SeasarWhatsNew

Uruma 0.2.0 リリース

リッチアプリケーションフレームワーク、Uruma(うるま) 0.2.0 をリリースしました。

■変更点

Uruma 0.2.0 からの主な変更点は、以下の通りです

  • サンプルRCPアプリケーションを追加しました.
  • RCPアプリケーションが作成できるようになりました.
  • UrumaLogger クラスを提供しました.
  • ユーザアプリケーションのメソッド呼び出し時における例外ハンドリングを強化しました.
  • デフォルトのツリーでノードをダブルクリックすると展開/クローズが切り替わるようになりました.
  • ステータスラインへの ExportValue ができるようになりました.
  • S2Container 2.4.18-rc2 を利用するようにしました.
  • ユーザアプリケーションからリソースバンドルを扱うためのユーティリティクラスを提供しました.
  • ユーザアプリケーションからダイアログを表示するためのユーティリティクラスを提供しました.
  • RCP環境でS2コンポーネントの自動登録ができるようにしました.

■ドキュメント

■ダウンロード


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-13 (火) 22:12:27 (3662d)