SeasarWhatsNew

Seasar 2.3.12 リリース

2.3.11からの変更点は次の通りです。

  • PreparedStatementWrapper#toStringで、オリジナルのPreparedStatementのtoStringへ委譲するようにしました。
  • S2FrameworkTestCase で S2 コンテナから設定したフィールドをテストメソッドの実行後にクリアするようにしました.
  • ToStringInterceptor を 2.4 系から移植しました.[CONTAINER-17]
  • S2ContainerImplのsynchronizedをはずしました。S2ContainerBehaviour.SynchronizedProviderを使えば、synchronized版に切り替えることができます。

ダウンロードはこちらからどうぞ。 http://s2container.seasar.org/ja/

Maven2からのご利用はこちらを参照ください。 http://www.seasar.org/wiki/index.php?Maven2RepoRemote

Teeda 1.0 beta6 リリース

Bug

   * [TEEDA-24] - HtmlFormRendererでhidden項目のクリアが足りない
   * [TEEDA-25] - STATE_SAVING_METHODがclientの場合にNotSerializableExceptionが発生する
   * [TEEDA-26] - STATE_SAVING_METHODがclientの場合にteeda-jsp-exampleのerrorPageがエラー画面に遷移しない
   * [TEEDA-27] - STATE_SAVING_METHOD=clientの場合にValidatorChainがエラーに
   * [TEEDA-28] - exampleにあるdiconのPublic IDが誤っている
   * [TEEDA-29] - PortletResponse#encodeURL(String)でIllegalArgumentExceptionが発生する
   * [TEEDA-31] - Teeda Extension 同一のidで画面に項目表示できない
   * [TEEDA-37] - SelectOneRadioが機能していない
   * [TEEDA-39] - outputLink がポートを間違った位置に表示する
   * [TEEDA-42] - HtmlResponseWriter#writeURIAttribute(String, Object, String) が javascript: で始まるものもエスケープする
   * [TEEDA-45] - RenderResponseフェーズでプラットフォームデフォルトロケールがUIViewRootにセットされる
   * [TEEDA-46] - UIViewRootのロケールがユーザ(session)毎に個別にならない
   * [TEEDA-50] - /index.htmlを置くとIllegalArgumentExceptionが発生する
   * [TEEDA-52] - Dummyのonclickが評価されてしまう。
   * [TEEDA-55] - Grid内にInputCommaTextがある場合にJavaScriptエラー
   * [TEEDA-59] - [Seasar-user:4448] [Teeda] <img>タグの、widthが出力されない   
   * [TEEDA-63] - web.xmlのurl-patternに*.ajaxを追加したら、ポートレット環境でNullPointerException 
   * [TEEDA-65] - [Seasar-user:4556] リンクを別画面で開く方法
   * [TEEDA-82] - Actionクラス内でのページ遷移指定時にorg.seasar.framework.container.TooManyRegistrationRuntimeException
   * [TEEDA-83] -  [Seasar-user:4575] [S2JSF1.1.0] ダウンロード後のアクション
   * [TEEDA-91] - UrlBuilder が mailto などをサポートしていない
   * [TEEDA-96] - "_"入りのpropertyに対し定数アノテーションでConverter/Validatorを設定できない
   * [TEEDA-97] - S2JSF1.1のフォーワード処理時にDispatchScopeFactoryでNullPointerException
   * [TEEDA-104] - TimestampConverterで対象の値がないときにぬるぽ
   * [TEEDA-110] - textareaタグが<textarea />のようにレンダリングされる

Improvement

   * [TEEDA-102] - TeedaAjaxにおいて、コンテキスト込みのURL指定を可能にする
   * [TEEDA-107] - Gridでcolを未指定の際に100pxになってしまう
   * [TEEDA-109] - Gridで内側のtableのcellspacingに1を出力しているが、0にして欲しい

New Feature

   * [TEEDA-23] - HTMLテンプレートのlabel
   * [TEEDA-30] - Teeda Extension 表示制御 isEdit
   * [TEEDA-36] - Teeda Extension SelectManyCheckbox
   * [TEEDA-41] - Teeda Extension用ViewTag
   * [TEEDA-48] - ResourceBundleを扱うManagedBeanを作る
   * [TEEDA-49] - BodyTag
   * [TEEDA-53] - label対応をheader部分でも使いたい
   * [TEEDA-95] - TeedaAjaxにおけるAjaxUtilでプリミティブ型の配列も変換可能にする
   * [TEEDA-100] - 初期化時の処理と画面が表示されるたびに必要な処理のメソッドを分ける
   * [TEEDA-101] - Multi Windowに対応する
   * [TEEDA-103] - a要素の href 属性を動的に変更したい
   * [TEEDA-116] - 任意のJSPのタグをJSPのように<プレフィックス:タグ名 ...>で記述できるようにする

Task

   * [TEEDA-47] - teeda-html-exampleをMavenizeする
   * [TEEDA-54] - codehausのMaven2レポジトリ変更へ追従する
   * [TEEDA-57] - labelでサブアプリケーション共通のvalueのサポート

ダウンロードはこちらからどうぞ。 http://teeda.seasar.org/ja/

Maven2からのご利用はこちらを参照ください。 http://www.seasar.org/wiki/index.php?Maven2RepoRemote


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-22 (金) 22:28:23 (4075d)