SeasarWhatsNew

S2Directory 0.6 リリース

S2Directory 0.5 以前はコネクションの解放に問題があるため、今回リリースした 0.6 を利用することをお奨めします。今回のリリースによる大きな機能追加として、SSL/TLS接続とATTRIBUTE/COLUMNアノテーションが利用できるようになりました。また、実験的にコネクションプーリング機能を追加しました。

  • 設定参考: http://s2directory.sandbox.seasar.org/ja/documentation/configuration.html
    • directory.dicon に設定が必須ではない設定項目が追加されました。
      • 新しい機能を利用しない場合、今までと同じ設定で問題ありません。
    • directorydao.dicon に設定項目が増えました。
      • 独自に directorydao.dicon をカスタマイズしている場合、修正が必要です。多くの場合、directorydao.dicon は独自に用意する必要はありません。

0.5からの変更点は次のとおりです。

  • Bug
    • DIRECTORY-17 - エンティティからフィルタを組み立てて検索する時のBaseDNが誤っている
    • DIRECTORY-18 - 引数の値がすべてnullの場合でもOBJECTCLASSによる検索フィルタが実行され結果が取得出来てしまう
    • DIRECTORY-19 - NamingEnumerationをcloseしていない [Seasar-user:12085]
  • Improvement
    • DIRECTORY-9 - org.seasar.directory.dao.DirecotryDaoMetaDataのクラス名がtypo
    • DIRECTORY-13 - DirectoryDataSourceFactoryの導入 [Seasar-user:11996]
    • DIRECTORY-14 - Copyrightの年号を2005-2007に更新
    • DIRECTORY-15 - S2Container 2.3で例外用メッセージファイルのキーが取得できない
  • New Feature
    • DIRECTORY-10 - ATTRIBUTEアノテーションの導入 [Seasar-user:11919]
    • DIRECTORY-11 - SSL/TLS対応 [Seasar-user:11959]
    • DIRECTORY-20 - コネクションプーリング機能の導入

ダウンロードはこちらからどうぞ。

Maven2からのご利用はこちらを参照ください。

S2DirectoryTiger 0.6 リリース

S2DirectoryでTigerアノテーションを利用できるようにするS2DirectoryTigerの初めてのバージョンをリリースしました。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

Maven2からのご利用はこちらを参照ください。

S2DirectoryGenerator 0.2 リリース

0.1.1からの変更点は次のとおりです。

  • New Feature
    • DIRECTORY-3 - S2DirectoryGeneratorで生成されたentityクラスがコンパイルエラー [Seasar-user:9191]

ダウンロードはこちらからどうぞ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-29 (土) 03:31:22 (3613d)