SeasarWhatsNew

Seasar 2.4.0-rc-2 リリース

2.4.0-rc-1からの変更点は次の通りです。

  • SimpleTraceInterceptor を追加しました.
  • TraceInterceptor で引数が配列の場合にその要素を出力するようにしました.[CONTAINER-14]
  • S2Dao の SQL 解析処理を S2 に統合しました.[CONTAINER-15]
  • S2Dxo を S2 に統合しました.
  • PreparedStatementWrapper#toStringで、オリジナルのPreparedStatementのtoStringへ委譲するようにしました。
  • S2FrameworkTestCase で S2 コンテナから設定したフィールドをテストメソッドの実行後にクリアするようにしました.
  • HOT & COOL deployのCreatorを統合して、container.creatorパッケージに移しました。インターフェースComponentCreatorは、containerパッケージにあります。
  • HOT & COOL deployのrootPackageNameの指定をNamingConventionに移しました。
  • ComponentCustomizerをcontainerパッケージに移しました。
  • AspectCustomizer、CustomizerChainをcontainer.customizerパッケージに移しました。
  • env.txtで改行があっても無視するようにしました。
  • WARM deployを追加しました。
  • HOT deploy対応のResourceBundleを追加しました。
  • S2ContainerImplからsynchronizedを削除しました。

ダウンロードはこちらからどうぞ。 http://s2container.seasar.org/ja/

Maven2からのご利用はこちらを参照ください。 http://www.seasar.org/wiki/index.php?Maven2RepoRemote


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-22 (金) 22:26:10 (4079d)