SeasarWhatsNew

Seasarメディア準備号 スタートしました!

Seasarファウンデーションのいろいろな情報をお伝えするSeasarメディアの準備号がオープンしました。

Seasar 2.4.1 リリース

2.4.0からの変更点は次の通りです。

  • S2Dao1.0.x系と組み合わせられるようにDatabaseMetaDataUtil#getColumnMap()を修正しました。

Seasar 2.4.0 リリース

2.4.0-rc-2からの変更点は次の通りです。

  • dicon ファイルで XInclude の サポートを追加しました.
  • NamingConvention に無視するパッケージを指定できるようにしました.
  • NamingConvention に特定のインタフェースと実装クラスの対応を登録できるようにしました.
  • COOL/WARM deploy でコンポーネントとして登録したクラスをログに出力するようにしました.
  • COOL deploy で内部クラスを対象としないように修正しました.
  • cooldeploy.dicon を app.dicon ではなく s2container.dicon からインクルードするようにしました.
  • warmdeploy.dicon を用意しました.
  • WARM deploy で使用するための ThreadSafeS2ContainerImpl を追加しました.
  • S2FrameworkTestCase および S2TestCase で WARM deploy がデフォルトで有効になるようにしました.
  • WebSphere で実行時に CoolDeployAutoRegister が Jar の中のクラスを見つけられない問題を修正しました.
  • ResourceAutoDetector で作成した InputStream を閉じていなかった問題を修正しました.
  • S2DBCP 関連の実装クラスから final 修飾子を外しました.[Seasar-user:4921]
  • S2DBCP の ConnectionPoolImpl に transactionIsolationLevel プロパティを追加しました.[Seasar-user:4921]
  • Oracle9iでBlobを扱えるようにしました。
  • Oracle でシノニムの使われている列名を取得できない問題に対処するため,XADataSourceImpl に addProperty() メソッドを追加しました.Oracle では addProperty("includeSynonyms", "true") してください.[CONTAINER-18]
  • S2Dxo に MapToBean 変換のサポートを追加しました.
  • S2Dxo の BeanToMap 変換で @ConversionRule が指定されていない場合は Bean の全てのプロパティをコピーするようにしました.
  • S2Dxo で convert(src, dest) 形式の場合に,src から一時的に作成したオブジェクトに変換してそれを dest にコピーしていたのをやめて,直接 dest にコピーするようにしました.
  • S2Dxo で変換先 Bean のプロパティ毎に Converter を指定できるようにしました.
  • S2Dxo の @ConversionRule アノテーションで,変換先のプロパティ名をシングルクオートで囲まなくてもいいようにしました.ただし複雑な OGNL 式を使う場合は変換先のプロパティをシングルクオートで囲む必要があります.

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

Seasar 2.3.15 リリース

2.3.14からの変更点は次の通りです。

  • Oracle でシノニムの使われている列名を取得できない問題に対処するため,XADataSourceImpl に addProperty() メソッドを追加しました.Oracle では addProperty("includeSynonyms", "true") してください.[CONTAINER-18]

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

Teeda 1.0 リリース

Teeda 1.0をリリースしました。

Bug fix

  • [TEEDA-129] - warファイル内のteeda-coreライブラリ名が変化してしまう
  • [TEEDA-139] - 1画面で同じitemsへのForEachを複数回書くと、decode時に要素の最後の値が全要素にコピーされる
  • [TEEDA-145] - Teeda Extension initialize, prerenderで例外が発生したときにErrorPageManagerが呼ばれない
  • [TEEDA-149] - Teeda Extension Gridでテキストボックス内の値をnullでクリアしてもPageクラスの値が更新されない
  • [TEEDA-150] - Teeda Extension Gridの持つDtoの配列に空のDtoを入れても一つ前の行数が復元される

Improvement

  • [TEEDA-140] - Grid内のinputTextでonblurなどの属性を使いたい
  • [TEEDA-141] - GridInputTextで、フォーカス状態に関わらずテキスト入力欄を表示する
  • [TEEDA-143] - teedaLookup.diconの名前の変更

New feature

  • [TEEDA-44] - ダブルサブミット対策

ダウンロードはこちらからどうぞ.

Maven2からのご利用はこちらを参照ください.

S2Dao-CodeGen 0.1.0をリリースしました。

0.1.0-beta-2からの変更点は、次の通りです。

  • DaoのsoleMatchメソッドに対し、ARGSアノテーションを付与しないようにしました(Daoを使用する際にColumnNotFoundRuntimeExceptionが発生するため)。
  • プリミティブ型にマップされる項目に対し、FindDtoの項目は全てラッパクラスとして生成されるようにしました。
  • ソースコードの文字コード・改行コードを極力統一しました。
  • 同梱ライブラリのライセンスの扱いが適切でなかったため、是正しました(ライセンス文章を同梱しました)。

ダウンロードはこちらからです。

http://s2dao-codegen.sandbox.seasar.org/download/

使用法については、Webをご参照ください。

http://s2dao-codegen.sandbox.seasar.org/

S2Flex2? 1.0.0リリース

■S2Flex2 1.0.0

前回リリース(rc-3)からの変更点は以下の通りです。

  • ActionScript3とJavaのデータ変換で正しく変換されないケースがあったのを修正しました。
  • flex2 クライアントから渡される認証情報のヘッダ取得部分をs2flex2-componentsの変更とあわせました。
  • S2 Container 2.3系でのサポートを改善しました。
  • S2 Container 2.4との組み合わせで動作することを確認いたしました。

■S2Flex2-Tiger 1.0.0

前回リリース(rc-3)からの変更点は以下の通りです。

  • S2Flex2 1.0.0との組みあわせで動作することを確認いたしました。

■S2Flex2-components 1.0.0

前回リリース(rc-2)からの変更点は以下の通りです。

  • 認証情報をサーバ側に渡す際にセットするヘッダを改善しました。

■flex2_example 1.0.0

変更点は以下の通りです。

  • 同梱するライブラリを変更しました。
  • s2-extension-2.4.0.jar
  • s2-flex2-1.0.0.jar
  • s2-flex2-tiger-1.0.0.jar
  • s2-framework-2.4.0.jar

ダウンロードは以下のURLよりできます。

Maven2からのご利用はこちらを参照ください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-12 (日) 00:19:08 (4024d)