    • URUMA-96 POJO をテーブルのラベルプロバイダとして利用できるようにする
  • Improvement
    • URUMA-100 使用するライブラリをEclipse3.3.1に更新する
    • URUMA-104 RCP環境でS2コンポーネントの自動登録を行えるようにする
    • URUMA-105 workbench.xml が存在しない場合も起動できるようにする
    • URUMA-117 Urumaアプリケーションが持つlog4j.propertiesを優先して設定するようにする
    • URUMA-118 treeコンポーネントでデフォルトで展開するノードの深さを指定できるようにする
    • URUMA-120 StructuredViewerからのSELECTIONイベントで選択されたオブジェクトを引数に渡せるようにする
    • URUMA-121 RCP環境でのメニュー表示に拡張ポイントを利用するようにする
    • URUMA-88 table コンポーネントの標準ソートで数値のソートも行えるようにする
    • URUMA-97 デフォルトのテーブル用コンパレータの動作をカスタマイズできるようにする
    • URUMA-78 app.diconやs2JFaceImages.propertiesがなくても動作するようにする
  • Bug
    • URUMA-95 テーブルを選択するたびにカラムサイズの再計算が実行される
  • Task
    • URUMA-135 Uruma付属のS2Containerを2.4.23へ更新する

■ドキュメント

■ダウンロード


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-03 (月) 09:05:28 (3552d)