SeasarWhatsNew

Teeda 1.0.13-rc2 リリース

移行の注意点

  • <span>要素に限らず,<div>要素及び<caption>要素もoutputeTextにマッピングされるようになりました.1.0.12以前と同様にすることも可能です.詳細は「outputTextについて」を参照してください.
  • outputTextのid属性が"xxxLabel"となっている場合は,<a>要素の直下でなくてもoutputTextにマッピングされるようになりました.1.0.12以前と同様にすることも可能です.詳細は「ラベルについて」を参照してください.

1.0.13-rc1 からの変更内容は以下の通りです.

  • Bug
    • [TEEDA-437] - 画面遷移した後にブラウザの「戻る」で前のページに戻って condition の中のサブミットボタンを押しても do〜() メソッドが呼ばれない場合がある問題を修正しました.[Seasar-user:12866][Seasar-user:12921]
  • Improvement
    • [TEEDA-438] - condition および forEach でダイナミックプロパティをサポートしました.
    • [TEEDA-439] - FacesMessageHelper でコンポーネントのクライアント Id を指定してメッセージを追加できるようにしました.[Seasar-user:13004]
    • [TEEDA-440] - 属性 (id を除く) の値に "〜Label" を指定すると 〜 をキーとするラベルの値を出力するようにしました.[Seasar-user:12989]
    • [TEEDA-441] - outputText を <span> だけでなく <div> と <caption> にも対応し,id が "〜Label" だったら 〜 をキーとしてラベルを参照するようにしました.
  • Task
    • [TEEDA-442] - Teeda HTML Example で ResourceSynchronizer プラグインに対応したリッチなデバッグページを使うようにしました.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-26 (火) 19:03:53 (3557d)